2010年02月21日

男子シングル フリー雑感

エヴァン・ライサチェック
強かった!とにかく強かったよ!
おめでとう!
王者の貫禄がありましたね!
蛇衣装はなんですが(←ファンでもこれだけは言ってしまうぞ!・笑)
キャロル先生良かったね〜。

4回転回避については、それぞれの事情で「入れたくない」人は入れなくてよいと思うのですよ。
彼の場合、怪我の再発の危険性だったり、
彼の一番の強みと言える「抜群の安定感」を損ないかねない4回転なのだから、無理して入れなくてもいいではないですかね。
入れられるもんだったら、とっくに入れてるんだってば、ねえ(苦笑)

それはジェフリー・バトルが入れたくても入れられない、、、というよりは、
みなさん納得いかないだろうというのは、重々承知なんですよ。
ジェフの場合は、どうしても入れられない、だって出来ないんだもん、仕方ないじゃない(苦笑)、成功した回数の方が圧倒的に少ないのに、入れろったって、無理な話ですよ。
エヴァンは4回転を試合で本来ならば入れられる人だから、批判もあるのでしょう、だからこそ彼はそのほかの部分で完璧な滑りをしなければいけなかったわけで、そのためにものすごい努力を重ねてきたわけです。

そしてショートでもフリーでも圧倒的なパワーで、自分の出来ることをやりきったのだから、素晴らしいことだと思います。
とにかく強かったよね、エヴァン。
で、こういうガツンとしたパワーのある滑りをした人がほかにいないというのも、大きいと思います。
他の芸風の人はけっこういるんだけどもね、パワー系が少ないんですよね、今。

今パワー系でこれに対抗できるのは目茶苦茶調子の良い時の(特に日本で滑る時の)ブライアンぐらいでしょうが、そのブライアンはショートの冒頭のジャンプ失敗で早々に戦線離脱してしまいましたからね。


4回転を跳ぶ人が五輪王者になって欲しい、という気持ちはわたしにだってあります。
ただやはり、美しい、パワーのある、完璧な、すげー4回転じゃなかったら、
そして4回転以外も充実していなかったら、嫌なのよ。
4回転、コンビネーションも含む2回の3アクセル、そして5種類全ての3回転を決められる、、、、、それってジャンプの天才にしかできないことかもしれないけれどもさ、でも4回転ジャンプを跳ぶ王者っていうのは、そういうことだよね。

エフゲニー・プルシェンコ
せめて復帰がもう1年早ければ、あるいはもっと現在のトップ10ランキングの選手たちとの試合を多くこなしていたら、もう少し結果は違っていたかもしれません。
対策もそれなりに取れたと思います。

ただ、、、、彼の得点が思ったより低い最大の原因は、
ジャッジも観客も、「プルシェンコはもっと凄い」ということを覚えているから。
彼を見たことのない若い観客も、「プルシェンコはきっと凄まじいほどに強いんだろう」と思い込んでいたのではないでしょうか。

圧倒的なすごさで、憎たらしいほど強くて、金メダルを掻っ攫っていくに違いない、
現役の今の選手のファンである人は内心握りこぶしゲンコツグーの心境でありながらも、心のどこかで、表彰台の真ん中で不敵に微笑むプルシェンコを見てみたかったりもした、、、のではないでしょうか。

それが、引退前よりもさらにすごくなって帰ってきた雪ちゃん&ツァオとは違い、
明らかにやや衰えていましたね。

もちろん彼の4回転&3回転は素晴らしいと思います。
彼の復帰のおかげで、4回転にトライする選手が増えてくれたのはとても嬉しいもの。

プルシェンコは、どのプログラムも「プルシェンコ」でしかありえないタイプの選手です。
ヤグディンのように、何かのキャラクターを演じるタイプではないですから、
本当に「プルシェンコはすげー」という有無を言わさずまわりを薙ぎ倒す、
「この人にはかなわない・・・・・」という圧倒的な強さがないと、プルシェンコではあり得ないんです。
今回の五輪では、全てをねじ伏せてしまうようなジャンプも滑りも出来ていませんでしたね。
ソチも視野に入れている、という声も聞きます。
もしそうであるならば、またあの憎たらしいくらい強いプルシェンコを見たいものです。

でも、、、、その憎たらしいくらい強いプルシェンコって、どう考えても、
2001年の代々木のグランプリファイナルの頃のイメージなんですよね。
(だからソルトレーク五輪で転んだ時は心底びっくりしたのよね!)
その後はわたしはもう、「プルシェンコは何を滑ってもプルシェンコ」だから、
(もちろん強い選手としては尊敬していましたけども)
トリノのショートプログラムで久々に鳥肌モノの感動を覚えるまでは、
さほど彼には興味を感じていませんでした。

これから彼はどうなるんでしょうね。
「自国開催五輪のための使命感」に燃えているのであれば、いいことだとは思うけれども、
ほんとうに、単に枠取りのためだとか、義務感だけで続けるのであれば、
なんだか切ないよなー。
よくわかんないけれどもね。
ほんとは、心の中で「金メダルとれなかったぜ、コノヤロー!」と地団駄ふんでやけっぱちになっているのかもしれないし、「今に見ていろ!」と闘志を燃やしているのかもしれない。そうであったらいいのにな、、、と思います。


大ちゃんとジョニーと小塚くん
SPもフリーもほぼノーミスのジョニー(スピンはちょっとしくじった?)、
細かいミスや転倒のあった大ちゃんと小塚くん
この3人は実に素晴らしかったと思います。
素敵でした。
最高の夢舞台で、自分の出来ることを出しきれました。

これがフィギュアスケートなんですよ!

それは優勝したエヴァンも同じで、
本来、この競技の魅力というのは、
「あー、回転不足〜、あー、とりこぼしがあったー〜、あー、エッジエラーだ〜」
基礎点がどうのこうの、予定していた演技構成がどうのこうの、、、、
ということで論じられるものではなくて、
その日、その試合でどれだけのことが出来たか!ということに尽きると思います。

彼らに関しては、これ以上何かを述べるのは野暮、な気がします。
エヴァンと大ちゃんとジョニーと小塚くん、この4人に心から大きな拍手、大きな花束、大きなメダルとトロフィーを差し上げたいと思います。

ステファン・ランビエール
ショートプログラムは、、、、、ちょっと白状させていただけるならば、
「目茶苦茶格好良かった〜・フフフフフ・はぁと・えへ!」
でした。
わたしたち、こういうのを待っていたのよーーーーー!!!!!
というストレートラインステップとスピンでしたよねえ〜。
本当に素敵だったわ〜。
一番いいときのランビちゃんに近かったと思うし、
ジャンプのちっちゃなミスがあって、もしかしたら、彼のナルちゃん魂に火がついて、凄いフリーを魅せてくれるんじゃないかな、って期待しちゃったもの(苦笑)

そして、いろいろな他の選手のファンの方々も、彼がもし金メダルをとっても、
「ええ、おおせのとおりに」ってなかんじで、ひれ伏したのではないでしょうかね。
神演技、彼なら、許すでしょう?
これがエヴァンだとさ、きっとゲンコツグーになるんだろうけれどもさ、
そこがジェフやステファンのすごさなのよね。

でもまあ、フリーは精彩を欠くというか、、、、ええ、彼もまた、
ジャッジもファンも「ステファンはもっと凄い」というのを知っているもんだからね、
そして、ステファンもとろけるように気持ち良さそうな表情でうっとり滑っちゃっている時の「アチラガワのランビさん」ではなかったですからね、仕方ないですね。
これが日本だったらまた違っていたかもしれませんよ(笑)
ほんとに金メダルだったかもしれませんよ。

(フリーのワルツのリズムでのステップはため息ものの美しさでした。。。。)


織田信成
登場の時の蒼白な緊張した面持ちを見て、そして報道で靴紐のことを聞いていたので、演技中断は最初の方だと思っていたのですが、
あんなに後の方だったんですね。

織田くんは基本、乙女といいますか、少女マンガというか、
繊細な大人しい子だと思います。
五輪経験なしのまま、最終グループ入りしただけでも、相当ビビッていたと思いますが、神様はものすごい試練を彼に与えましたねえ。

これを次につなげろというのは、酷かもしれませんが、
彼はソチまでの4年間、もしくは東京での世界選手権以後、
大ちゃんにかわって日本男子を引っ張っていく要になるであろう人だから、
この経験を糧にさらに素晴らしい選手になってくれるであろうと、信じています。

あー、笑顔のチャップリン、見たかったですね!
カルガリーでの「セヴィリアの理髪師」を滑った時みたいに、
伸び伸びと演技する彼を、、、、また見たいです!


そのほかは、、、、
・ブライアンは怪我の回復が思わしくなかったのかしらね。
メダル候補のトリノ経験組が、ほぼショートでは力を出しきれたのに対して、彼だけがああいう結果になってしまい、見ているこちらも辛かったです。
彼こそ、メダルをあげたい人ナンバー1だったかもしれないもん。
スケートの神様は、どうしてこう、ブライアンには冷たいのかしらね。。。。。
4回転をばばばばばーん!!!!と決めてみせて欲しかったし、
「あれ?そのステップごまかされた?」というくらい、オレサマワールド全開で滑って欲しかった。
でも、これで、、、、もしかしたら、ブライアンは大ちゃんと一緒に東京ワールドまで現役続行かな?とか思ってしまいましたです。このままじゃ終われないよね!ブライアン?

・ジェレミー・アボット
ほんっとに、彼のことは大好きですが、
きっと五輪は緊張して自滅すると思っていました。
それに全米での神演技、、、、、、こんなのが、何度も続くわけがない、とも思っちゃった。それくらい、すごすぎた全米のジェレミー。
もしかしたら、もしかして、トリノの世界選手権は彼が金メダルを獲るかもしれませんね。
そんなに現実は甘くないと思いますが、そうであってくれたらちょっと嬉しいな。


・ケヴィン
またですかーーーーーー!!!!!


・アントン
あぅ。。。。
なんとなく、グレガに申し訳なくなってしまった。
グレガは一体なにをやらかして、フリー進出ならなかったのかねえ、
もしグレガがフリーに出ていたら、21位から24位まで順位を落とすことはなかったろうよ、、、、とか思っちゃったり。
頑張れアントン!ソチはふるさとからけっこう近いぞ!
(練習拠点のドイツからは遠いけれど)


・これからの子たち
フローもデニスもミハルも、そしてハヴィエルも末恐ろしい子たちですねえ。
今回の五輪に出ていない同世代の選手に比べて、
「1回五輪に出た」というのはすごく大きい経験ですよね。
ソチが楽しみです。

・アルチョム
フリーは細かいミスもありましたが、ショートは「会心の出来」でした。
彼からも「これがフィギュアスケートだ!」という喜びを得ることができます。
このまま順調に育ってほしいです。


・パトちゃん
うーん、うーん、パトちゃんはね、おそらく生で観たほうが魅力がひしひしと伝わる人だと思うのね。だから、細かいミスがあると、どうも気分がのれなくてねえ、
そんでもって、「そんなに得点出るんかい」とか思っちゃってねえ、はい、ごめんね。
いい時はものすっごくいいんだけどね、今回は「・・・・・・・」です。
このままの若いのに妙に大成した感じのする芸風で行くのなら、
何か有無をいわせない何か、、スケーティングそのもの以外でもうひとつ何か、武器がないと、トンビが油揚げ、、、じゃないけれども、ソチは大変だと思いますね、パトちゃん。ジャッジも「新鮮な喜び」に弱いから。



とりあえず今日はこのへんで。
posted by おロシア人 at 21:05| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年バンクーバー五輪 男子シングル総合順位

バンクーバー五輪男子シングル 総合順位

最終順位/姓名/国籍/総合ポイント/SP順位/FS順位
1LYSACEK Evan USA  エヴァン・ライサチェック アメリカ 257.67 2/1
2PLUSHENKO Evgeni RUS  エフゲニー・プルシェンコ ロシア 256.36 1/2
3TAKAHASHI Daisuke JPN 高橋大輔 日本 247.23 3/5
4LAMBIEL Stephane SUI ステファン・ランビエール スイス 246.72 5/3
5CHAN Patrick CAN パトリック・チャン カナダ 241.42 7/4
6WEIR Johnny USA ジョニー・エイアー アメリカ 238.87 6/6
7ODA Nobunari JPN 織田信成 日本 238.54 4/7
8KOZUKA Takahiko JPN 小塚崇彦 日本231.19 8/8
9ABBOTT Jeremy USA ジェレミー・アボット アメリカ 218.96 15/9
10BREZINA Michal CZE ミハル・ブレジナ チェコ 216.73 9/11
11TEN Denis KAZ デニス・テン カザフスタン 211.25 10/14
12AMODIO Florent FRA フローラン・アモディオ フランス 210.30 11/15
13BORODULIN Artem RUS アルチョム・バラデュリン ロシア 210.16 13/12
14FERNANDEZ Javier ESP ハヴィエル・フェルナンデス スペイン 206.68 16/10
15SCHULTHEISS Adrian SWE アドリアン・シュルタイス スウェーデン 200.44 22/13
16JOUBERT Brian FRA ブライアン・ジュベール フランス 200.22 18/16
17van der PERREN Kevin BEL ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン ベルギー 189.84 12/18
18CONTESTI Samuel ITA サミュエル・コンティスティ イタリア 187.50 14/19
19VERNER Tomas CZE トマシュ・ヴェルネル チェコ 184.74 19/17
20BACCHINI Paolo ITA パオロ・バッキーニ イタリア 177.21 20/22
21PFEIFER Viktor AUT ヴィクトール・ファイファー 175.93 23/20
22LINDEMANN Stefan GER シュテファン・リンデマン ドイツ 171.98 17/23
23CHIPEUR Vaughn CAN ヴォーン・チッパー カナダ 170.92 24/21
24KOVALEVSKI  Anton UKR アントン・カヴァレフスキー ウクライナ 165.90 21/24
25RI Song Chol PRK リー・ソン・チョル 北朝鮮 FNR25
26RAKIMGALIEV Abzal KAZ アブザル・ラkムガリエフ カザフスタン FNR26
27URBAS Gregor SLO グレゴール・ウルバジュ スロベニア FNR27
28DOMANSKI Przemyslaw POL プルゼムスラウ・ドゥマンスキー FNR28
29KELEMEN Zoltan ROU ゾルタン・ケレマン ルーマニア FNR29
30NURMENKARI Ari-Pekka FIN アリ・ペッカ・ヌルメンカリ フィンランドFNR30

FNR/Final not reached
posted by おロシア人 at 19:01| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年バンクーバー五輪 男子シングルフリースケーティング結果

ISU公式リザルトサイト
ISU公式リザルトサイト 男子シングルフリー結果
男子シングルショートプログラム ジャッジスコア
男子シングルフリープログラム ジャッジスコア
Men - Free Skating/男子シングル フリースケーティング
Result Details
Pl. Name Nation TSS
= TES + PCS(SS/ TR/ PE/ CH/ IN)- Ded.滑走順
1 LYSACEK Evan  USA  167.37
84.57 82.80  8.20/ 7.95/ 8.50/ 8.35/ 8.40/ 0.00 #19
2 PLUSHENKO Evgeni RUS 165.51
82.71 82.80 8.40/ 7.25/ 8.80/ 8.20/ 8.75/ 0.00 #24
3 LAMBIEL Stephane SUI 162.09
78.49 83.60 8.30/ 8.05/ 8.30/ 8.45/ 8.70/ 0.00 #21
4 CHAN Patrick CAN 160.30
79.30 82.00 8.35/ 7.95/ 8.20/ 8.25/ 8.25/ 1.00 #17
5 TAKAHASHI Daisuke JPN 156.98
73.48 84.50 8.55/ 8.15/ 8.50/ 8.40/ 8.65/ 1.00 #22
6 WEIR Johnny USA 156.77
79.67 77.10 7.70/ 7.45/ 7.80/ 7.75/ 7.85/ 0.00 #23
7 ODA Nobunari JPN 153.69
79.69 77.00 8.00/ 7.25/ 7.80/ 7.70/ 7.75/ 3.00 #20
8 KOZUKA Takahiko JPN 151.60
78.40 74.20 7.60/ 7.05/ 7.55/ 7.50/ 7.40/ 1.00 #13
9 ABBOTT Jeremy USA 149.56
71.56 79.00 7.90/ 7.80/ 7.80/ 7.95/ 8.05/ 1.00 #9
10 FERNANDEZ Javier ESP 137.99
68.19 70.80 6.90/ 6.45/ 7.30/ 7.15/ 7.60/ 1.00 #11
11 BREZINA Michal CZE 137.93
67.43 71.50 7.30/ 6.80/ 7.20/ 7.30/ 7.15/ 1.00 #18
12 BORODULIN Artem RUS 137.92
72.62 65.30 6.60/ 5.95/ 6.95/ 6.50/ 6.65/ 0.00 #8
13 SCHULTHEISS Adrian SWE 137.31
74.01 63.30 6.25/ 5.95/ 6.45/ 6.40/ 6.60/ 0.00 #6
14 TEN Denis KAZ 135.01
67.61 67.40 6.85/ 6.30/ 6.85/ 6.80/ 6.90/ 0.00 #14
15 AMODIO Florent FRA 134.95
63.25 71.70 7.30/ 6.85/ 7.15/ 7.20/ 7.35/ 0.00 #16
16 JOUBERT Brian FRA 132.22
59.12 74.10 7.80/ 6.75/ 7.40/ 7.55/ 7.55/ 1.00 #12
17 VERNER Tomas CZE 119.42
52.62 67.80 7.05/ 6.50/ 6.45/ 7.20/ 6.70/ 1.00 #1
18 van der PERREN Kevin BEL 116.94
54.04 62.90 6.55/ 5.90/ 6.20/ 6.35/ 6.45/ 0.00 #15
19 CONTESTI Samuel ITA 116.90
50.20 66.70 6.70/ 6.20/ 6.70/ 6.75/ 7.00/ 0.00 #10
20 PFEIFER Viktor AUT 115.05
61.25 54.80 5.60/ 5.00/ 5.50/ 5.55/ 5.75/ 1.00 #3
21 CHIPEUR Vaughn CAN 113.70
55.10 58.60 6.00/ 5.40/ 5.90/ 5.95/ 6.05/ 0.00 #4
22 BACCHINI Paolo ITA 112.79
55.19 57.60 5.95/ 5.20/ 5.95/ 5.75/ 5.95/ 0.00 #2
23 LINDEMANN Stefan GER 103.48
46.68 56.80 6.15/ 5.35/ 5.70/ 5.75/ 5.45/ 0.00 #7
24 KOVALEVSKI Anton UKR 102.09
49.99 55.10 5.70/ 5.30/ 5.45/ 5.60/ 5.50/ 3.00 #5


TSS ;Total Segment Score
TES ;Technical Element Score
PCS ;Program Component Score

SS/ Skating Skills
TR /Transitions
PE/ Performance/Execution
CH /Choreography
IN/ Interpretation
posted by おロシア人 at 18:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんで〜?

ようやく男子フリーの録画を全部見ました。フリーの日は休みをとるのが正解だと、ヒシヒシとわかりました泣き笑い

オリジナルダンスの放映がないのは、なんとなく理由は思い当たるものの(でも放映して欲しい!)、「なんで〜?」と納得いかないのはジョニーの得点の低さ(正確にはPCSの低さ)です。
うーん…ノーミスであれだけ素晴らしい滑りだったのにねぇなんでかなあ、不思議だわー。
でもキスクラのジョニーの態度は大人だったわね。
得点の低さで怒りのあまり、リタがファンから貰って被っていた冠を取って、キスクラを後にした、長野ワールドを少し思い出しましたが、ジョニーは終止微笑んでいて。横のガリーナ先生はかなりおっかない顔つきでしたね…。
posted by おロシア人 at 13:13| Comment(6) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。