2010年02月01日

2010年2月1日更新記事

マールイですっかり他の事情に疎くなっていましたが、
四大陸のソンくんの活躍にちょっと嬉しくなりつつも、
ガオくんみたいに挫折を味わう前に成功しちゃうと心配、、、と思ったり。
そして、佐々木陽平くんがロイヤルバレエを1月23日に退団していたとたった今知りました。
これはかなり寂しいです。
仕方のないことかもしれませんが、でも、彼の端正で上品なところがとても好きだったので、とても寂しいです。。。。。


さてさて、本日の更新記事です!


・ダンサーアンケート・アントンプローム編アップしました!
  @日本語
  Aロシア語
      ダンサー・アンケート・トップページはこちら
・朝のつぶやき
Cもうすぐ静岡です
・・・帰りのバスの中での雑感
Dそういえば
・・・ふと思ったこと
E白鳥メモ@
・・・「白鳥の湖」開演前の出来事
くだらない?
いえいえ、これ、けっこうバレエ鑑賞では大事な時間なんですよー。
その日のキャストで一喜一憂ってのもね、これもバレエの醍醐味なのかしら。。。。
(「憂 」が続くとかなりへこむもんなんですよねー。
一昨年のアタクシの「憂」はかなり酷かったですもん。
行く行くとこ、スーシャもジーマもはずれっぱなし、
オーリャもけっこう観られなかったし、
コレゴワだけは当たりっぱなしのあの年です。
それもまあ、、、今となってはいい思い出です。)

・「兵庫のくるみ割り人形」関連
F兵庫のくるみのキャスト
・・・2010年1月30日「くるみ割り人形」兵庫公演のキャストです
G兵庫の感想 零(感想本編ではない)
・・・感想前の戯言です
posted by おロシア人 at 22:18| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マールイ 「くるみ割り人形」 兵庫公演 感想 零(本編前のプチ感想)

高速バスの旅 5:00に静岡を出て12:30くらいには大阪に予定通り着。

淀屋橋のホテルのチェックインが15:00だったため、
荷物だけ預けてすたこらさっさと西宮へ移動して、ちょっとどこかで休もう、、、、

と思っていたのですが、ついうっかり梅田阪急の地下のカード屋さん(ポストカードや、グリーティングカードキットを扱っているお店・ウフ♪)にフラフラと。。。。

いやー、ここでけっこう散財しましたが(ほぼマールイ行きなんだけども)、
時間もちゃっかり使いました。

よって、疲れはたいしていえぬまま西宮北口めがけてパイヂョームチェ!

昨年の兵庫公演は「白鳥の湖」のマチソワで、そのときもなんだかけっこう泣いた記憶があるのですが、(たしかツアー後半だったし)
今回の2連荘は正真正銘ラストの2回なので、観客としましても、なんというか、期するものがあるってもんデス!

まああまり力を入れずに、勝手な思い込みだって、ダンサーにしてみたら、
「そんなの知らない、カラスの勝手でしょー」といいますか、
長いバレエ人生の中のほんの一頁にすぎない、
そう、たとえアタクシごときイチバレエファンが強い思い入れがあろうとなかろうと、今日も明日も続くダンサー生活の中のごく一部なんですから、
それ以上でもそれ以下でもないのですから、、、、、、、


とかなんとか頭に言い聞かせながら(笑・うっとうしい女だよなー、ほんとに)
ホールに向かいました。


そうそう毎回畢生の名舞台があるわけではない、
と、頭ではわかっていつつも、
「素敵な舞台に出会いたい」と願ってしまうものなんですよね〜。
しかもマールイだと、どんな小さな舞台だろうと、辺鄙なところだろうと、
疲れていようと、踊りだしたらみんな全力でやってくれるというのがわかっているから、なおさら期待してしまうんです。

会場に着いて、ファン仲間さんたちとすぐ合流。

キャスト表を見る前に、会場入り口のポスターを見たところ、
「くるみ割り人形」と翌日の「白鳥の湖」が並べて貼ってあったのですが、

「くるみ割り人形」はなんと完売!

ひえー。びっくり。
どっちかというと、白鳥のほうが売り切れるかと思いましたが、
いやはや。
ペレン人気なのと、土曜日だから、ってのもあるかもしれませんねー。

ちなみに最後の一枚をゲットしたのは我々ファン仲間のお一人さんです。
よかったねー、ここまで来て買えなかったら切ないもんね!


「白鳥の湖」のポスターにはちゃんと「ボルチェンコ主演」と刷ってありましたが、
こういうふうにちゃんと名前を出してチケットを販売される立場にあるカーチャ、
やはり注目度は高いんですね〜。

ちょっと可哀想な気もするんですね。
去年ほどのアウェー感はなく、やや、溶け込んできてはいるし、
踊りの雰囲気も良くなってる、、、というか、
カーチャっぽさが薄れて弱くなってきているように思うのですが、
いかんせん、プリンシパルなのはいいけれども、
これまでのマールイのソリストのように、
「主役じゃない日はトロワや大きい白鳥や宝石やらに混じって」育てられているわけではないので、
彼女の固定ファンがつきにくい、そんな感じがするんですよね。

舞台に立つことで学ぶことってたくさんあると思います。
周りのダンサーから得ること、お客様の反応から得る何かも大きいでしょう?

なんとなくカーチャはあまりにもほったらかしのように見えます。
たぶん磨けばものすごく光るはずなのに、ちょーと勿体無いなあと思ってしまうんですよね。

(そしてそれはカシヤネンコも同じで、まあ彼については別に述べますが。)


まあそれはさておき、キャスト表を拝見。

とりあえず「トルマチョフのくるみ割り人形」にホ。。。。。
やはり最後はファーストキャストといいますか、
「この役はこの人で!」っていうのがありますでしょ!
くるみ=トルマチョフかクズネツォフが希望でしたし、
神奈川でトルマチョフが「兵庫ではくるみ割り人形役」だと言ってましたから、
ここは変えて欲しくなかったのですねえ。

うっひょい!

ドロッセルマイヤーはマックス。ここも嬉しい。やったね!

少し心配だったのはミーシャ。
和歌山での暴走もとい、怒涛(←????)のロットバルトのせいで廊下でバケツ持っていたらどうしよう、、、、、、、
いや、いくらなんでもさ、ミーシャを舞台に立たせないっつうことは無いと思いたいけれどもな、(なんだかんだで彼は「いつもいる人」になっているから)
でも今回はマジで「降ろされたらどうしよう(涙)」とハラハラしていました。

それくらいすごかったのよ、コンラッド×1000倍の悪魔さん。

和歌山の終演後の抜け殻のようになっちゃった彼と、
こちらも頭を殴られたような衝撃で、
もはや何をどう話したかも覚えていないくらいで、
あれで我々の会話は成り立っていたのかわかりませんが、
しかしながら、あまりにも凄く役に入れ込んでしまってフラフラしているダンサーに「明後日何を踊るの?」などと、とてもじゃないが聞けなかったのです。

そして、時間がたつにつれ、
ドウシヨウ、ドウシヨウ、ドウシヨウ!!!!!
と、心配が募るばかりなのでした。。。。


せめて花のワルツのカバリエでも、、、、
でもなあ、ヤフニュークは出ないはずだし
ニコライが踊ると言ってたし、プハチョフもオーリャと踊るし、
そうすっとなあ、、、、入る余地ないじゃんねぇ。。。。。。

ブツブツ。

マックスがドロッセルマイヤー、の時点で、
ネズミキングは(マラーホフさんじゃないから)ユルバリソフだ!

と もう、お通夜みたいな気分でおそるおそる花のワルツのキャストを確認。

(まず上を確かめて、真ん中飛ばして次に下を見るところが小心者・笑)

な、ない!
ミーシャのミの字もない!!!!
太陽ぅぅぅぅうっぅぅぅうぅぅぅぅぅぅぅ(←太陽が決定権を持っているはずだし)

そうしたら、お仲間さんたちの
「あれー、ミーシャはネズミキングだねえ」の声が。

天の助け!(←何の?)

よかった、お咎めなし!(←だから何の・笑)
そしておそらくこれで翌日のスペインはなしでハンガリーだろうと勝手に予測。
でないとわたしの命が危ないんデス!

あー、太陽ありがとう〜〜〜〜(←なんのこっちゃ・苦笑)


そして小心者のくせに楽天家でもあるので、
開演前に着席する頃には
「やっぱり、トルマチョフのくるみ割り人形がやっつけ甲斐があるのって、
ミーシャのネズミキングだよね〜なはははは〜」
と、ちゃっかり気分は浮上しましたです。

アンナさんはスペインを踊らないけれども、お客様で出てくれるし、
お客様の中にはツァルもサーシャもスヒフもマルティナもいるし、
マラーホフパパとセミヨノワママだし、
うふふふふ〜♪

と。
傍から見たら不審人物に写りかねない、ニヨニヨしておりました。。。

ね、わたしって、変な人なんです、はい。
posted by おロシア人 at 22:12| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年1月30日 マールイ 「くるみ割り人形」 兵庫公演キャスト

レニングラード国立バレエ
-ムソルグスキー記念ミハイロフスキー劇場‐
「くるみ割り人形」全2幕


2010年1月30日(土)15:00開演
兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

観た場所;2階右サイド席D20番台
ちょっと上手側に死角があるんですよねー、それでもまあまあ見えます。
ネズミキングが引き摺られるところが見えない(ふまれるところはかろうじて見える)
家庭教師のお芝居が見えない、という席です。

キャスト
マーシャ/イリーナ・ペレン
王子/マラト・シェミウノフ

ドロッセルマイヤー/マクシム・ポドショーノフ
くるみ割り人形/デニス・トルマチョフ

フリッツ/アンドレイ・ラプシャノフ
父/アレクセイ・マラーホフ
母/オリガ・セミヨノワ
ネズミの王様/ミハイル・ヴェンシコフ
コロンビーナ/マリア・ドミトリエンコ
ピエロ/パーヴェル・ヴィノグラードフ
スペイン人形/
  ナタリア・パルフョーノワ
  ニキータ・クリギン
中国の人形/
  ナタリア・クズメンコ
  アレクセイ・クズネツォフ
アラビアの人形/
  オリガ・セミヨノワ
  オリガ・ラヴリネンコ
  ズヴェズダナ・マルティナ
  エレナ・スヒフ
パストラル(葦笛の踊り)/
  アンナ・クリギナ
  ユリア・ティッカ
  アンドレイ・ラプシャノフ
トレパック(ロシアの人形)/
  マリナ・フィラトワ
  アンナ・スホワ
  ニコライ・アルジャエフ
  ドミトリー・クドリャフツェフ
花のワルツ/
  オリガ・ステパノワ ダリア・エリマコワ
  マリア・グルホワ ユリア・カミロワ
  アルチョム・プハチョフ ニコライ・コリパエフ
  アンドレイ・マスロボエフ デニス・モロゾフ

指揮/ミハイル・パブージン
管弦楽/レニングラード国立歌劇場管弦楽団
posted by おロシア人 at 20:36| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アントン・プローム編

アンケート今回のご紹介はアントン・プロームさんです。
(プロームさんには掲載の許可を得ています。)

去年いろいろありましたが(笑・あれほどバツの悪い思いは初めてでしたよー)
こうして無事にアンケートのご回答をいただきました。
ありがとうございます、アントン!

和歌山公演でアンケートをいただいたものの、アップするのがツアー後になってしまって申し訳ないです。
レパートリーの中のグラン・パ・クラシックとかも観てみたいし、
いわゆるノーブル系の王子もレパートリーには入っているので、
どんな感じなのか興味ありますね!
ではでは、どうぞです。


1 あなたのお名前、苗字、父称は?
「アントン・プローム」

2 なんと呼ばれていますか?(あだ名はありますか?)
「Варяг/ヴァリャーク、Солнечный Мальчик/ソンツィヌイ・マーリチク(サニーボーイ)」
注;Варяг/ヴァリャークはヴァリャーク人(日本だとヴァリャーグとも)、
つまりヴァイキング(ノルマン人、スカンジナヴィア人)という意味と、
「助っ人」「応援」という口語では臨時の手伝ってくれる人、の意味があります。
Солнечный Мальчикは文字通り太陽の子、明るい子、サニーボーイという意味です。
なんか、あだ名を教えてくれた人って、もしかして初めてかも?

3 お誕生日は?
「1983年3月25日」

4 ご出身は?
「ソビエト、レニングラート(サンクト‐ペテルブルク)」

5 ご家族は何人ですか?
「2人」

6 初来日はいつですか?
「1996年に」

7 日本は好きですか?
「はい」
・・・どこを見てみたいですか?
「毎回東京タワーに行ってます」
・・・何がいちばん印象に残っていますか?
「すごくたくさんあります」

8 ご旅行はすきですか?
「はい」
・・・次はどこへ旅行にいきたいですか?
「ヴェネツィアに」

9 どこでバレエをまなびましたか?
「アグリッピーナ・ヤコヴレワ・ワガノワ記念ロシアバレエアカデミー」

10 ご卒業は何年?
「2001年」

11 子供のころ好きだったバレリーナは?
「ラリッサ・レジニナ、ウリヤーナ・ラパトキナ(ロパートキナ)」
・・・また、バレエダンサーは?
「ミハイル・バリシニコフ、 ヴャチェスラフ・サモドゥーロフ」

12 では今尊敬しているのは誰ですか?
「同じです。」

13 踊っているときに心がけていることはありますか?信念、信条など。
「」

14 時間のあいたときは何をして過ごすのが好きですか?
「カーレース(ロードレース)」
どのくらいまで免許をもっているんでしょうか?

15 何か楽器は弾きますか?
「いいえ」

16 何かスポーツはおやりですか?
「フィギュアスケート、バレーボール、ペイントボール」

17 お気に入りは?
  食べ物
「ブリヌイ」
  飲み物
「コーヒー」
  ・・・・お酒は好きですか?ひょっとして強い?????
「はい」
  お花
「菊、薔薇」
  音楽
「ポップス、トランスミュージック」
  色
「青」
  動物
「ライオン」
  流行・ファッション
「―」
  スポーツ
「ウインタースポーツは全て!」
  
18 レパートリーは?
  白鳥の湖→「ジークフリート、パ・ド・トロワ」
  眠れる森の美女→「デジレ、青い鳥」
  海賊→「アリ、ランケデム」
  ジゼル→「農民のパ・ド・ドゥ」(注;ペザント・パ・ド・ドゥのこと)
  ライモンダ→「ジャン・ド・ブリエン」
  くるみ割り人形→「王子」
  バヤデルカ→「ザラトーイ・アイドル(黄金の仏像)」
  ドン・キホーテ→「バジル」
  ロメオとジュリエット→「ベンボーリオ」
  シェヘラザード→
  スパルタクス→「アレース」
  ラ・シルフィード→「ジェイムス」
  騎兵隊の休息→「ピョートル(注;フランス語のピエール)」
  チッポリーノ→「カボチャ」
  シンデレラ→「王子」
  ショピニアーナ(レ・シルフィード)→
  エスメラルダ→
  ラ・フィユ・マル・ガルデ→「コーラス」
  パキータ→
  その他→
「オーベールの音楽のパ・ド・ドゥ(グラン・パ・クラシック)」
「薔薇の精」
「アクティオン」(ダイアナとアクティオン)

19 日本のファンへのメッセージ
「いつもいろいろありがとうございます!
私の公演に来てくれていつも嬉しいです。
あなた方に喜んでいただけるように、これからも自分を鍛錬し続けますね!」
posted by おロシア人 at 18:56| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Антон Плоом

1 Как Ваше имя, фамилия и отчество?
Антон Плоом
2 Как Вас зобут?(прозвище или ласкательное имя)
Варяг ,Солнечный Мальчик
3 Когда у Вас день рождения?
25.03.1983
4 Откуда Вы родом?
г.Ленинград
(Санкт-Петербург) СССР

5 Сколько человек в Вашей семье?
2
6 Когда Вы приехали в Японии в первый раз?
в 1996г.
7 Вам нравится Япония? Нет или да ?
Да→Что бы Вы хотели посмотреть?
Да Каждый раз езжу на Tokyo Tower
Что Вам больше всего запомнилось?
Очене многое
8 Вы любите путествовать?
Да→Куда Вы хочете поехать в следующий раз?
Да
в Венецию
9 Где Вы учились?
Академи Русского Балета им.А.Я.Вагановой
10 В коком году Вы окончили?
2001
11 В детстве , кто Ваша любимая балелина?
Лариса Лежнина, Ульяна Лопаткина
А артисты балета?
Михаил Барышников, Вячеслав Самодуров
12 А сейчас кого Вы уважаете?
тех же
13 У Вас есть какие убеждение ,кагда Вы танцуете?
(Что Вы имеете в виду?)

14 Чем Вы любите заниматься в свободное время?
гонками на машине по городу
15 Играете ли Вы на каком-нибудь музыкальном инструменте?
нет
16 Вы занимаетесь спортом? Да→Каким?
фигурное катание, волейбол, пейнтбол


17 Какои □□□□□Вы нравится?
блюдо?
блины
напиток?
кофе

Вы пьёте? можете много выпить?????
да
цветок?
хризантемы, розы
музыка?
Pop , Trance
цвет?
синий
животное?
Лев
мода(фасон)?

спорта?
Зимние все!
18 Ваш репертуар?
Лебединое озеро 
Зигфрид, па-де-труа
Спящая красавица 
Дезире, Синяя птица
Корсар 
Али, Ланкедем
Жизель 
Крестьянское па-де-де
Раимонда 
Жан Де Бриен
Щелкунчик 
Принц
Баядерка 
Золотой Божок
Дон Кихот 
Бадиль
Ромео и Джульетта 
Бенволио
Шехеразада 

Спартак 
Арес
Сильфида 
Джеймс
Привал Кавалерии 
Пётр
Чиполино 
Тыквс
Золушка 
Принц
Шопениана 
)→
Эсмеральда 

La Fille Mar Gardee  
Колен
Пахита 

кроме того 
Па-де-де на музыку Обера,
Видение розы
Актеон


19 Напишите пожалуйста послание к Вашим поклонникам.

Спасибо за то , что вы есть!
Я всегда рад вас видеть на мойх спектаклях
и чтобы доставлять вам удовольствие в будущем,
буду продолжать совершенствоваться!
posted by おロシア人 at 18:45| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥メモ@

ヨタヨタと会場に入り、プレゼントを係にあずけ、
キャスト表を見て「これはやばい!」と咳こみ、
逃げようとしたけれども遅かった…。

「...... ( ̄□ ̄;)!!」 きゃーゴメンなさい!
全国のサーシャファンを敵に回した千秋楽スペイン…。

アタクシの予定ではここにモロゾフとカシヤネンコがきて、
怒りの矛先は彼らに向かうはずだったんだけども…。

白のセミヨノワに対して
黒はミーシャ
黒のノボショーロワさんに対して
白はカシヤネンコ



ビバ!ノンノン!



えーと、その、はい、ミーシャも卒業式にでられて、嬉しかったです、ゴメンなさい!
posted by おロシア人 at 10:09| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そういえば

関西でお世話になったマールイファンさんとお話ししていて気がついたのですが、
今更なんですが、
マールイの「くるみ割り人形」のくるみ割り人形の役って、
はるか昔は女の子が演じていましたよね。

そしてトレパックは不思議な人間馬車(雪橇?)だった気が。

約15年間洋菓子界にいたので、
その間のくるみシーズンは全く観られてないから、
たぶんその間に変わったのかなあ。
posted by おロシア人 at 08:33| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐ静岡デス

高速バスももうすぐ静岡に着きます。

長かったような短かったような
マールイことレニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)の日本公演、
今年は18回観ることができました。

昨季と同じ回数だと思いますが昨季は12月以外で18回だったから、
今季のほうがちょっとゆるやかかな?(←そんなことはないと妹が・笑)

ファンの皆さまもしばらくは心の隙間と闘わねばいけませんが、
こういうのを20年繰り返しているとですね、
ええ、そのうち慣れて………はこないです、寂しいのは同じデス!…………

でも!なんの慰めにもならないかもしれませんが、
まだ元気な旬のダンサーならば、
「また会えるかも」(←昨今は若くても油断ならないが!)
というちょっとした励みきらきらがありますから(←だからそれがマシだとかどうとかではなく、少しでもプラス思考じゃないと乗り切れないですからね…)

夏もほんの少し公演があるみたいです。
その夏が彼らにとって何月なのか確かめなかったアタシっておばかさん…。
「ルジマトフと」って…太陽殿下が言ってたのよねー。

それって6月のアレのことかいな?
「8月?」という問いにたいしての「ルジマトフと」だからやっぱり6月ですかね…。

短かすぎるよ!
posted by おロシア人 at 06:47| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。