2009年06月22日

本日はクラシックコンサート♪

早朝のバイトが終わって、その後の仕事が今日はフレックスタイム出勤のため、一度家に帰ってきています。

早朝のバイトはいつの間にか月曜日から金曜日までぎっしりシフトに入ってしまっているのですが(苦笑)、
昨日は新横浜に日曜日も泊まろうと思いまして、今日は本来、大学生の女の子と代わってもらっていたのです。

まあその女の子から
「ひ〜〜〜ん、部屋にシンナーぶちまけちゃった、もう課題が(部屋がくさくて)できないですー、眠れないですー、月曜日やっぱ無理です〜」という泣き言メールが入ってきて、
(あ、彼女美術系の学生さんで、課題に常に追われている子です。)

「そんなん知るか!」などと冷たいそぶりもできず、、、
今後もシフト代わってもらいたいところもあるし(立場弱っ)、
新幹線も間に合う時間だったので昨日は帰ってきたのです。

ぐっすり寝たはずですが、ちょっと徹夜明けのときに感じる、
急に立ち上がると立ちくらみするような、なんとなくフワフワした感覚もあったりして、実際体はとても疲れているのかもしれませんが、

「スケート後の高揚感」というやつでしょうか?(大笑)
妙にナチュラルハイではりきって元気満々だったりします。

ちょっと後が怖いよね、こういう時って。
自分の年齢も少しは考えようよ。

でも今回のDOIは超大本命さんがいないので、
変な力も入らず、母のような、保護者のような気分で普通に全体を楽しめてよかったです。
金沢がやばいかも。。。
(それからシェン&ツァオの復帰もね。。。。
サーシャもプルシェンコもはっきり言って、
「あらそう、復帰するの、がんばってね、でも出るからにはメダル獲ってくれなきゃつまんないわ」ぐらいの感想でしたが、
こと雪ちゃんたちになると、
「・・・・・・(絶句)」
金メダル以外はありえないでしょー。
でもさー、でもさー、アリオナたちはすごいわよー。。。。
あぁぁぁぁぁぁ〜・・・いつになったら平穏な気持ちで五輪観戦できるのでしょうか。)


さてさて、本日は静岡県立美術館のエントランスホールで行われる
「日下紗矢子(ヴァイオリン)&アレッシオ・バックス(ピアノ) デュオリサイタル」に行ってきます。
応募したのもすっかり忘れていましたが、はがきを出したら当ったのですねえ。
たぶん、ほとんどの人が当りなのか、平日、しかも月曜日の夕刻のコンサートだから応募者が少なかったのかもしれませんね。県立美術館は市街地からやや離れているし。

まあなんにせよ、当りは当りでラッキー♪というわけで、母と行って参ります。

この頃、年賀状の残りでちょくちょく出している懸賞などがわりと当選するのですが、、、、こういう別に当らなくてもいいや〜、みたいなものに限って当選するものなのですよね。NHK杯、チケット獲れるか今から心配ナリよ。。。

ブラームスのスケルツォや雨の歌(ヴァイオリンソナタ)、バルトークのルーマニア民族舞曲、エネスコのヴァイオリンソナタが予定されています。

雨の歌なんて今の季節にぴったり?
今日の霧雨、なんでしょ、本当にミストシャワーって感じで、しかもミストシャワーのように気持ちよくないし、むしろ不快だし、降るならいっそ降ってしまえ〜と叫びたくなるようなお天気ですが、、、これが梅雨というものなんでしょうね、しかたあんめえ。

バルトークのルーマニア民族舞曲も大好きなんですよ〜。
ピアノソロで弾くのがまず一番好きですが、(あの変なリズムがたまらなく好き!)
わたし、ピアノのコンサートって、イマイチ苦手なので(演奏の仕方にきをとられてしまいがちで音楽に集中できないんですね)、この曲をコンサートで聴くなら、断然ピアノ&ヴァイオリンもしくは弦楽のみのアレンジで聴くのが好きです。
楽しみだなあ〜。

その前に仕事行かなくちゃね。

楽しいことのあとには現実が待っているのさ。

それにしてもあと4日で、(正確には5日だけど)金曜日の夜には金沢へ向けて発つのかと思うと、なかなかハードだわ、今さらだけど。
その翌週は何も予定がなかったはず。(だよね?)
posted by おロシア人 at 10:21| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。