2009年06月26日

名古屋駅

静岡(18時40分)-名古屋(22時10分)、名古屋(23時15分)-金沢(7時6分)の高速バスを予約した時は、1時間の空き時間で大丈夫かと心配しましたが、予定通りの(笑)若干の遅れで22時30分に名古屋に着きました。
丸々1時間空くのもどうかな?ですが、バスは遅れも考えておかないと乗換えが怖いですもんね〜。(最も電車もしょっちゅう止まるけど・苦笑)実際には30分の乗継ぎでちょうど良かったです。
静岡から名古屋のバスがなかなか混んでいて、ギュウギュウだったのですが、金沢行きのバスはほどほどの混み具合です。
無事に乗れて良かったのですが、今朝の笑い話…。色々「ウクライナ旗、バス用の枕、コンタクトレンズの保存液、プレゼント」などとブツブツ仕度していたところ、いつもなら真っ先に用意するチケットのことを失念していて焦りました。これがなけりゃ、泣くに泣けないよ〜泣き笑い
何はともあれ金沢むけて出発です!バスの運転手さん、道中ヨロシクお願いいたします!
posted by おロシア人 at 22:50| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネスコ

静岡新聞のニュース
・・・22日の夜、静岡県立美術館で開催されたヴァイオリンとピアノのリサイタル

うっかりお花の写真を撮るのを忘れたのですが、

ステージに飾ってあるスタンド花を見て、
「なんとなくあのお花の生け方はひろりん?」
などと母と話していたんですけど、コンサートが終わる頃はすっかり忘れてしまって。

帰ってきてから聞いたら、やっぱり「オレが作って運んだ」そうで。
そういうことは早く教えてよね!
お店の方針というか、師匠(社長や先輩や常務)の好みというか、
なんとなくカラーが似ているんですよね。
(花束はさすがに見分けがつかない)
「ひろりんがつとめているお店の花かも?」というのがこのところなんとなくわかるようになってきました。


コンサートはとっても素敵でしたよ〜。

第1部のブラームス、「スケルツォ」と「ヴァイオリンソナタ(雨の歌)」は心地よい響きにこっくりこっくりなさる方もおられました。
第2部のバルトークの「ルーマニア民族舞曲」これはちょっと派手に終わる短めな曲でつかみはOKという感じ、が、、なにしろメインはエネスコですから。
エネスコの「ヴァイオリンソナタ」〜ルーマニア風、ですもん。
けっこう「なんじゃこりゃ!」という面持ちで、かえって眠れなかった人も多かったんじゃないかしらね(笑)

今回のお客様は
@コアなクラシックファン
Aたまーに聴かないでもないけれど、せっかく時間もあるしチケットもあるからなーというファン
B応募したらたまたま当った人たち
でけっこうAとBが多かったと思うのですよ。
何故なら、楽章と楽章の合間で拍手が多かったし。
(この曲の途中の拍手に関しては、今回はノーコメントで。)

うちの母はエネスコのこの曲は初めてだったし、ラジオで普段聴くにしても「王道クラシック系」を聴いている人だから、
「なんか凄い曲ねえ」とびびっていました。

でもまだエネスコだからね、いいと思うよ。
これがイザイの無伴奏とかだったら、ついていけない人も多いだろうし。
なにしろスポンサーがご招待する無料コンサートだけに、あまり難解な曲すぎても困るし、かといっていつでもどこでも聴けるようなプログラムじゃつまんないし。
そういう意味でも今回のプログラムは「ちょっと知らない曲も聴いたわ!」という
満足も味わえた人が多かったんじゃないかなー。

私は全部の曲が好きなプログラムでとてもラッキーでしたけど。

日下さんはアメリカで学んだそうだから、アメリカンスタイルな弾きかたなのかな?とも思っていましたが、現在ベルリンで活動しているし、コンツェルトハウスの第1コンマスに就任しただけあって、肘の低いガシッと力強い演奏で素敵でした。
美術館のエントランスホールで、しかも朝から降り続く雨のせいで蒸し暑いコンディションの中、全く乱れることなく優雅に演奏なさっていて、頭が下がりました。
ピアノのバックスくんはブラームス雨の歌の2楽章が素敵でした。。。
ピアノとヴァイオリンのバランスがとても良いこのソナタ、大好きなんですが、
特に第2楽章にうっとりです。

アンコールは2曲。
クライスラーの「愛の哀しみ」のあとは、ちょっと変わったピアノ前奏(彼のオリジナルかな?)に続いて「愛の喜び」でした。

帰りに駅で免許証と保険証などの入ったケースを拾ってしまい、
駅員さんもいないので交番まで届けたりなんだりしていて、帰りが遅くなってしまいました。
それでも、スケートのあとで疲れているからどうしよう、、、と迷ったけれどやはり出かけて良かったです。
音の響きのよいホールで聴くのもいいですが、こうしたコンサートに必ずしも向いていないところでの演奏も「じかに聴いている」感じがかえって濃厚なんですよね。ちょっと変な日本語ですが。

次回のコンサートは古川さんのチェロ・リサイタル。
また応募しようかしら?当るといいなあ〜。
posted by おロシア人 at 10:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはよ〜

今朝も「今日も暑くなるぜ!」というのがわかるような、全然涼しくないです。
今週は早かった…。
本当に今夜バスに乗って金沢へ行くのか?と、ひとごとみたいです。とにかく出掛けにウクライナ旗だけは確認してきました顔1(うれしいカオ)これのために行くんだし!
posted by おロシア人 at 05:46| Comment(3) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。