2009年09月26日

ミハイロフスキー劇場 プレミア公演 キャストA−対訳 日本語版

前の記事の日本語版です。

えーと、悪魔さんも道化も願ったり叶ったりといいますか、
これ以上望めないっつーか、

あああああ、観たかったわ〜。
(マールイのボヤルチコフ版はとても好きな演出なのですが、
たたひとつ難を挙げるをすると、
「道化の役があればアレックスが大活躍であろう」と毎年思っていました。)

ミヘイキナも移籍してきたダンサーですね〜。
美人さんだそうです。
冬にきてくれるのかな?


2009年9月21日キャスト

オデット−オディール(アディエッタ−アディーリヤ)
   国際コンクール入賞:エカテリーナ・ボルチェンコ

ジークフリート王子(プリンツ ジークフリート)
   国際コンクール入賞:ミハイル・シヴァコフ

悪の天才(ズローイ ゲーニ)
   ヴラディーミル・ツァル

女王(ヴラデチェーリナヤ プリンツェッサ)
   ズヴェズダナ・マルティナ

家庭教師(ナスターヴニク)
   パーベル・ノヴォショーロフ

道化師(シュートゥ)
   アレクセイ・クズネツォフ


パ・ド・トロワ
   国際コンクール入賞:アナスタシア・ロマチェンコワ
   アナスタシア・ミヘイキナ
   国際コンクールディプロマ受賞:アルチョム・プハチョフ

大きい白鳥(バリシーエ リェーヴェディ)
   国際コンクール入賞:イリーナ・コシェレワ
   ヴィクトリア・クテポワ
   マリア・グルホワ

小さい白鳥(マーリンキィエ リェーヴェディ)
   国際コンクール入賞:ユリア・ティッカ
   サビーナ・ヤパーロワ
   アンナ・クリギナ
   ナタリア・クズィメンコ

ナポリの踊り(ニェアポリタンスキー)
   ヴァレリア・ジュラヴリョーワ
   国際コンクール入賞:マクシム・エレメーエフ

ハンガリーの踊り(ヴェンゲルスキー)
   オリガ・セミヨーノワ ミハイル・ヴェンシコフ

マズルカ(マズールカ)
   ユリア・カミロワ オリガ・パヴェレンナヤ
   フィリップ・パルハチョフ アレクセイ・マラーホフ

スペインの踊り(イスパーンスキー)
   アンナ・ノヴォショーロワ クリスティーナ・マフヴィラーゼ
   国際コンクールディプロマ受賞:デニス・モロゾフ
   アレクセイ・クリギン

王子の花嫁候補(ニェヴェーストィ プリンツァ)
   アナスタシア・ミヘイキナ ヤナ・アルフィーモワ
   タチアナ・バリシャコワ ユリア・バラグロワ
   ヴィクトリア・ザリポワ ダリア・エリマコワ

オーケストラ・ソリスト(ソロ ヴォーケストリェ)
ヴァイオリン(スクリプカ)
   アレクサンドル・シミリョーフ 
チェロ(ヴィアランチェール)
   エレーナ・セルゲイエワ
ハープ(アールファ)
   エレーナ・アルヒーポワ

指揮(ディリジョール)
   ミハイル・パブージン
posted by おロシア人 at 23:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミハイロフスキー劇場 プレミア公演 キャストA ロシア語版

とある方からの提供のミハイロフスキー劇場(以下マールイ)の公演のキャスト情報の続きです。

えーと、えーと、、、、、、
すご〜く、、、、そそられるキャストですね(苦笑)


無駄遣い やめれば行ける すぐピーテル


ってやつ?
しくしく。。。。

21 сентября 2009 года
Действующие лица и исполнители:
Одетта-Одиллия
лауреат международных конкурсов
Екатерина Борченко

Принц Зигфрид
лауреат Международного конкурса
Михаил Сиваков

Злой гений
Владимир Цал

Владетальная принцесса
Звездана Мартина

Наставник
Павел Новосёлов

Шут
Алексей Кузнецов

В танцав участвуют:
По-де-труа
лауреат Международных конкурсов
Анастасия Ломаченкова,
Анастасия Михейкина,

дипломант Международного конкурса
Артём Пыхачов

Большие лебеди
лауреат международных конкурсов
Ирина Кошелева,
Виктория Кутепова,
Мария Глухова


Маленькие лебеди
лауреат Международного конкурса
Юлия Тикка, Сабина Яппарова,
Анна Кулигина, Наталья Кузьменко


Неаполитанский
Валерия Журавлёва
лауреат Международного конкурса
Максим Еремеев

Венгерский
Ольга Семёнова, Михаил Венщиков

Мазурка
Юлия Камилова, Ольга Поверенная,
Филипп Пархачёв, Алексей Малахов


Испанский
Анна Новосёлова, Кристина Махвиладзе,
дипромант Международного конкурса
Денис Морозов, Алексей Кулигин

Невесты принца
Анастасия Михейкина, Яна Алфимова,
Татьяна Большакова, Юлия Балагурова,
Виктория Зарипова, Дальья Ельмакова


Соло в оркестре:
Скрипка
Александр Шмелёв
Виолончель
Елена Сергеева
Арфа
Елена Архипова

Дирижёр-Михаил Пабузин
posted by おロシア人 at 23:57| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミハイロフスキー劇場 プレミア公演 キャスト@‐対訳 日本語版

前の記事の日本語対訳です。
()内はロシア語での読み方を無理矢理カタカナで書いてみました。
あくまでも無理矢理です。
より正確に、というならたとえばエカテリーナなら「ィエカチェリーナ」、
デニスならば「ディニース」
トルマチョフなら「タルマチョーフ」
みたいに書かなくちゃならなくなるので、今回はそういうのは無し、
あくまでも役柄のロシア語読みをそれっぽく書いてみました。
最近私の周りでもロシア語仲間ができつつあるので、
せめてものご恩返しです(笑)
あんまり助けになってないかもしれませんが、
なんとなくロシアっぽさを味わってくださいませ。

コンクール入賞歴はペレン、コシェレワ、ヴィスクベンコが複数のコンクールの入賞歴があるように書かれています。
ヴィスクビエンコは2003年リエッティ国際バレエコンクール入賞、
2004年クラスノダールのヤングバレエフェスティバルで3位入賞、
2008年まではボリショイのコール・ド・バレエに所属していました。
今シーズンからの移籍なのか、ただの助っ人なのか???ちとわからないです。
ティッカはつい最近ですね、チュチューキンと組んで参加した2009年のリエッティでそろって金賞受賞しています。

2009年9月19日

オデット−オディール(アディエッタ−アディーリヤ)
   国際コンクール入賞:イリーナ・ペレン
ジークフリート王子(プリンツ ジークフリート)
   ギョーム・コテ(カナダ国立バレエ プリンシパル)
悪の天才(ズローイ ゲーニィ)
   ミハイル・ヴェンシコフ
女王(ヴラディチェルナヤ プリンツェッサ)
   ズヴェズダナ・マルティナ
家庭教師(ナスターヴニク)
   アンドレイ・ブレグバーゼ
道化師(シュートゥ)
   デニス・トルマチョフ

パ・ド・トロワ
   国際コンクール入賞:ユリア・ティッカ 
   アンナ・クリギナ アンドレイ・ヤフニューク

大きな白鳥(バリシーエ リェーベディ)
   国際コンクール入賞:イリーナ・コシェレワ 
   ヴィクトリア・クテポワ 
   国際コンクール入賞:ナタリア・ヴィスクビェンコ

小さな白鳥(マーリンキィエ リェーベディ)
   国際コンクール入賞:ユリア・ティッカ 
   サビーナ・ヤパーロワ
   アンナ・クリギナ ナタリア・クズィメンコ

ナポリの踊り(ニェアポリタンスキー)
   ロシア功労芸術家:エルヴィラ・ハビブリナ 
   ニコライ・アルジャエフ

ハンガリーの踊り(ヴェンゲルスキー)
   アンナ・ノヴォショーロワ ヴラディーミル・ツァル

マズルカ(マズールカ)
   オリガ・セミヨーノワ オリガ・パヴェレンナヤ
   フィリップ・パルハチョフ アレクセイ・マラーホフ

スペインの踊り(イスパンスキー)
   マリアム・ウグレヒリーゼ ユリア・カミロワ
   国際コンクールディプロマ受賞:デニス・モロゾフ 
   アレクサンドル・オマール

王子の花嫁候補(ニェヴェーストゥイ プリンツァ)
   オリガ・アストレイコ アナスタシア・ルキヤノワ
   オリガ・グロモワ エカテリーナ・クラシューク
   タチアナ・ウルヴァンツェワ ヴァレリア・ジュラヴリョーワ

オーケストラ・ソリスト
ヴァイオリン(スクリプカ)
   ヴラディーミル・グルース
チェロ(ヴィアランチェル)
   ロシア功労芸術家:ヴァディム・メッセルマン
ハープ(アルファ)
   エレーナ・アルヒーポワ

指揮(ディリジョール)
ミハイル・パブージン
posted by おロシア人 at 23:55| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミハイロフスキー劇場 プレミア公演 キャスト@ ロシア語版

とある方からミハイロフスキー劇場(以下マールイ)の公演のキャストを教えていただきましたので、
ご紹介いたします。
感謝感謝。

19 сентября 2009 года
Действующие лица и исполнители:
Одетта-Одиллия
лауреат международных конкурсов
Ирина Перрен

Принц Зигфрид
Гийом Коте
(премьер Национального балета Канада)

Злой гений
Михаил Венщиков

Владетальная принцесса
Звездана Мартина

Наставник
Андрей Брегвадзе

Шут
Денис Толмачёв

В танцав участвуют:
По-де-труа
лауреат Международного конкурса
Юлия Тикка, Анна Кулигина, Андрей Яхнюк

Большие лебеди
лауреат международных конкурсов
Ирина Кошелева, Виктория Кутепова,
лауреат международных конкурсов
Наталья Выскубенко

Маленькие лебеди
лауреат Международного конкурса
Юлия Тикка, Сабина Яппарова,
Анна Кулигина, Наталья Кузьменко


Неаполитанский
заслуженная артистка России
Эльвира Хабибуллина, Николай Арзяев

Венгерский
Анна Новосёлова, Владимир Цал

Мазурка
Ольга Семёнова, Ольга Поверенная,
Филипп Пархачёв, Алексей Малахов


Испанский
Мариам Угрехилидзе, Юлия Камилова,
дипромант Международного конкурса
Денис Морозов, Александр Омар

Невесты принца
Ольга Астрейко, Анастасия Лукьянова,
Ольга Громова, Екатерина Красюк,
Татьяна Урванцева, Валерия Журавлёва


Соло в оркестре:
Скрипка
Владислав Глуз
Виолончель
заслуженный артист России
Вадим Мессерман
Арфа
Елена Архипова

Дирижёр-Михаил Пабузин
posted by おロシア人 at 23:53| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動中

某イベントを観て、次の予定のために移動中です。
今日も昨日に引き続き暑かったですね。
昨日からようやく「タオルケット一枚でやせ我慢」から「お布団フカフカ〜」に変えたのに…あちいったらありゃしない!
ええ、すごーく寒がりなくせに、へんなところで意地っ張りなのか、「あたたかくする」ことになんだか抵抗があるんですね。
なんつうか…今この温度に耐えられなくて、冬を乗り切れるのか!耐えてみせましょうぞ!みたいな感じです泣き笑い(←馬鹿だなあ)
でも新型インフルエンザは心配。
毎年松坂屋でインフルエンザの予防接種受けてましたが、(なんと1500円!)今年は自分で何処かに受けに行かなきゃ駄目なんだよなあ。
インフルエンザは34歳の時に初めて罹り、職場にも影響必至だから「気休めでも予防接種は受けなくては、もう健康を過信しちゃいけない年なんだよなあ」と考えを改めました。
まー、福利厚生で予防接種代が安かったせいもあるんだけども。
あの金額ならば、流行のタイプとたとえ違ったとしても許せますしねぇ。
しかし今年は何処で受けようかなあ。
アタクシのかかりつけって…夜間救急だし泣き笑い(それはかかりつけとは言わん)
posted by おロシア人 at 16:57| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。