2009年10月25日

もうすぐ大道芸



すっかり10月末から11月3日の文化の日までの恒例行事となった
「大道芸ワールドカップ静岡」

通勤の際につっきる駿府公園内では特設ステージや屋台用のテントの準備が着々と進んでいます。

テントもちょっとかわいらしい形なんですよ。
今日はベニヤで造ったお城みたいなものが搬入されていました。

駿府公園内や市街地でいろんなパフォーマンスが繰り広げられて、毎年楽しみにしています。

といってもだいたい仕事が入っているので、ちょこっとしか見られないのですが、
こういう大道芸、大技盛り込んだアクロバット系も、ジャグリングのようなものも、
パントマイム、種類を問わずその手のものが大好きなので、

できればお天気に恵まれるといいなあと願っています。


もし自分が学生だったら、市民クラウン(ピエロ)や、ボランティアスタッフなどで参加していたのになー、といつも悔しく思います。

今でも想い出に残っているのは「フライングダッチマン」という大一輪車や巨大竹馬での高所パフォーマンスをしていた2人組。
第1回大会のチャンピオンだったのかな?
わりと大人しめというか、うまくノレない静岡の人をわかりやすく笑わせてくれた功労者で、こういう人たちが第1回に参加してくれて、本当によかったなあと思います。

今日は仕事の帰りに選挙に行ってきました。
うちの母は「ママは○○くんがいいと思うわ〜。」と先ほどウキウキ出かけたけど。
どう考えても、顔で選らんだに違いない。。。。。
まあ、選挙に行かないよりはマシか。
posted by おロシア人 at 16:01| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新郎の父

ロシア杯まずは美姫ちゃん優勝・悠子ちゃん&サーシャ、小塚くん銀メダルおめでとうございます!!
真央ちゃんは東京で開催された世界選手権初日からフリー前までに陥っていたトンネルよりもさらに深いところを今(今というか、もうずっとだと思うんだけども)彷徨っているようで、新聞報道を読む限り(映像は未見)、これを乗り越えるのがスポーツ選手の宿命とはいえ、いたたまれないですね。
昨夜は月末に結婚する従兄弟の父母、つまりはおじとおばが、我が家に来て、ささやかな宴会。うちの母がおばさんに着物を見立てたり、着付けの相談がてらやってきたのです。
お祝い用の草履としておばが持って来た中に、彼女の成人式のものがあって(貝殻模様光るハート)、さすがにちと可愛すぎるからそれは却下でしたが、草履の箱に
「成人式、昭和47年」とか書かれていて「!!!!!!」でした。
アタクシは46年生まれですが、なんとなくおばの大学卒業後に生まれたと信じていたから、私の生まれた時にはまだバリバリ大学生だったなんてちょいと意外。みんな若かったのね〜泣き笑い
おじはお酒をチビチビやりながら当日のスピーチを考えていました。花婿の父もなんだかんだで色々大変だわね。
posted by おロシア人 at 07:31| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。