2010年02月28日

今日はエクシビション

今日はこれからエクシビションの放映(夕方からもありますが)なのですが、
ちょっとだけ観て出勤しなくちゃいけません。
残念!

女子フリーが終わって、長かったような短かったような、冬季五輪も終わりに近づいてきました。
最後の最後で、金メダル獲れるかな〜と思ったショートトラックの団体パシュートですが、銀メダル。
でも素晴らしい銀メダル!
選手の皆様お疲れさまでした!

明日は閉会式と総集編とスポーツ大陸で大ちゃんの特集があるから、
今日もどんどんDVDに落とさないと、HDDの容量が足りないです(苦笑)

今回の五輪はスキーはあまり観られず(いちおう録画はしてありますが)、
フィギュアとカーリング女子(ワンセットだったから・笑)中心の観戦でした。

五輪でのフィギュアスケートは、近年は、
プレッシャーのせいか「けっこうな自爆大会」であることが多かったですが、
今回の五輪は、自爆をトマシュとジュベールとコストナーが一手に引き受けた(涙涙涙)ほかは、ほぼみなさん実力を出し、実にハイレベルな試合になりました。
こういう五輪を観ることが出来たのは、ファンにとってとても幸せなことだと思います。

映像でしか観ることのできない往年の名選手のスケートだったり、
バレエだったり、ほかの芸術分野などにしてもそうですが、
「今の人もすごいけれどもね、昔の人はもっとすごかったのよ〜」
と親世代の人たちに言われ続けてきて、
そしてそれがほんとにその通りでもあるので、
「もうちょっと早く生まれたかったなあ〜」と思うこともしばしばです。
仕方ないことなのですが。

でも、おそらく。
何年も何年もたって、
このバンクーバー五輪のフィギュアスケートを思い返したときに、
このハイレベルの闘いをリアルタイムで追うことができたことを、
きっとわたしたちは「ふふふ!すごかったんだから!」ではないですが、
「なにそれ自慢?きー!悔しい〜!!!」と、後の世代の人にうらやましがらせることができちゃうんじゃないかな。
とても誇らしいことだと思います。


ここ数日の我が家のフィギュアブームでは、、、、
母は大ちゃんの絵を製作中。あの眼の光をどうやって出そうかと四苦八苦しています。今は大ちゃんに夢中らしいです。
大ちゃんに夢中のわりには、女子選手を応援していた日本男子の和む姿、
小塚くんと織田くんしか見つけられなかったり。

余談ですが今季の母はジョニーに始まり、
大ちゃんのフィンランディアのフィニッシュでのコケ映像にはまり、
小塚くんにはまり(冷蔵庫に小塚くんの新聞の切り抜きを貼る)、
織田くんのチャップリンにはまり(同上)、
悠子ちゃん&サーシャのユーロ優勝に沸き(同上)、
そして今は大ちゃんです。
新聞のお写真は油断していると母に切り取られてしまうことが多いのですが
(今日現在の新聞だからまだ他の人が読むだろうと遠慮していると、
いきなり切り取られていたりするんですよー)
今季はたくさん母にとられました。。。。

妹はトリノの映像を引っ張り出してきて、(というか私に引っ張り出させて)
「プルシェンコはこんなにすごいのに。。。
ブツブツ。。。。。
悔しかったら4回転&3回転跳んでみなさいよ。。。。」
と夜中にブツブツ、、、、
けっこう怖い(笑)
あと、大ちゃんを含めていろんな選手を分析しつつ、
「今のプログラムは詰まりすぎ!トリノのほうがみんなスピードがあった!」
と喚いています。
トリノのときも既に新採点でしたが、今ほどギチギチパンパンではなかったかもですね。



わたしは〜、仕事とDVD編集と転職活動に追われつつ、
なんとか五輪期間を無事に終われそうです。
天気や自然が大荒れですが、あと1日、無事に終わってほしいですね!
posted by おロシア人 at 09:34| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。