2010年02月27日

ちょっと落ち着いたかな?

キム・ヨナはやはり強かったですね。

彼女の金メダルは妥当だと思いますし、

「絶対金メダルだ」とここ数年言われ続けてきて、

プレッシャーに負けることなく、ショートプログラムもフリーもノーミスだったのは彼女だけですから、
もちろん結果は結果として受け止めていますし、

それを「偉業」だとも思うし、並大抵の努力ではなかったこともわかっています。



でもね〜、こそっと白状するならば、、、あの得点は出しすぎだよね(苦笑)
フリーは仕方ない、でもショートの5点近い差はいったい?



結局、新採点になっても、以前の芸術点に相当するPCSだったり、
各項目へのGOEなりは、ジャッジの「好み」「主観」にゆだねられているわけなんだよな〜。。。。
と、ぼやいてみても仕方ない。

悔しかったら勝てっちゅうことよね、

でもあのジャッジの出す得点に誰がどう打ち勝てるというのか(苦笑)



とどのつまり、彼女はジャッジが求める究極の「こうあってほしいアジアンビューティ」そのものを体現していると思うのです。

そして彼女はそれに充分、充分以上に応えてきた訳で、

その努力を貶めるようなつもりは全くありません。

偉いと思いますよー、ほんと。



ただまあ、五輪シーズンに彼女を観たなら、きっと大感動の嵐だと思います。

で・す・が!

もうここ数年ずーーーーーっとあの芸風やスタイルを見続けてきて、

しかも「ジャッジはとにかく彼女にこういう得点を出したいのよね!」というのを観続けてきて、

(たとえば彼女が2つ3つミスをしても、優勝できてしまうとか。。。。

他の選手が戦意喪失するような得点をショートで出してしまうとか。。。。)

あとは普段この競技を真剣に取り上げているメディアとは違った分野の繰り出す頓珍漢な日韓戦がらみの報道やら、、、、



多少うんざり、辟易、疲れちゃった、、、、

正直他の女子選手と同じくらいなんですね、彼女のポジションってわたしの中では。
(ごめんなさい。でも彼女の才能は素晴らしいとわかっていますよ!)

とにかくこれでもう、こういう「なんともな〜、、、、ピンとこないな〜」という日々は終わると、、、終わるよね!終わることを祈るぜ!



真央ちゃんは、フリーノーミスでなかったのはさぞかし悔しいと思いますが、

完成形はトリノでの世界選手権を楽しみにしたいと思います。



いろいろ言われていたこの「鐘」のプログラムですが、

わたしはとても好きです。

鬼の形相みたいなのは、まるでシンクロの奥野史子さんの演じた

「夜叉の舞」のようで、こういう画期的かつ、荘厳かつ、五輪チャンピオンを視野に入れたにふさわしい作品を作ってくれたタチアナ・タラソワという人は凄いと改めて思いました。

たぶんこれは、、、ヨーロッパ受けする作品なんじゃないかなー、とは思いますけどもね。

芸術的で荘厳で、、、いいではないですか。

ほかの可憐なのとか、

キム・ユナ風だとか、

そういう芸風はたーーーーーくさんあるんです。

そっちはすごく群がってるから!

同じところではなく、こういう路線を選んだのもね、けして悪くないと思います。

これが五輪会場でノーミスだったら、ジャッジも新鮮な喜びに飢えていると思うので、バンバンバンと点を出していたかも、、、しれません。

それでも得点は(キム・ユナがミスしない限り)ひっくりかえらなかったと、、、

そういうのがスケートファンはわかっていつつ、観戦するのって、

本当に辛いここ数年でしたねえ。

以前の男子でも難しいステップから入るトリプルアクセルを盛り込んだプログラムも、

その後マイナーチェンジしつつも、最終的にはやり遂げた真央ちゃんなので、

五輪までにはこの「鐘」を仕上げてくるとは思っていましたが、

見事に期待にこたえてくれましたね!

ひとつだけ不満があるとすれば、、、、

ピアノ経験者からは圧倒的に評判の悪いオーケストラ編曲だったんですけども、(なぜあの素晴らしいピアノ原曲を使わないのさ!ってね)

あれ、全日本で生で観たときには、すっばらしく聴こえたんですよ。

さすがタラソワさん、、、と思ってしまいました。


わたしの修行が足らなかった?





五輪期間中に3回トリプルアクセルを成功させたことは歴史に残る快挙です。

ほんとうにその点は、ギネスブックものでえらかったなあと思います。

現行のルールでは3アクセル&2トゥループが、3ルッツ&3トゥループより低い技術点なのは、、、ルール上仕方ないのですが、

ほかに出来る人がいないのですから、そこは加点してほしかったですね。

今後3アクセルを跳べるシニア選手が出てくるのかどうか、

ジャッジはわかっているのでしょうか?(わかっていないはずはないでしょうけどもねー。)



みどりちゃんの頃でも3アクセルを跳べる人、

その後もジュニア選手やシニアでも数名3アクセルを跳べる人はいましたが、

シニアでやっている選手は一人だけです。

3回転&3回転も、規定廃止以降、ものすごーく増えるかと思ったら、

意外と3回転&3回転時代がくるのは遅かった。

(やっぱりみどりちゃん、クリスティ、ルーチェン、スルツカヤたちはすごかったのねー)

そこらへんのことを、、、もう少し評価してくれてもいいんじゃないかなーと思ったりしています。





あ、もう出勤しないと(笑)

コメント返信は夜にさせていただきます。

いつもコメントいただきありがとうございます。

返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
posted by おロシア人 at 10:09| Comment(10) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。