2010年02月19日

エヴァン!大ちゃん!おめでとうございます!

金メダルはエヴァン!
銀はプルシェンコ!
銅メダルは大ちゃん!
おめでとうございます!!


織田くんは7位
小塚くんは8位で4回転成功したって!
織田くんは靴紐切れるアクシデントがあったみたい…

早く家に帰りたいよ〜。
posted by おロシア人 at 14:24| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り敢えず

第1グループのBS録画作動を見届けて出勤です!いいの、取り敢えず第1グループさえ録れれば、あとは地上波で母がとってくれてるし、夜の民放もあるし!
第1グループだけは、BS頼りなんだもんあせあせ(飛び散る汗)
これでアントンが放送トラブルとかでザーザー画面だったら泣くしかないなあ。
ちなみにボーンまで見ました。ボーンは力を出し切れなかったです…。
posted by おロシア人 at 10:40| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィクトールのフリー

4トゥは転倒
2アクセル&3トゥ、3サルコウ&3トゥは綺麗!
3ルッツはステップアウト、スピンは軸が少しぶれちゃった。
3ループ
3サルコウ&2トゥ&2トゥ
3フリップ
2アクセル、終盤のジャンプはあふなげなく成功
ステップもう少しスピードほしいかも、でも甘い貴公子さんは健在、独創的なスピンでしめました!


あー、時間切れ、出勤です〜。
posted by おロシア人 at 10:24| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トマシュのフリー

トマシュさんだけ見届けてから出勤します。
4トゥ、3トゥ成功
3アクセル回転不足お手付き
ステップはやや緊張してるかな、硬い。
2回目の3アクセルは1アクセル
3ルッツ綺麗
3フリップは1フリップに
3サルコウ&2トゥは綺麗
3ループ&2トゥも成功
スピンは元気ない
その後のステップで転倒…


寂しげな笑顔が痛々しいです。

得点は119、42
posted by おロシア人 at 10:15| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

2010年バンクーバー五輪 男子シングル フリー滑走順

いよいよ明日ですね、男子シングルの五輪チャンピオンが決まります!

男子シングルの滑走順が出ましたが、、、
・第1グループ
トマシュ、一番滑走かぃ。し〜んぱ〜い。。。。。
もうこうなったら「誰もが認める潜在能力の高さ」ってやつを、ここで目覚めさせて、空気読まないくらいのパーフェクト演技で、
最終グループあたりまで「フリー1位」でドドーンと存在感を出しちゃってちょうだいよ!
(それはブライアンにしても、ジェレミーにしても同じで、
神演技してくれちゃってほしいのよね。)
パオロはSPで出口を間違えた可愛かった子ね。
アントンもヴィクトルもボーンもアドリアンもいるし、
これで放映カットされたら暴れるよ、あたしゃ。

・第2グループ
ハヴィエルが平均年齢を引き下げているけれども、
最年長のシュテファンがいちゃったりして、
そしてジェレミーとブライアンもいて、
何気に面白いグループよね。
去年の全日本で、佳菜子ちゃんが最終滑走だったとき、
「やっぱり神様っているのかもしれない」って、ちょっと嬉しい気持ちになったのですが、
メダル争いから一気に遠のいてしまったブライアンとジェレミーが、
そして五輪に間に合うのかどうかやきもきしたシュテファンも、ここ数年ではベストに近いショートを終えて、
この3人が同じグループなのって、スケートの神様にちょっと感謝しちゃいます。
でも神様もやはりピリリとスパイスを効かせてくれて、
ハヴィエル、アルチョムという活きのいい若い衆を入れてくるという(笑)。
4回転ジャンパーも揃ってますしね、面白いグループです。

・第3グループは新採点時代の申し子ともいえる、小塚くん、パトちゃん、
そしてこれからのスケート界を担っていくだろうミハル、フロー、デニスがいて、
そこに骨骨ロック、、、じゃない、ほんがらげー、、、何故かケヴィンさんが混じっていたりして、面白いですね。
ケヴィン、本来のジャンプを魅せてくれたらな〜、すごく映えると思うんだけどな〜。
・そして最終グループ
みんな頑張ってと祈るのみです!
わたしの希望としては、ここにはブライアンとトマシュもいるはずだったんですが、それは、、、、、五輪後のワールドに夢はとっておきますわ、、、
ジェレミーはね、初めての五輪だから、たぶんメダル争いには入ってこないと思っていたんですね、ほんとに好きな選手だけども。
で、バンクーバーは、わたしは、
ステファン(ランビちゃん)、ブライアン、大ちゃん、エヴァン、ジョニー、トマシュで金メダルを(銀でも銅でもなく、あくまでも金メダル)争うのは彼らだと思っていました。
そう願っていたんですね。五輪で苦い経験をした彼らに、もう一度戦ってほしいな、って。
まさかプルシェンコが戻ってくるとは思ってなかったんですが(ランビちゃんは戻ってくると大半の人が思っていたでしょう・笑)。

どうでもいい話ですが、
妹はプルシェンコの大ファンだった、というか、今でも好きなんですね。
彼のSP1位を素直に大喜びしながら、会社から帰ってきたんです。
そんな我が家の妹は、昨日の静岡新聞夕刊でのプルシェンコの写真の酷さにご立腹でした。
もう、、、、すっごく変な写真なんですよ、なんなんだ、あれ、って感じです。
最近のフィギュアスケートの新聞の写真は、だいぶマシになったというか、
とても美しい写真が使われているというのに、
いやもー、めっちゃくちゃへんてこりんなプルシェンコさんになっていて、
あれで王者はないだろうと、はい、思ったでありますよ。

という話はともかく、明日の滑走順です。

現地時間2010年2月18日17時00分競技開始
日本時間プラス17時間

Men - Free Skating /男子シングル フリースケーティング
Starting Orde/滑走順r
StN. /Name/ Nation/ SP順位/ SPポイント
Warm-Up Group 1
1 VERNER Tomas CZE  19/ 65.32
2 BACCHINI Paolo ITA  20/ 64.42
3 PFEIFER Viktor AUT  23/ 60.88
4 CHIPEUR Vaughn CAN  24/ 57.22
5 KOVALEVSKI Anton UKR  21/ 63.81
6 SCHULTHEISS Adrian SWE  22/ 63.13
Warm-Up Group 2
7 LINDEMANN Stefan GER  17/ 68.50
8 BORODULIN Artem RUS  13/ 72.24
9 ABBOTT Jeremy USA  15/ 69.40
10 CONTESTI Samuel ITA  14/ 70.60
11 FERNANDEZ Javier ESP  16/ 68.69
12 JOUBERT Brian FRA  18/ 68.00
Warm-Up Group 3
13 KOZUKA Takahiko JPN  8/ 79.59
14 TEN Denis KAZ  10/ 76.24
15 van der PERREN Kevin BEL  12/ 72.90
16 AMODIO Florent FRA  11/ 75.35
17 CHAN Patrick CAN  7/ 81.12
18 BREZINA Michal CZE  9/ 78.80
Warm-Up Group 4
19 LYSACEK Evan USA  2/ 90.30
20 ODA Nobunari JPN  4/ 84.85
21 LAMBIEL Stephane SUI  5/ 84.63
22 TAKAHASHI Daisuke JPN  3/ 90.25
23 WEIR Johnny USA  6/ 82.10
24 PLUSHENKO Evgeni RUS  1/ 90.85
posted by おロシア人 at 20:05| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年バンクーバー五輪 男子シングルショートプログラム結果

ISUの公式リザルトサイト
バンクーバー五輪 公式サイト

Men - Short Program/男子シングルショートプログラム 結果
Result Details
Pl. / Name /Nation /TSS
= TES + PCS(SS/TR/PE/CH/IN)-Ded./滑走順
1 PLUSHENKO Evgeni RUS 90.85
51.10 39.75  8.20/ 6.80/ 8.65/ 7.85/ 8.25/ 0.00 #10
2 LYSACEK Evan USA 90.30
48.30 42.00 8.20/ 7.95/ 8.60/ 8.50/ 8.75/ 0.00 #28
3 TAKAHASHI Daisuke JPN 90.25
48.90 41.35 8.30/ 7.50/ 8.55/ 8.30/ 8.70/ 0.00 #17
4 ODA Nobunari JPN 84.85
46.00 38.85 8.00/ 7.15/ 8.00/ 7.80/ 7.90/ 0.00 #20
5 LAMBIEL Stephane SUI 84.63
41.48 43.15 8.50/ 8.20/ 8.65/ 8.65/ 9.15/ 0.00 #19
6 WEIR Johnny USA 82.10
42.90 39.20 7.90/ 7.45/ 7.90/ 7.80/ 8.15/ 0.00 #25
7 CHAN Patrick CAN 81.12
41.42 40.70 8.30/ 7.85/ 8.00/ 8.25/ 8.30/ 1.00 #24
8 KOZUKA Takahiko JPN 79.59
42.14 37.45 7.60/ 7.25/ 7.55/ 7.60/ 7.45/ 0.00 #22
9 BREZINA Michal CZE 78.80
42.50 36.30 7.35/ 7.00/ 7.35/ 7.30/ 7.30/ 0.00 #30
10 TEN Denis KAZ 76.24
41.24 35.00 7.20/ 6.55/ 7.10/ 6.90/ 7.25/ 0.00 #16
11 AMODIO Florent FRA 75.35
41.90 33.45 6.65/ 6.40/ 6.80/ 6.65/ 6.95/ 0.00 #4
12 van der PERREN Kevin BEL 72.90
39.20 33.70 6.95/ 6.35/ 6.95/ 6.60/ 6.85/ 0.00 #26
13 BORODULIN Artem RUS 72.24
39.94 32.30 6.50/ 5.95/ 6.70/ 6.55/ 6.60/ 0.00 #13
14 CONTESTI Samuel ITA 70.60
36.60 35.00 7.15/ 6.60/ 7.10/ 7.00/ 7.15/ 1.00 #23
15 ABBOTT Jeremy USA 69.40
30.70 38.70 7.90/ 7.75/ 7.30/ 7.85/ 7.90/ 0.00 #29
16 FERNANDEZ Javier ESP 68.69
37.64 31.05 6.25/ 5.85/ 6.30/ 6.15/ 6.50/ 0.00 #15
17 LINDEMANN Stefan GER 68.50
37.70 30.80 6.40/ 5.85/ 6.30/ 6.05/ 6.20/ 0.00 #14
18 JOUBERT Brian FRA 68.00
31.90 37.10 7.90/ 6.80/ 7.45/ 7.35/ 7.60/ 1.00 #21
19 VERNER Tomas CZE 65.32
30.02 36.30 7.50/ 7.05/ 7.20/ 7.30/ 7.25/ 1.00 #27
20 BACCHINI Paolo ITA 64.42
34.82 29.60 5.90/ 5.55/ 6.00/ 6.00/ 6.15/ 0.00 #11
21 KOVALEVSKI Anton UKR 63.81
36.66 27.15 5.60/ 4.90/ 5.60/ 5.40/ 5.65/ 0.00 #2
22 SCHULTHEISS Adrian SWE 63.13
32.78 30.35 6.25/ 5.85/ 6.25/ 6.00/ 6.00/ 0.00 #18
23 PFEIFER Viktor AUT 60.88
34.08 26.80 5.45/ 5.05/ 5.50/ 5.25/ 5.55/ 0.00 #5
24 CHIPEUR Vaughn CAN 57.22
30.22 27.00 5.80/ 5.05/ 5.35/ 5.40/ 5.40/ 0.00 #9
25 RI Song Chol PRK 56.60
33.40 23.20 5.15/ 4.15/ 4.80/ 4.60/ 4.50/ 0.00 #1
26 RAKIMGALIEV Abzal KAZ 55.88
32.48 23.40 5.05/ 4.45/ 4.80/ 4.50/ 4.60/ 0.00 #6
27 URBAS Gregor SLO 53.02
28.92 24.10 5.10/ 4.45/ 4.85/ 4.90/ 4.80/ 0.00 #3
28 DOMANSKI Przemyslaw POL 52.14
28.44 23.70 4.80/ 4.60/ 4.80/ 4.80/ 4.70/ 0.00 #7
29 KELEMEN Zoltan ROU 51.95
27.40 25.55 5.25/ 4.75/ 5.25/ 5.10/ 5.20/ 1.00 #12
30 NURMENKARI Ari-Pekka FIN 44.62
22.72 22.90 5.00/ 4.30/ 4.50/ 4.70/ 4.40/ 1.00 #8

TSS; Total Segment Score
TES; Technical Element Score
PCS; Program Component Score
SS /Skating Skills
TR /Transitions
PE /Performance/Execution
CH/ Choreography
IN /Interpretation
posted by おロシア人 at 19:28| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年バンクーバー五輪 アイスダンス コンパルソリー滑走順

アイスダンス・コンパルソリーの滑走順です。
御贔屓さんたちも、他の選手のみなさまも、良いスタートをきれることを祈ります。

現地時間 2010年2月19日16時45分〜競技開始
(日本時間はプラス17時間)

ISUの公式リザルトサイト
バンクーバー五輪 公式サイト
アイスダンス コンパルソリーダンス 滑走順/結果サイト

Ice Dance - Compulsory Dance /アイスダンス コンパルソリーダンス
Tango Romantica /単語ロマンチカ
Starting Order /滑走順
StN. Name Nation
Warm-Up Group 1
1 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca ITA
2 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas GBR
3 BEIER Christina / BEIER William GER
Warm-Up Group 2
4 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri RUS
5 ZADOROZHNIUK Anna / VERBILLO Sergei UKR
6 HUANG Xintong / ZHENG Xun CHN
7 REED Allison / JAPARIDZE Otar GEO
Warm-Up Group 3
8 HAJKOVA Kamila / VINCOUR David CZE
9 HOFFMANN Nora / ZAVOZIN Maxim HUN
10 REED Cathy / REED Chris JPN
11 SHTORK Irina / RAND Taavi EST
Warm-Up Group 4
12 DELOBEL Isabelle / SCHOENFELDER Olivier FRA
13 CRONE Vanessa / POIRIER Paul CAN
14 SAMUELSON Emily / BATES Evan USA
15 ZARETSKY Alexandra / ZARETSKY Roman ISR
Warm-Up Group 5
16 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian FRA
17 DAVIS Meryl / WHITE Charlie USA
18 DOMNINA Oksana / SHABALIN Maxim RUS
19 KHOKHLOVA Jana / NOVITSKI Sergei RUS
Warm-Up Group 6
20 BELBIN Tanith / AGOSTO Benjamin USA
21 FAIELLA Federica / SCALI Massimo ITA
22 KERR Sinead / KERR John GBR
23 VIRTUE Tessa / MOIR Scott CAN
posted by おロシア人 at 19:05| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

NHKさ〜ん(泣笑)

男子SPの生中継録画をただ今整理しおえたのですが、、、、


ふみーん、アントンもグレガも放映時間に入ってなかったし。。。
あれは過去の話なの?
「NHKはぜんぶやる」とか、五輪完全放送とか謳っていたではないですか、以前はよく!(オリジナルダンスの放映もないみたいだし、しくしくしく。。。。。
ODやらないなんて、信じられないよ。。。。。)

でもさ、きっと、この2人はともかく!フロー(アモディオ)はどこかで流すだろぅとたかをくくって、ニュースやいらない映像を消していったのですが、、、
う、映らない、、、、フロー!!!!!

夜のバンクーバー名場面集も、たぶん日本3選手とプルシェンコとエヴァンとステファン?ジョニーも映るかなあ。それとも日本人とプルシェンコだけとか?

というわけで、仕方ないので、フジテレビも予約録画することに。
たのむから、余分なリプレイはいらないから、フローを放映してくれぃ。
この子とデニス・テンとミハルは次の世代の大事なスター候補なんですから。
今放映しておかないと後悔するぜ!(って、ここで言ってもしかたないですが)

上位24組は映してほしいんですが、そこまで贅沢は言わない、でもさ、
ブライアンもジェレミーも上回ったこの男の子を映さないで、どうするよ!ああた、ねえ、そう思いませんか?

まあ、、、もし運がよかったとして、アントンが映っていたら、それはそれで嬉しいですが。(しかし、フジテレビがアントンを映すなど、まずありえないな)
アントンのSPは仕方ないから、YouTubeなどに頼るしかないですね。
そしてグレガは、、、グレガのおそらく最後の五輪であろう勇姿を観たかったんだけどもね。
(でもグレガはワールドには出るよね。もうここはJスポーツさんに頼るしかない。)
そう思うと、アントンはまだ若いからなー。

グレガにしろ、トマシュにしろ、ケヴィンにしろ、そして出ていないけれどもクリスにしろ、ずーーーーーーーっと一人でその国を引っ張ってきた選手を、
五輪のフリーでお姿拝みたいというのは、
スケートファンのひそかな願いだと思うのですよね。
今回グレガはフリーには進めなかったけれどもさ。。。。
長野ワールドに出ていた彼らと、そしてパン&トンのトンくん、
あの頃に比べて男の子たちはとっても大きく強く成長したけれども、
ただひとり、グレガだけは、あの頃とたいして体重変わっていないような、
いやむしろさらに細く細くなっちまったような気がするよ。


もうこうなったら、いまからワールドのグレガを録画する準備をしておかなくては!
posted by おロシア人 at 17:46| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年バンクーバー五輪 男子シングル ショートプログラム順位

ISUのリザルトはまだですが、五輪公式サイトに得点がでました。
こちらの公式サイトでは、リザルトのディティール、選手のバイオを見ることができます。

とても素晴らしい滑りだな、と思ったのは
エヴァン、大ちゃん、アルチョム、ジョニー、織田くん、小塚くん、ミハル。
特にアルチョムは会心の出来といっていいと思いますね、すっばらしかったですよ、PB更新です。

プルシェンコはさすがでしたね、でもやっぱり「もっとすごかった」という思いがどうしても、、、、
ランビエールはたぶんこれで火がつくと思うんです、きっとフリーは凄いことになるかと思います、彼ってそういう人だから。
それにしても、いい表情で気持ち良さそうに滑っていたなあ。いいなあ、ランビって。
デニスも良かったですが、シニア選手の続きで見てしまうと、どうしても可愛く観えてしまうからなあ。たぶん現地で観たらもっと引き込まれたと思う。
パトちゃんはこれで重圧から解き放たれたかもしれませんね。

えーと、ブライアンは、、、日本での試合だったらおそらくもっと気持ちよくね、いけたと思いますね(苦笑)
そしてトマシュは、「誰もが認める潜在能力」とコメントされ、
そしてそのとおり、潜在のまま終わってしまいました。。。。。
ジェレミーは、神演技の再現ならず。でも彼はこの後からの復活がすごいですから、明後日に期待したいと思います。

SP順位/滑走順/国籍/姓名/得点
1 10 Russian Federation PLUSHENKO Evgeni  90.85
2 28 United States LYSACEK Evan  90.30
3 17 Japan TAKAHASHI Daisuke  90.25
4 20 Japan ODA Nobunari  84.85
5 19 Switzerland LAMBIEL Stephane  84.63
6 25 United States WEIR Johnny  82.10
7 24 Canada CHAN Patrick  81.12
8 22 Japan KOZUKA Takahiko  79.59
9 30 Czech Republic BREZINA Michal  78.80
10 16 Kazakhstan TEN Denis  76.24
11 4 France AMODIO Florent  75.35
12 26 Belgium van der PERREN Kevin  72.90
13 13 Russian Federation BORODULIN Artem  72.24
14 23 Italy CONTESTI Samuel  70.60
15 29 United States ABBOTT Jeremy  69.40
16 15 Spain FERNANDEZ Javier  68.69
17 14 Germany LINDEMANN Stefan  68.50
18 21 France JOUBERT Brian  68.00
19 27 Czech Republic VERNER Tomas  65.32
20 11 Italy BACCHINI Paolo  64.42
21 2 Ukraine KOVALEVSKI Anton  63.81
22 18 Sweden SCHULTHEISS Adrian  63.13
23 5 Austria PFEIFER Viktor  60.88
24 9 Canada CHIPEUR Vaughn  57.22
25 1 DPR Korea RI Song Chol  56.60
26 6 Kazakhstan RAKIMGALIEV Abzal  55.88
27 3 Slovenia URBAS Gregor  53.02
28 7 Poland DOMANSKI Przemyslaw  52.14
29 12 Romania KELEMEN Zoltan  51.95
30 8 Finland NURMENKARI Ari-Pekka  44.62
posted by おロシア人 at 14:33| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手元の集計ですが、、、

SPの暫定順位です
エフゲニー・プルシェンコ 90.85 
エヴァン・ライサチェク 90.30
高橋大輔 90.25
織田信成 84.35
ステファン・ランビエール 84.63
ジョニー・ウィアー 82.10
パトリック・チャン 81.12
小塚崇彦 79.59
ミハル・ブレジナ 78.80
デニス・テン 76.24
フローラン・アモディオ
ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン 72.90
アルテョム・バラデュリン(ボロデュリン) 72.24
サミュエル・コンテスティ 70.60
ハヴィエル・フェルナンデス 68.69
シュテファン・リンデマン 68.50
ジェレミー・アボット 69.40
ブライアン・ジュベール 68.00
トマシュ・ベルネル 65.32
パオロ・バッキーニ 64.42
posted by おロシア人 at 14:03| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。