2009年12月12日

チケットいろいろ

さてダウンしている間に我が家にいろいろチケットが届いておりました。

2009全日本フィギュアスケート選手権(大阪なみはやドーム)と
来春のモスクワ音楽劇場バレエ来日公演のチケット
(今金欠なのはこのモスクワさんのせいよ・笑)

なみはや分は無事チケットを確保できたのですが、
観戦仲間さんにはまだ確保できていない方もいらして、
やはり五輪シーズンやらスケートブームだのを実感する次第です。

というか、この全日本だけがすんなり一発で(全てが第一希望ではないですが)確保できたんですよ。。。。
ほんとにこの先チケットが無事に取れるのかわからない時代になってしまいました。

モスクワ音楽劇場のチケットも、ロシア文化フェスティバル友の会を通じてですが、一応希望通りの座席、、、(だと思いたい)あたりにしてくださった模様。
なにしろオーチャードですからね。

今回の観戦でもしみじみ実感したのですが、アタシってやっぱりちびなんだなあと。

153.5cmで止まってしまったワタクシの身長。
小学生から今まで背の順では常に1番前か、前から2番目が多かったし。
一度だけ前から10番目近いときがありましたが、
それはたまたまそのクラスが、145センチ〜153センチにひしめく人口が多かっただけのことで。

世の中には私よりも小柄な方もおられますが、
それにしたって私がちびなことにはかわりない。

背が低いということは座高もそれなりに低いわけですよ。(脚が長いわけではなくて)

むかーしむかし、フィギュアを見始めた子供のころはさておき、
18歳くらいのときくらいまでは、
なんとなくまだ日本人は「170センチあれば背が高い」ような時代でござんした。
だからフィギュア会場やコンサートホールに行っても、
目の前が男の人ではない限り大丈夫だったし、
男の人がずらーっと前列を占めることはないわけだから、こう、人の頭の合間をぬって観賞すればよかったんですが。

今はみなさんスタイルが格段によろしくなり、女性もそれなりにタッパがありんすよ。
だから段差がないアリーナ席や、バレエ会場はほんとに困るですよ!!!

レストランなんかでも、
「なんとなくテーブルが高い。。。」とアタクシが感じても、ほかの人は平気っぽい、、、、これはつまり平均身長が伸びていることに他ならないわけですよね。。。


ああオーチャード。これは行ってみないとわからないけれども、たぶん、今までの経験から、大丈夫なはず。。


てなわけで、いろいろ苦労して(まあ運だけども)つかんだこのチケットですが、


問題は休みだよね!


12月28日です、問題は。
25日〜27日はほぼ大丈夫になりつつありますが。


28日はほぼ駄目なことが確実になりました。


つい数日前までは
「試合さえ観られれば、MOIはいい」なんて言ってましたけども、

ファイナルのエキシビを観てたら
「こういうふうにこの子たちをエキシビで観られるのも、
今シーズンが最後の人もいるわけだし。。。
やっぱり観たいなあ。。。。。。」
などという思いがムクムク。


いったん大阪から静岡に戻って仕事してとんぼ返りで大阪に戻る、
そんでまた静岡に戻るってえのはさ、どうだろう、無理だよねえ。
だってアタクシ、1月1日も働くし。
(そのあと2・3日と休むためにもここは働いとかないといかんのですわ。)


だからね、、、MOIのチケットは手放すことにしようかな、と。
ああ馬鹿馬鹿馬鹿〜。もう、こんなに悔しいことってないわ〜。ぐすん。
posted by おロシア人 at 11:31| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レニングラード国立バレエ 来日追加メンバー(?)

てなタイトルでいいのかどうか?

ルジマトフ秘蔵っ子(らしい)アイドス・ザカンが今回の来日ツアーから初参加するそうです。
光濫社さんの記事
・・・テリョーシキナを連れてきてくれたときみたいに、
「さすがはルジが選んだだけのことはある!」という嬉しいサプライズになるといいなあ♪


毎日毎日(このところダウンしてたけど)、「変更がありませんように」とサイトの見張り番をびくびくしながらしていますが、こういう追加のニュースは嬉しいです。

リンク先のMさん宅(いつもお世話になっております)でも「オーリャ来日」の嬉しいお知らせありましたし。
(光濫社さんもお知らせしてくださればいいのにぃ。。。)


東京近郊公演では相模大野のコシェレワ出演予定、14日の「白鳥」をゲットしました。
これは、知り合いの方が生協の会員で、その伝で割引で購入できるというものでして、(もちろん抽選で外れると買えない)その方にも感謝しております。
オーリャの出る日、1日でもいいから、観たいなあと思っているのですが、
とりあえず来日してから、出演予定の日を聞いて、行ける日とてらしあわせて、
駆けつけたいな〜と。

今回は述べ18回も観る、というところまではできないかもしれませんが、
できるだけたくさん観たいと思っています。
新しい子たちの名前も早く覚えたいし。
今までのご贔屓さんにもまだまだ活躍していただきたいし。

ほんとに誰が来てくれるのか、あと10日!
ドキドキです!
posted by おロシア人 at 09:58| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生存報告やらTVスケートファンの反応やら

すっかりご無沙汰してしまいました。

喉の腫れがおさまったので熱も下がり、仕事以外はほとんど寝ていたので、
とっても身体が休まりました。

反省してます。


「体調管理も本人の責任ですから」
とは、かつて世界選手権代表の座を争っていた全日本選手権で、
高熱でぼろぼろの体調のままフリーに進んだ井上怜奈選手のコーチが語った言葉です。(あのときは都築先生ではなく、無良先生がインタビューに答えていた記憶があります。)


などと、真剣勝負の選手生活を過ごしているスポーツマンと自分を比べるなんざ、おこがましいですけれども、
まあ、、、、風邪をひいてしまうというのは、
不可抗力でうつってしまうこともありますが、
わたしにそれを跳ね返すパワーが足りなかったということです。


え?もう若くないってこと?いやーん(苦笑)


確かに観戦の疲れがすぐに抜けなくなってきているのは否めない

しかしさすがの私の「鉄の喉」もけっこうガラガラで、
「本当に風邪ひいたんだね」と周りからようやく認知されるようになりました。

ってか、もうだいぶ治ってきちゃったんだけど。。。。
熱があってフラフラしているときには誰も信じてくれないなんて、悲しいぜ!

さてさて、マリインスキーの「イワンと仔馬」を泣く泣く断念した傷心のワタクシに嬉しいメッセージが届きました。
(部屋にはまだ未練がましくテリョーシキナのために用意したプレゼントがありんす。)
先日のグランプリファイナルでアイスダンスのテクニカルスペリャリストをつとめたマリカからで、「日本のファンは最高です!ここにヴィタリーもいればよかったのに!」とのこと。ヴィタリー、今何をしているんでしょうかね。
スケートコーチしているのかな?
しまった。。。。。。。。
ロシアのクリスマスは旧暦だから、ちょっとのんびりしていましたが、
イギリスやフィンランドやカナダやアメリカって、、、12月に普通にクリスマスだよね。
早くしないとクリスマスカード間に合わない!!!
。。。。。。。。ニューイヤーカードでいいかなあ(←いいから、とっとと書け!)


さて、今年の春先からお世話になっている現在の職場、早朝&昼間ですが。
いやー、やっぱり現地まで行かないものの、スケートが大好きな人って多いんですね。
トリノ・シーズンの前くらいから、ぐわぐわぐわ〜っときたスケート・ブーム。
普段スケートを観ないような人でも、日本のトップ選手の名前をご存知です。

休みあけに職場に行くと、「グランプリファイナルどうだった?」といろんな人に訊かれました。

でもどうせみんな「真央ちゃん」「美姫ちゃん」「ヨナちゃん」なんだろうなー、くらいに思っていたんですが、
一番多かった声は
「高橋大輔ってやっぱり凄いんだね」というもの。
ま、それと同時に「なんであれだけ凄いのにフリーはあんなに駄目だったのか」とも言われましたが。

画面ごしでも、あのショートプログラムは皆さん感動なさったようです。

出かける前は
「キム・ヨナ来るんだよね〜」などと言っていた人も、すっかり大輔教徒になっていました。
「ママは小塚くんが一番好き・はあと」だった母も大輔教徒に。

いろんな人とお話して、皆さん、昔っからよくテレビでスケートを観ている人が多くて、
未だに忘れられない選手だと「ヴィット」「クワン」「スルツカヤ」 やら、
「ナポレオン対決」や「ソ連のペアの人」とか、そんな話題に花咲きました。

改めて思うのですが、クワンもスルツカヤも、最近の選手の中では本当に偉大だったと思うのですね。
どんな大会でもほぼ自分の力を発揮できる、練習で積み重ねてきたことを試合で出せる、人々の記憶に残る、とても素晴らしいことだと思います。
(スルツカヤが体調の思わしくないシーズンもありましたけれど。)

ヨーロッパでもアジアでも北米でも時差をものともせず、
滑走順の抽選が第一滑走だろうと最終滑走だろうと、
いつでもほぼ力を出せるというのは、並大抵のことではないというのに。

高橋大輔選手、浅田真央選手、安藤美姫選手が彼女たちのように、
本当に自分の実力を出し切れたときこそ、真の一流選手になれるんじゃないかな、とか思ったりします。

ファイナルの大ちゃんのショートプログラムは本当に素晴らしかった。
こういうのをファンもジャッジも待っているんですよ!!!!
posted by おロシア人 at 07:55| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。