2009年09月19日

キンモクセイ

金木犀の季節ですね

わたしは金木犀の匂いが大好きです

人によってはトイレの芳香剤のイメージが強いかもしれませんが…

金木犀、バニラ、くちなし、ココナッツ、ハチミツ、マンゴー、あとは薔薇…そういう甘ったるい匂いが好きなんですかね。

レモンやライム、柑橘類の香りも好きだし、カモミールも好き。


ラベンダーはそんなに好きでも嫌いでもないかなあ。


今週はじめの雨のあと、一気に咲き始めたキンモクセイ。
写真は近所の大きなキンモクセイです。
ここまで大きくなるのに何年かかったのかなあ。
posted by おロシア人 at 21:07| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へろへろ

夏に先生がロシアに里帰りしましたが、先生は既に日本に帰国。
でもまだ授業は再開していません。

最近すっかりさぼり気味のロシア語にカツを入れるためか、
先生が紹介してくれた夜間の別授業へ今週の火曜日に見学がてら参加してきました。


どっひゃー、当然ながらオール・ロシア語です。
説明も全部ロシア語。(←露露辞典の世界)
とても勉強になったわ!
今までのタチアナ先生に、すっかりなれてしまって、
タチアナ先生だとなんとなく何を言っているのかわかってしまう、というのがあったけども、初対面の先生だとまさに「耳」が勝負。

普通の速度で先生が話すとやっぱり私は前置詞が聴き取れないのがよくわかりました。
(原則的に前置詞と次の単語とは重ねて、あるいは間断なく発音されます。)

そりゃね、「ロシア」とか「日本では」とかはさ、
よく使う言葉だけに聞き間違いようがないですが、

「フィンランド湾まで」なんかだと、
「ダフィンスキーなんちゃらかんちゃら」
?????????????????
「んんんん???なぜここでダルフィン?イルカか?イルカの話???」

いや、この授業に参加すると耳が鍛えられそうです。
ううーむ、今までの先生とのレッスンも継続しつつ、
この授業に出るべきか、いっそこっちに専念するかなー。
両方は難しい、というか時間的に無理だもんなあ。

今日はこれからタチアナ先生とお茶かランチです。
ちょっと体調が悪いのですが、今日を逃すと連休に仕事を入れてしまったから先生に会えないし、来週は愛知に行くかもしれないし、ゾンビのようになりながらも行ってこなくちゃ(苦笑)

でも新しいロシア語講座に通うとしたら、土日はみっちり勉強しないといけないから、中部ブロックは無理かな、とも。
とにかく先生が早口なので、耳を慣らすまで時間がかかりそうだし、
しっかり予習していかないと置いていかれちゃいそうだもんで。

中部は諦めるか。。。。。1日だけでも行くか。。。。ううむ。。。。
posted by おロシア人 at 12:53| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。