2010年01月11日

2010年1月11日更新記事

@ココちゃんでなごんでください
Aダンサーアンケートトップページ
ロマチェンコワのアンケートをアップしました!
スパシーバ・ナスチャ!!!
Bマールイ「スペシャルガラ」感想
・・・ようやく舞台の感想を書けました。まだ書けていない3日のマチソワの白鳥の湖もなんとかしなくちゃ!


さてさて。今日は厚生年金会館で「白鳥の湖」ペレン&コリパエフ主演日です。

本日は「宮様トロワ」もとい、シェスタコワ&コシェレワ&プハチョフのトロワ、
はい、これが表の売り!(ワタクシ的に)
※宮様トロワとは、昨年兵庫でうっかり観てしまった驚愕のパ・ド・トロワチームにつけたあだ名です。(ハナヂものでした)

裏の売りはカシヤネンコ(想像するに黒)とミーシャ(反対だったらいいのにの白)のロットバルトコンビのスペイン
。。。。。。。。なにが心配って、ああた、わかるでございましょー。
でもこういうのを観るのがマールイの楽しさなのよね。

で、一番観たいのが、(ワタクシ的に、です、あくまでも)レーナ&ローマ夫妻のハンガリーの踊り。
一応ワタクシの予定と彼らの予定で一致するのは23日の名古屋のみ。
あとはことごとく外れているんですよね、今回。
でもマズルカも素敵だからいいんですけども、
とりあえずハンガリーも見たいのさ、だって好きなんだもん!

って、これだけ書いといて、あたしゃ今静岡にいるんですけども、
ご親切なお友達からメールでいろいろお知らせが〜♪

ありがとうございます!

観客のマナーがあまりよくないとか、会場が古いとかはあるみたいですが。

ニコライは前回のコシェレワ時のミスを繰り返すことなく、頑張って王子をやっているだの、
ペレンは会心の出来のオディールだっただの、
宮様トロワは素敵だったわ〜、だの、、、、

みなさんありがとうございます〜。

その前々日のヤフニュークのトロワにしろ、
オデットと王子より一番優雅だったというツァルのロットバルトだの、
4日のヤフニュークの王子の素晴らしさにしろ、
ほんとうにみなさまのご報告をいただくと、
仕事の励みになるってもんですよ!
いや、負け惜しみじゃなくて、ほんとにほんと。

もちろん自分が観られないのは悔しいけれども、
好きなダンサーが「素敵だったよ」といわれたら、嬉しいもんですよね〜。
心がぱぁっと明るくなりますもの。。。。


あ、アレ????
み、ミーシャ(ヴェンシコフ)レポートがきてないわん!
大丈夫だったのかなあ。。。。

追記;ミーシャレポは
・もたついてた
・良かったよー
・黒ばっか観てた

そんな感じでした。。。。。
いいんです。

フィルソワ&ペトゥホフのハンガリー、早く観たいです!
posted by おロシア人 at 21:33| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マールイ 「スペシャルガラ」 2010年1月10日公演感想

来日20回記念 レニングラード国立バレエ
スペシャル・ガラ

2010年1月10日(日)17:00開演
Bunkamura オーチャードホール
観た場所:21列目 だいたい真ん中くらい
観やすかったです。なにしろオーチャードですからね、はい・笑

第1部
「騎兵隊の休息」全1幕

音楽:I.アルムスゲイメル
振付:M.プティパ/P.グーセフ改訂演出
マリア :アナスタシア・ロマチェンコワ
ピエール:アントン・プローム
テレーズ :オリガ・セミョーノワ
少尉 :マクシム・ポドショーノフ
騎兵大尉 :ウラジーミル・ツァル
連隊長 :ニコライ・アルジャエフ
マリアの友達:
  アンナ・クリギナ サビーナ・ヤパーロワ
そのほか:レニングラード国立バレエ

全幕は久しぶりでとっても楽しみにしていました!
(前回はクチュルク、ミハリョフ、ポリョフコで観たんだったかなあ。
あれ?オーリャとプハチョフでも観た記憶あるんだけども。
あれはパ・ド・ドゥだけだったかな?)

村人くんたちはトルマチョフ、クズネツォフ、ラプシャノフたち小さいチーム。
村娘さんたちはおなじみさんたちともちろんフィルソワ(嬉!)。

マリアのロマチェンコワと一緒にお手手をつないで女の子たちが登場し、
端と端はクリギナとヤパーロワで2人はみんなと衣装が違う。
そしてテレーズは一人赤いブーツとちょっと派手な衣装。


ロマチェンコワが可愛いかったです。
私の中では彼女は、もちろん彼女が繊細でロマンチックな女性だというのは承知の上でですが(←新書館の付録DVDなどで感じた限りのイメージ)、
それでも彼女の踊りから感じるのはいつも「オトコマエ」であったり、
「凛々とした」雰囲気だったり、
なんとういうか、かわいいんだけどもキリリとしていて、「はいからさん」みたいに着物で袴でブーツのイメージなんです。
もちろん襷をキュっとしめて竹刀も持ってたり(←どんなんや、ソレ)。

でもでもやっぱり彼女はピンクの似合う女の子なんですねえ。
くるみのマーシャもそうでしたが、このマリアちゃんもなかなか可愛かったわよ。

ピエール役のアントンは、12月からの好調を維持。
大きなジャンプとか、舞台での存在感とか、「今ノッテマス!」という感じがすごくいい。
ほんとうに彼はテクニックは素晴らしいので、あと一歩のラインのツメの甘ささえなければな、、、、という思いを新たにしちゃいましたが、
まあそれはこのピエールではラインがどうのこうのよりも、いかに楽しい舞台にするか、だと思うので、よしとしようよ!と思ってしまうのでした。

ふと、でも、黄金の仏像のときの、「とうもろこし頭じゃないときのプロームはこうなんだ」というフォルムを思い出し、フワフワ以外の髪型での彼も観てみたくなりました。
どうでしょ、白鳥のトロワで一回くらい、、、、、オールバック(・・・・・!!!!)とか?(すいません、変なこと言って)

そして、ロマチェンコワとプロームってやっぱりお互いベストパートナーというか、
すごく2人で踊ることがしっくりくるわけだし、
こういうのを観てしまうと、
本拠地のペテルブルクで一回も(その作品で)組んで踊っていないのに、
日本公演でいきなり主役を組むコンビっていうのは、
上手く行ってほしいと願うものの、
それでもちょっと心配があるわけですよね。

23日の鎌倉芸術館の「ロマチェンコワとコリッパー」とか、
今後控えている「コシェレワとザカンの白鳥の湖」とか、ね。

誰だって最初は初めて組むわけだし、その最初に立ち会えるのはもしかしたら、我々観客としては「幸運」なのかもしれないけれども
(アタシって小心者のくせに、変なところで楽観的なところもあるのよね)
、、、、それでも、こういう、ロマチェンコワとプロームのあまりにも自然にぴたりぴたりと踊れてしまうパートナー同士が本来は物語バレエを作っていくものなんじゃないかな、と思ってしまうのでありますね。

などとつらつら考えたりしましたが、
話は元の騎兵隊に戻りましょー、です。

騎兵隊チームにはマスロボエフ、モロゾフ、ペトゥホフ、そしてマラーホフさんたち!
いやー、マラーホフさん。。。。素敵・うっとり。
騎兵隊の制服が似合います〜。
(やっぱり彼は家庭教師もいいですが、赤い貴族で観たかったよな@白鳥の湖)

少尉はマックス。
楽しそうでいいなあ。
大尉のツァルはそらーもう、ノリノリで楽しそう。
長い脚を活かして大熱演。
連隊長のアルジャエフもよたよた演技が素敵でしたが、ここはもっとヨタヨタ希望!難しいんですよねー、ああいうわざとへんてこに踊るのって。


セミヨノワのテレーズは、村のべっぴんさんで兵隊さんたちにモテモテ。
言い寄る少尉、大尉、連隊長を上手くあしらいつつも、なんだかんだで連隊長とよろしい仲になってしまう、、、、、んですが、
うーん、ここはやはりポリョフコ姐さんにはかなわないかなあ。
特に3人の男どもが自分に言い寄る場面をテレーズが再現するくだりは、
もっとあざとくてもいいと思います。
あ、でも、やっぱりハンガリーの踊りちっくなみんなでの総踊りのところ、
ここは彼女もお得意の場面だから、綺麗でよかったです。

以前の爆発的な楽しさよりはこじんまりとしてしまいましたが、
(まああの頃は、濃いメンバーが多かったから)
それでも全体的には楽しい「騎兵隊の休息」でした。
これを観られたのはマールイファンとしては(やや複雑なれども)楽しかったですし、
これをガラに組み込んでくれて、とても嬉しかったです。
村娘ちゃんたちがみんなかわいかったから、もう、それでいいのよ!


第2部
「海賊」第2幕よりパ・ド・トロワ

音楽:R.ドリゴ 他
振付:M.プティパ/V.チャブキアーニ
改訂振付:F.ルジマトフ
  メドーラ:イリーナ・ペレン
  コンラッド:アルチョム・プハチョフ
  アリ:アイドス・ザカン

この3人が着ているのが、いわゆる新版の衣装とみなしていいのでしょうか。
You Tubeや公式サイトのお写真で観た限り、
プハチョフの衣装はそのまんま、アレでしたよね。

プハチョフ格好いい!
珍しくへんな着地のミスがあったけれども、去年の「海賊」でクラクラきた兄貴っぷりがここでも遺憾なく発揮されていて良かったです。

えーと、ザカンは、緊張してたのかな?
最初のジュテを見た時は
「わー、ごめんなさい、やっぱりこの人凄いじゃん!」と、心で懺悔したくらいだったのですが、ピルエットだのなんだのが始まると、
アレレ。
いや、すごく実力を持っている人なんだな、ってのはわかったのですが、
「そ、そんなに力まなくても、、、」と思ってしまいました。
やっぱりガラでの「アリ」というのに求められるものって、難しいですよね。
そういう「オレサマ、今日の主役」くらいのアピールは全然なくて、
でも力はありそうだ、これならコシェレワ大丈夫かな、、、とか、
まあそんなことを考えていたら、、、終わってしまったという。
すんません。

とにかく14日の王子を観て、彼についてはコメントしたいと思います!
まずは本番を見てから!
見かけで人を判断しちゃいけないし。
いや、容姿がどうのこうの、身長がどうのこうのじゃないんです!
だって、3日の白鳥の湖で、彼はラッパ卒で舞台に立っていたのですが、、、
もっときちんと立ちなはれ!とゲンコツグーなくらい思ってしまったんです、アタクシ。そこは許せないーーーーー!
マルティナさんにコーチしてもらいなさい!、、、、、

ああ、まあそういうことはさておき、
ここでぐだぐだ書いたことを後悔させるくらいの素晴らしい王子を踊ってくれることを願います。というか祈ります。

ペレンは、そうですね、わたしあの衣装はけっこう好きですね。
似合っていたんじゃないでしょうか。
技術的には全く問題ないですし、
それでも去年の方がすごかったかも、というくらいの余力を残しての
「さすがだねえ、やっぱり看板バレリーナだよね」と納得させる力は凄いと思いました。
たぶんまだわたし、彼女の全幕はバヤデルカしか観ていないから、
そう思うのかもしれませんが、
こう、可愛らしさだの、表現だのは、バージョンアップというか、去年よりわかりやすくなっていると思うのですが、
テクニック的には「去年のアレはすごかったよなー」みたいに感じていたりします。
まあこれもこの後何回も彼女を観るので、そうしたらやはり「すごすぎる」となるやもしれません。

「トンボ」
音楽:F.クライスラー
振付:A.パブロワ
  アンナ・クリギナ

かわいかったです。
美しきロスマリンでしたっけ?
ここでの演奏が一番よかったような。。。。
春の水はひどかったっす。。。。。オケちゃんがんばって!

うーんと、「世紀の大傑作」というものではないと思いますが、
普段観られないものを観させてもらってよかったかな、と。

「チッポリーノ」よりパ・ド・トロワ
音楽:K.ハチャトゥリアン
振付:G.マイヨーロフ
  サビーナ・ヤパーロワ
  アレクセイ・クズネツォフ
  ニコライ・コリパエフ

なんなんだい君たち!というくらい、楽しそうでなにより。
これも全幕を観たいです!
もちろんクズネツォフとトルマチョフダブルキャストのチッポリーノで観たいですね!
コリッパーは、こういう格好がこれまた似合うから可愛いですね。

「スパルタクス」よりサビーナとクラッススのパ・ド・ドゥ
音楽:A.ハチャトゥリアン
振付:G.コフトゥン 
  アナスタシア・ロマチェンコワ
  アンドレイ・カシャネンコ

はー。
良かったわー。
後半ちょっともたついたというか、
「クラッススとエギナ(サビーナ)」のギラギラどぎつい感じは最後まで感じず、
むしろ彼ら善人キャラ?スパルタクスとフリーギア?な印象がしなくもないものの、
お2人ともお上手で素敵でした。

いいんですよ。
ここでカシヤネンコが「オレオレオレ、オレサマ」に自分ばっかり出してしまい、
相手へのサポートがおろそかになるくらいだったら、
このアクロバティックなパ・ド・ドゥをたとえ「真面目すぎるんじゃなかろうか」でも、きちんと踊りきってくだされば。
もっと「ぐわ」っと「ぎら」っとを望みますが、それはまた今度お願いします。

カシヤネンコは格好いいんだけど、
踊りも上手いしシャープなんだけど、
(もしかしたら地味キャラなのかもしんない!。。。。。。好きだけど今更気がつくアタシって!)



「春の水」
音楽:S.ラフマニノフ
振付:A.メッセレル
  イリーナ・ペレン
  マラト・シェミウノフ

トランペットが。。。。。
まあそれはともかく、2人とも楽しそうに舞台を駆け回っていらっしゃいました。
最後の片手リフトでだーっと退場、とか、
迫力ありましたね〜。
(と、言いつつ、家に帰ってから、ボリショイのブイロワの踊ったやつを見直してしまったり。)

「アルビノーニのアダージョ」
音楽:T.アルビノーニ
振付:B.エイフマン 
  ファルフ・ルジマトフ
レニングラード国立バレエ

あんなに後ろに人いましたっけ?
ペトゥホフとか、いつもマックスと一緒にいる可愛いお顔の子とか、
大きいチームとか、わりといろいろゾロゾロ。。。。

ルジマトフ、はい、ルジマトフでした。
ソロルは「うーん。全幕最後だからといって期待が高すぎたかな」という印象で終わってしまったのですが、さすがにガラでは持ち直してきたと。
というか、純然たるクラシックは、やはりもう難しいのでしょうね。
ですので、このアダージェットは素直に良かったなあと思いました。
むしろこれだけにしておいても良かったような気もしなくもない。続きを読む
posted by おロシア人 at 20:01| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナスタシア・ロマチェンコワ編

2010年アンケート第4弾はアナスタシア・ロマチェンコワさんです。
(ロマチェンコワさんには掲載の許可を得ています)

昨夜のガラでは1部、2部、3部と大活躍!
去年の来日公演は不参加で、彼女の不在を寂しく感じましたが、
今季はその分を埋めてくれるくらい、素晴らしい踊りで私たちを楽しませてくださっていますね!
回答は英語で書かれていて、最後のメッセージだけロシア語でした。

今度は彼女がいるときに、またライモンダを見たいなあと。。。。
そう思います。

1あなたのお名前、苗字、父称は?
「ロマチェンコワ、アナスタシア アレクサンドロヴナ」

2なんと呼ばれていますか?
「ナスチャ」

3お誕生日は?
「1979年11月25日」

4ご出身は?
「サンクト−ペテルブルク」

5ご家族は何人ですか?
「5人」

6初来日はいつですか?
「1991年か1992年、バレエ学校の公演で」

7日本は好きですか?
「はい」
・・・どこを見てみたいですか?
「フジヤマ(富士山)を」
・・・何がいちばん印象に残っていますか?
「新年の浅草」

8ご旅行はすきですか?
「はい」
・・・次はどこへ旅行にいきたいですか?
「」

9どこでバレエをまなびましたか?
「ワガノワ舞踊学校」

10ご卒業は何年?
「1998年」

11子供のころ好きだったバレリーナは?
「ラパトキナ(ウリヤーナ・ロパートキナ)」
・・・また、バレエダンサーは?
「バリシニコフ」

12では今尊敬しているのは誰ですか?
「たくさんのダンサーです(^^)」

13踊っているときに心がけていることはありますか?信念、信条など。
「ダンスこそ―最も需要なこと」
(ダンスにアンダーラインがありました!)

14時間のあいたときは何をして過ごすのが好きですか?
「ゆったり過ごすこと。音楽をきくこと。キャンプ。釣り。」

15何か楽器は弾きますか?
「いいえ」

16何かスポーツはおやりですか?
「はい、ボディビルディング、フィットネス」

17お気に入りは?
  食べ物
「イタリア料理」

  飲み物
「お水、ジュース」
  ・・・・お酒は好きですか?ひょっとして強い?????
「いいえ」

  お花
「全て」

  音楽
「ジャズ、クラシック、カントリーミュージック」

  色
「青、赤、黒」

  動物
「猫」

  流行・ファッション
「」

  スポーツ
「水泳」
  
18レパートリーは?
  白鳥の湖→「パ・ド・トロワ」
  眠れる森の美女→「オーロラ、青い鳥(フロリナ姫)」
  海賊→「グルナーラ(ギュリナーラ)」
  ジゼル→「ジゼル、ぺザントのパ・ド・ドゥ」
  ライモンダ→「ライモンダ、ライモンダの友人」
  くるみ割り人形→「マーシャ」
  バヤデルカ→「3幕のヴァリアシオン(幻影のヴァリアシオン)」
  ドン・キホーテ→「キトリ、キトリの友人」
  ロメオとジュリエット→「ジュリエッタ」
  シェヘラザード→
  スパルタクス→「フリーギア、エギナ」
  ラ・シルフィード→「シルフィーダ」
  騎兵隊の休息→「マリア」
  チッポリーノ→「2幕のプリンセス・ベリー」
  シンデレラ→「シンデレラ」
  ショピニアーナ(レ・シルフィード)→「ワルツ」
  エスメラルダ→「エスメラルダ」
  ラ・フィユ・マル・ガルデ→「リーザ」
  パキータ→「第1、第3ヴァリアシオン」
  その他→「薔薇の精、クラシックのパ・ド・ドゥ、モダン作品など」

19日本のファンへのメッセージ
「あなたの心遣い、愛情、ご支援に感謝いたします!
日本へは大きな喜びをもって訪れています。
どうもありがとう。」
posted by おロシア人 at 18:10| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ломаченкова, Анастасия Александловна

1 Как Ваше имя, фамилия и отчество?
Lomachenkova
Anastasia Alexandrovna

2 Как Вас зобут?(прозвище или ласкательное имя)
Nastia
3 Когда у Вас день рождения?
25,11,1979
4 Откуда Вы родом?
Sankt-Peterburg
5 Сколько человек в Вашей семье?

6 Когда Вы приехали в Японии в первый раз?
1991/2 Academi Ballet
7 Вам нравится Япония? Нет или да ?
Да→Что бы Вы хотели посмотреть?
Yes.Fudsiama
Что Вам больше всего запомнилось?
New Year in Asakusa
8 Вы любите путествовать?
Да→Куда Вы хочете поехать в следующий раз?
Yes,next

9 Где Вы учились?
Vaganova Ballet Academy
10 В коком году Вы окончили?
1998
11 В детстве , кто Ваша любимая балелина?
Lopatkina
А балетчик?
Barishnikov
12 А сейчас кого Вы уважаете?
Many dancers (^0^)
13 У Вас есть какие убеждение ,кагда Вы танцуете?
(Что Вы имеете в виду?)
Just dance―important
14 Чем Вы любите заниматься в свободное время?
relax, musik,camping, fiching
15 Играете ли Вы на каком-нибудь музыкальном инструменте?
No
16 Вы занимаетесь спортом? Да→Каким?
Yes,Bodibilding,fitness


17 Какои □□□□□Вы нравится?
блюдо?
italian kitchen
напиток?
water,juise

Вы пьёте? можете много выпить?????
No
цветок?
all
музыка?
jazz,classik,kantry
цвет?
blue,red,black
животное?
cat
мода(фасон)?

спорта?
swimming
18 Ваш репертуар?
Лебединое озеро 
pas−de−trois
Спящая красавища 
Aurora,blue bird
Корсар 
Gulnara
Жизель 
Jiselle,pas−de−de in 1 act
Раимонда 
Raimonda, girlfriend of Raimonda
Щелкунчик 
Masha
Баядерка 
variation in 3 act
Дон Кихот 
Kitri, girlfriend of Kitri
Ромео и Джульетта 
Julietta
Шехеразада 

Спартак 
Frigia, Egina
Сильфида 
Silfida
Привал Кавалерии 
Maria
Чиполино 
Princess berri in 2 act
Золушка 
Cinderella
Шопениана 
)→1 valze
Эсмеральда 
Esmeralda
La Fille Mar Gardee  
Lisa
Пахита 
1 and 3 variation
кроме того 
Spektre de la Rose,Pas−de−de Classik,Modern dance

19 Напишите пожалуйста послание к Вашим поклонникам.

Спасибо за Вашу любовь внимание и поддержяу!
С радастью приезжаею я Японию Спасибо.




20 Большое спасибо всё всё !
Можно поместить Эти анкеты на моём саите?
Да или нет?
Да
posted by おロシア人 at 17:03| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見〜た〜ぞ〜。。。。。

犬って、家族が笑ったりしていると、気になるみたいですね。
さっきまで寝ていたくせに、こうやってのぞいたりします。




つい先日またしてもココちゃんに障子を破られましたが、
この怒涛のバレエシーズンに張替えなんてやっていられません!

しかし。

障子に穴が開いていると、私はさておき妹が「寒い!」とわめき、
当座の処置として、てきとうな紙でふさいでみました。



んが、やっぱり、張りの甘い部分からまた破られてしまった。。。。。。


この小さい障子の桟と桟の間を潜り抜けて、部屋を移動するんです。
少しでも障子やドアなどが開いていたら、
そこを無理矢理ぐぐぐっと通ったり、
前足でちょいって開けたりしますが、
この私と妹の部屋の間の障子に関しては、穴から移動。。。。。

勘弁してくれぃ。
posted by おロシア人 at 16:26| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡着

一昨日よりはマシでしたが、やっぱり寒い!無事に家に着きました〜。今回の夜行「ムーンライトながら」は遅れもなく時間ぴったり到着。
これを考えるとやっぱり電車は楽だ、でも夜行バスも利点はあるよな…などと今後の遠征計画をつらつら考えたり。
どうやら昨年よりは観る回数は減る感じですねぇ。(←本当か?)
残る日程の土日は全ておさえてあり、それプラス14日が確定。
19日はロットバルトとトロワ次第。
金沢と和歌山はどちらかで行きたいところですが、休ませて貰えるかなあ。ふー。



2月はもう、14日の前田バレエ以外は土日返上確定なんだけども泣き笑い

そこは働くから、好きなキャストの日は駆け付けたいのよね〜ゴメン/お願い
まあ、わがままな願いですけども…
まことに舞台の魔力には抗えません。


一年間待ったんだもん!
posted by おロシア人 at 02:16| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。