2009年05月24日

カナダ・ナショナルチーム(2009/2010シーズン)

カナダのナショナルチームが発表されましたね


やっぱり、、、、地元バンクーバーの星となるはずだった、、、、
芋っ娘ミラちゃんの名前がない、、、、

心配していた通りで、こういう予想は当って欲しくはなかったのですが。
トリノ五輪の女子シングルで、それまであまり知らなかった選手の中で印象に強く残ったのがミラちゃんとエレーネでした。
2人ともスケーティングレベルというよりも、その身体能力の高さに驚いてしまったんですよね。
ミラちゃんに関しては、「北米の選手ですか?」と疑わざるを得ないほどの芋ちゃんっぷりと(ゴメンね、でも好きなのよ)、静香ちゃんを追うカメラ枠にやたらと端っこに映っていることが多くて脳裏に刻み込まれた選手でした。
その後もなんとなく注目していて、「きっと自国開催の五輪では女性らしく垢抜けてるんだろうな〜」などと楽しみにしていたんですよね。
まああれから破門騒ぎとかいろいろあったけどさ。。。。

ナショナルチームには入れませんでしたが、もう一花咲かせてほしいな、と思います。



もうひとつの懸念事項だったアナベル&コーディのペアの名前はありました。
まあこちらは怪我で戦線離脱だったから、大丈夫だろうとは思っていましたけれど、
とにかく名前があってホッとしています。
頑張れ!!!

コーチ・チェンジの話題や大物選手復帰の話題も多いですが、
レナちゃん&ジョンがジェニー&トッドにみてもらうのにも注目しています。
アメリカ・ペアの後輩が年齢制限などで育ってきてはいても、選手権大会に出られなかったり、人材不足だったりで、引退を延ばしてきた経緯もありますが、
2008/2009シーズンはその育ってきた後輩の追い上げに苦しみました。
代々木の2008年NHK杯を観たとき、SPでは「もうしんどいかも(泣)」と感じたのですが、実際に試合に参加するということが彼らの精神面をプッシュしたのか、途中からアグレッシブになっていき、「アスリート」に戻ってきたのが伝わってきました。
いいかたちで五輪シーズンを戦っていってほしいと思います。
金沢で彼らにまた会えることを楽しみにしています。
それにしても、悠子ちゃんはともかく、レナちゃんをこんなに長く見続けることになるとは思ってもいませんでした!
posted by おロシア人 at 21:16| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。