2009年05月23日

アボットが有香ちゃんに師事!

ジェレミー・アボットが1994年女子シングル金メダリストの佐藤有香に師事するそうです。
報知スポーツの記事
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20090523-OHT1T00167.htm

icenetworkの記事
http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20090522&content_id=4879962&vkey=ice_news

有香ちゃんもそろそろプロ活動もきついだろうな、とは思っていたのですが、
(波が激しいとはいえ)全米王者のコーチともなると、大事な五輪シーズンですし、
ショーのお仕事を減らすのかな、、、と思いますね。
アメリカのプロ活動は、移動が大変ですし、子供も欲しいだろうし、
有香ちゃんにはいつまでもショーに出ていてほしいと思いつつ、
ジェイソンとの幸せな家庭も築いて欲しいなとも思っていたので、
順々にこうやってコーチ業や振付師としての仕事に重きを置いていくんじゃないかなあとは思っていましたが、まさかアボットだとは!

スケーティングの質など似ていると思うので相性は良さそうですよね。
カート、有香ちゃん、ベジックなんかとタッグを組めばとても魅力的なチームになると思っちゃう〜。(妄想妄想)
でも五輪シーズンにジェレミーも思い切った決断ですね!
とりあえず、ジェレミーには自爆癖を克服していただきたいのですが、
悔いのないシーズンを過ごしてほしいです。

五輪までほんとうにあっという間ですね。
大ちゃんの復帰も待ち遠しいです。。。。
posted by おロシア人 at 23:59| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月日更新記事

@ミハイル・メッセレルが首席バレエマスターに
・・・ミハイロフスキー劇場の首席バレエマスターにミハイル・メッセレルが就任
A無事に5月20日を乗り切った
・・・今回はランチョンに応募せず?
Bなんとかしてくれ、インフルエンザ!
・・・マスク嫌〜い
C松崎しげるの「ガッツだぜ」
・・・ガッツよん
Dアボットが有香ちゃんに師事!
・・・どう転ぶか不安でもありますが(苦笑)
posted by おロシア人 at 23:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松崎しげるの「ガッツだぜ」

今日はお休みなので、昨夜は徹夜で本を読んでしまいました。
朝の散歩のあとちょこっと寝るつもりがグダグダしちゃったな〜。

パンを焼こうと生地を捏ねているときにNHKラジオから流れてきてわたしをはげましてくれたのが
松崎しげるの「ガッツだぜ」♪

もちろんあのウルフルズの大ヒット曲のカバーです。
(ちょんまげ姿のプロモーションビデオが懐かしいです)

松崎しげるバージョン、さすがは熱唱系のしげるさん、めちゃパワフルで、
ウルフルズのオリジナルも大好きですが、これはこれですご〜くガッツがもらえる曲です。ところどころ女の子の声が入っていたような?(未確認)

そのときは
「へー、松崎しげるがカバーしてたんだ。CMかドラマで使ったのかなあ」
と思いましたが、今調べたら、これから発売されるニューアルバムに収録されているようです。
偶然にもわたしの誕生日に発売みたいなので(笑)、自分へのご褒美にポチっと。

アルバムのコンセプトは「今の世相をぶっとばせ!」的な応援ソングだそうです。

松崎しげる「YES WE CAN!!」収録曲
(カッコ内はオリジナルアーティスト)
01. YES WE CAN!!
02. YAH YAH YAH(CHAGE and ASKA)
03. キセキ(GReeeeN)
04. がんばりましょう(SMAP)
05. 愛は勝つ(KAN)
06. スタートライン〜新しい風(馬場俊英)
07. RUNNER(爆風スランプ)
08. 何度でも(DREAMS COME TRUE)
09. ガッツだぜ!!(ウルフルズ)
10. 上を向いて歩こう(坂本九)
11. それが大事(大事MANブラザーズ)
12. たしかなこと(小田和正)
13. 涙をふいて(三好鉄生)
14. 愛のメモリー2009

YAH YAH YAHとか、、、凄そうですね。

このアルバム、なんだかワタクシの中では
やったことはないけれども、「パチンコ屋」さんのようなギンギンギラギラな騒がしさ?(笑)
もしくは呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!とか。
シチェドリン編曲の「カルメン」やハチャトゥリヤーンのバイオリン協奏曲のような行儀悪さのようなイメージ。
(松崎しげる好きなのに、なんつうことを)

気分次第では物静かな人にとっては「うるへ〜」アルバムになりかねないですが、
基本的に年がら年中「躁躁状態」のうるさいワタクシなので、
全く苦にならないでエンドレスリピートで聴けると期待しています。

早く届かないかな〜。

わたしにとっては松崎しげるは「愛のメモリー」ではなく、
「噂の刑事トミーとマツ」での記憶が一番大きいです。
なんてったって、林隆三の課長が格好良くってさ〜(子供の頃からおじさん好き)。
めぐみさんのミニパトの婦警さんとか志保美悦子ねえちゃんも懐かしいです。
どうしても石立鉄男の管理官が嫌いでねえ、たぶんこの人がたくさん出てくる回は林隆三の出番が少なくなるというのが子供心にわかっていたのでしょうか?



今日は。
だらだらぐだぐだの朝を過ごし、
結局パンを捏ねはじめたのは10時過ぎくらいから。
だいたい家族の食事用のパンを週2くらいで焼くのですが、
先週は忙しくて焼けず、足りなくなるかとヒヤヒヤ。
もう冷凍庫にも食パン残ってないし!

今日はミルヒブロート(粉400g)→食パン2本(粉600g、片方がチョコマーブル、片方がレーズンパン)を焼きました〜。

ミルヒブロートで余った卵白でチョコシートと苺シートとミルクシートを作ったので、
次回はなんのマーブルパンにしようかな〜。


だいたい粉600gで食パン系2斤を一度に捏ね、
発酵待ちの間に粉300か400gで次のパン(マーブル食パン系やレーズンパンだったり、ミルヒブロートだったり)を捏ね、
最初の生地を成型→2次発酵、
二番目の生地を発酵させ、
その日の気分で一回別の種を捏ねはじめたりもしますが、
最近は1キロ使いきれるので600gと400gの計2回が多いです。

それか600→200→200ですかね。
最後の200でおかずパンやフィリング系。

3回やった日がはさまると、1キロ袋の半端が出るので、その週のあとの日に焼くときも3回になったり、どこかで袋がぴたっと終わったところでやめたりします。
(私は1キロ袋が15個入りのケースで粉を買っています。
業務用の大袋だと密閉が大変で。)


手捏ねだと水分の多い生地は大変ですが、
(HBのレシピだと水分が多いんですよね。でも捏ねにくい生地に限って美味しいいいパンが出来るんですよねえ。)
そういうのはもう最近は厚手のビニール袋に入れてモミモミしてマス。
例えば玉葱の甘味だけで砂糖抜きで焼く食パンがあるんですが、
これが柔らかくてヘルシーで、母や妹に大好評なんですよ。
でも水分が多くて初めて作ったときに難儀しました。。。。
次からはもちろん袋でモミモミです。

手がべちゃべちゃになるのは構わないのですが、
生地を余すところ無く使いきりたいので、べちゃべちゃすぎると、どうしても
型に入れるときに手やボウルに残っちゃってさーーーー、それが嫌でね(笑)
posted by おロシア人 at 21:25| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとかしてくれ、インフルエンザ!

最近の疲れの原因のひとつが



マスク!!!



早朝のアルバイトで今週からマスク着用しています。
駅前の店舗なので、オーナー曰く
「うちが静岡のスタート地点になったら困る」のだそうで。


わたし小学校の給食当番と高校の調理実習以来、マスクって着けたことないんですよ。
花粉症じゃないし。
あ、看護系の学校だったから、短大のときも着けていたか。
(父の看護のときは使わなかったなあ、そういえば。。。。)

まあともかくここ20年近くは着けていなかったマスク

しかもオーナーが従業員用に買ってくれたのは使い捨ての段々ひだの入った、
不織布でワイヤーも入っていて、、、、という、まあ最近ではこういうマスクがスタンダードなのでしょうか、私が知っているガーゼのちっこい口だけが隠れるようなマスクではなく(あれは自らの咳を排出しないためのマスクなのかも?)目の下から顎くらいまで隠れちゃうようなでかいマスクなんです。
(だからこれが今のスタンダードなんでしょうが、なにしろ普段使っていないからわからない!)


このマスク着用しなからの接客というのが苦痛で苦痛で。。。。

「いらっしゃいませおはようございます」
「ありがとうございます、いってらっしゃいませ」
「またどうぞおこしくださいませ」
「○○がお買い得となっておりますいかかでしょうか〜」
などと3時間言い続け、レジ会計は読み上げ登録だし、
とにかく、
マスクしての声だしは、重労働!
カロリーを倍は使っている気がする。
(ダイエット効果あり?)

早く終息してくれ、インフルエンザ!

ところでみなさん読み上げ登録はどう思いますか?
レジでの105円が1点、136円が1点、とかいうアレです。
私は個人的には自分の買ったものの金額をでかでかと公にされるのは嫌ですし、
「うるへ〜よ〜、やめてくれい、カラスの勝手でしょ〜」と思います。
間違い防止のためには読み上げるのは大切だということは充分わかるのですが、
なんかねえ。
それって、レストランなどでの
「ご注文の品は以上でよろしかったでしょうか?」

ケーキを販売していたときの
「こちらでよろしいですか?」
の確認みたいな、なんだか結局その確認は自分(店側)のためにやってるような気がしちゃってさ〜、

いやもちろん、お客様にケーキを確認していただいたり、
レストランでオーダーが揃っているのか確認するのは、
お客様側が追加や変更したいこともあるわけだし、
確認しなければお客様だって不安だろうし、、、


わかってるんですけども、なんだかこっち側(店のほう)の自己満足みたいな気がして、うわー、もうなんだかね、堂々巡り。。。。

まー、ケーキやレストランはともかく!

コンビニでのレジでの読み上げ登録に関しては、プライバシーの尊重というか、
ただでさえ声のでかいワタクシとしては、(マジで声が大きいんです。。。これはこれで悩みなんです。。。)
けっこう気を使ってあたりさわりのない音量で読み上げ登録をするのがポリシーなんです。
だけど、マスクをしていると普段よりも大きな声を出さざるを得ないし。

物理的にも精神的にも苦痛なのよ、このマスク。
posted by おロシア人 at 01:50| Comment(12) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無事に5月20日を乗り切った!

5月20日というか、正確には5月18日〜19日といいますか。

アイスクリスタルにDOIのファンクラブパーティーの申し込みハガキを出す期限が
5月20日必着、だったんですよ。

たとえ当らなくてもこういう催しには必ず申し込むのが当たり前だった自分としては、「ハガキを出さない」というのはとても苦痛でした。

別にパーティーの人数が多そうで嫌だというのはないですし、
ファン仲間同士での交流も好きだし、
スケート観戦中で唯一まともな食事をする機会だし、
おおっぴらにスケーターの写真を撮れる唯一のチャンスだし、
・・・・出席したいのはやまやまなんですけどもね。

ちょっと我慢できるのかな?わたし?
と、試してみたいのがひとつの理由。

途中でトマシュが来るのか!とかなり心が揺らぎました。

往復はがきも買ったんですけども。

もうひとつの理由は、ちょっと願掛け、ではないのですが、、、
昨年DOIで楽しんで帰ったら、ココちゃん(うちの犬)が生死をさまようような状態になっていました。
それから無事に病気が治って今に至るわけです。
ウハウハ喜んで帰って、一気に天国から地獄へ落ちたような気分でした。
苦しくて辛くて痛かっただろうに、アタシったらいい年して遊びほうけて、、、
と、自分のせいじゃないのは理屈ではわかっていても、
それでも忸怩たる思いでした。

だからなんとなく、今回は丸々全ての公演を観るのも我慢。
パーティーも我慢してみよう、と。(←馬鹿でしょ〜、ほんとに)

うちの犬、病気をしてからは(今までもそうでしたが)、
さらに甘えん坊になった気がします。
特に私への依存度が強い。
(わたしもペット依存症ですけども・苦笑)
あんまり長い日程で出かけるのが可哀想になってきまして。
と言いつつ出かけることは出かけるんですけどね。。。


そういうわけで、パーティーの日は現地にいるけれども、参加しないという、
ワタクシとしてはかなり勇気のいる決断(大げさ)!

って、パーティーに出られたかどうかもわかんないんですけどもね〜。
今回もまた全員オッケーになるのかな?
全員オッケーになるのが公平だと思うのですが、そういうのは嫌だという方もいるでしょうし。どっちもどっち?

今からパーティーに参加した人の感想を楽しみにしているアタシって(笑)
posted by おロシア人 at 01:18| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミハイル・メッセレルが首席バレエマスターに

明日はお休みなので、久しぶりにパソコンに向かっています。

ま〜ず〜は〜、ミハイロフスキー劇場のHPをチェック!
ふーーーーーん。
どーんとトップはマリア・カチェコトーワですか。
ふむふむ。

おお?なにやら右下のおじさん、この写真どこかで観たような?
(どこで見たかは思い出せないんですが)
オペラ関係のトピックスかと思ったら、えええ?首席バレエマスターとか書いてあるじゃん!

しかもメッセレルって、メッセレルやプリセツキー・プリセツカヤ一族のお人じゃないのよ!
アサフ・メッセレルの甥ということはプリセツカヤやプリセツキーの従兄弟ですかね。すごい芸術一族ですね。

メッセレル先生のロシア語版ウィキペディア

http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9C%D0%B8%D1%85%D0%B0%D0%B8%D0%BB_%D0%9C%D0%B5%D1%81%D1%81%D0%B5%D1%80%D0%B5%D1%80
Михаил Григорьевич Мессерер

ボリショイ劇場HPのメッセレル先生のバイオ

http://bolshoi.ru/ru/theatre/ballet_troupe/invit_teachers/detail.php?act26=info&id26=729

去年のロンドンでのミハイロフスキー劇場ガラについての記事
・・・そうだっけ、ジュラヴリョーワとヤパーロワとヤフニュークの「海と真珠」
見たいなあとか思ったんだっけ。
今の今まで忘れていた!
というか、このときは悪いけれどヤフニュークとジュラヴリョーワは二の次で
(ヤフニュークは普通に見たいと思っていて、ジュラヴリョーワはあんましよく知らなかったし)
ヤパーロワの真珠か〜、、、いいよな〜とか思っていたのよね。
忘れてたけど。

どうなるんでしょうね、雰囲気的に。
マールイのよさを残しつつ、
劇場が良い方向へと向かっていくことを祈ります。
posted by おロシア人 at 00:06| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。