2010年02月09日

もうすぐバンクーバー五輪!

バンクーバー五輪フィギュアスケートエントリー選手一覧

先ほどようやく五輪公式サイトの選手一覧を見ました。

まだユーロも全米も四大陸もきちんと映像を見ていないのですが、
いろいろ心配だった人たちが、それでもちゃんと公式サイトにお名前が載っていて、安心したり、
「そうよね、そうだよね、わかっていたけどやっぱりいないのよね」
という人たちもいたり。

そのわかっていたけれどもいない人たちというのは、
クリスだったり、ポイキヨちゃんだったり、怜奈ちゃん&ジョンだったり、ランド兄だったり、、、、。。。。って、ええええ?ランドの弟が、出るわけ???

ほわー。
ワールドは兄が出るのでしょうか。
そこらへんはよくわからないけれども、
国籍の違うパートナーと組んでいる選手のみなさん、本当に大変ですね、いろいろと。


そしてこちらもほわー、なのがリード組の妹のアリソンがグルジア代表なのねえ。(今更遅い!ですが)



シュテファン(リンデマンのほうね)、ギマゼトディノワ、ウルバシュ、カヴァレフスキー、そしてトマシュさんが出られるのはほんとに嬉しいのよ。
フリーに進んでくだされ、お願いね。
こう、グレガはなんつうか、こういう時はビシっと決めてくださるような安心感はあるものの、アントンがねえ。油断ならないのよ、彼の場合!

USAチームの写真はなんだかNASAの宇宙飛行士みたいですね。
そんでもってジョニーはアルマゲドンのときのウィリアム・フィシュナーみたいでちょっとびっくりした。
(わたしはウイリアムが好きなのよ!ああいうへんな役者さんがとっても好きなのよ!)


ランド兄たちがワールドに出られるといいですね。

やはりその国で一番成績のいい人が、大きな大会に派遣されないのは、なんだか切ないですから。

数年前のナオミ&ピーターとか、タニス&ベンとか、、、、、
今じゃアメリカのアイスダンスはよそからひっぱってこなくてもすごーく層が厚いかもしれないけれど、ほんのちょっと前までは違ってたんだよねえ。
というかその頃は女子シングルが強かったんでしたっけね。


心配していたイザベル&オリヴィエもブライアンもちゃんと名前があってよかったです。



そして、、、、、、最後に、、、、
ラングロワ&ヘイの五輪出場が心から喜ばしいワタクシなのでした。
ほーんと、間に合うかどうか、ずっと心配してたのよ!
posted by おロシア人 at 19:57| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。