2010年04月16日

明日も寒そうですね。。。。

滅多に天気予報は見ないで野生のカンでのりきっている毎日なのですが

野生のカンも時として・・・・・いや。。。。。しょっちゅう外れるものでありまして
(カンの根拠はだいたい前日の犬の散歩のときの感覚に基づいています)

しかしながら昨日のエスメラルダにぺらぺらの格好で出かけたワタクシ、
ほんとに寒かったので、さすがに明日あさっての東京遠征(白鳥の湖)のために、
一応天気予報見てみました。


東京の明日の予報:最高気温11度。最低気温5度。


ロシア人にとっちゃあ、へでもないかもしれませんが、
(真冬にぺらぺらな格好をしていたオマールとか。。。)
もうここ数年静岡人になっちまったワタクシにとってはなかなか厳しい寒さです。
静岡より寒い土地で暮らしていたときはどうやって乗り切っていたんだろう、不思議だなあ。


11度というと、水泳部時代(今の太ったワタクシからは想像もつかないでしょうが、実は水泳部だったのですね。だから泳ぎは速さはともかく遠泳とか平気です。)
プールでの練習をやるかどうかの境目第一段階でした。

水温11度はけっこう冷たいのよねー。
もちろん屋外プールで練習していたのですが、
5月から10月まで泳いでいました、ええ、三重県で。。。。
5月も10月もお水はつめてーったらありゃしません。
11度きると、ほんとに死にそうでしたが、そして9度をきると、さすがに先生も「そろそろ陸上トレーニングだな」とプールは翌年までおさらばでした。

だから気温の11度って、そりゃあ10度以下のほうが寒いでしょうけども、
なんとなく11度という数字はワタクシにとって特別な感じです。


明日はそういうわけで、電車はやめてバスを予約しちゃいました。
昨夜あれほど恐ろしい目にあったくせに(苦笑)

でもバスは目的地まで乗り換えないですからね。
電車はですねえ、静岡からだといったん熱海で乗り換えなんですよー、
そして、熱海は静岡より寒いし、なにより電車は駅ごとに扉が開いて寒いじゃん


新幹線に乗ろうという考えは却下


新幹線は昨日お花を運ぶためだけに仕方なく乗ったのですよねえ。
まあ苦労して運んだ甲斐あって、お花も天寿をまっとうしましたですよ。。。
花の命は短いのさ。

まあそんなことはさておき、寒さに負けて明日はバスでお出かけいたします。
スケート会場の寒さには耐えられても、電車の寒さには耐えられんのです。


なんだかんだ言ってこれでダンチェンコはしばらく観れないんだねえ。
(あー、光藍社さん、ゴーシャとレドフスカヤよんでくださいよぅ。)

ロシア文化フェスティバルからのご案内で、キャストもわからぬうちにチケットを購入し、
待ちわびた最初のキャスト発表では上手い具合にクラピーヴィナ&スミレフスキーの日がどんぴしゃ良いお席だったのが、
あれよこれよといううちに、、、、玉突き変更で、、、、(泣笑)
まあそのおかげで休みをとらなくても昨日の「エスメラルダ」がレドフスカヤ&スミレフスキーになったのだから、文句は言えません。(2階席だったけども)

そういうわけで、明日は本命さんの舞台は2階席。
夜と明後日は1階のワタクシ的には観やすいと思っているあたり。

でも昨日の感じだとオーチャードの2階は1階の観にくい座席よりはけっこういい感じだたので、明日も観やすいことを祈ります。


ダンチェンコのダンサーは思ったより小柄だと判明。
セメニャチェンコがカーチャに観えたのは勘違いで、平均身長がさほど高くないんだなあと。
そんな決してみなさんロシア基準では大きいほうでではないのですが、
その中ですらひときわ小柄なレドフスカヤが、あれほどの舞台での存在感をかもし出すのですから、彼女のパワーにはひれ伏すばかりです。

レドフスカヤをドンキや白鳥の湖で観られないのは今回残念でしたが、
「エスメラルダ」をもってきてくれたことは、劇場側に心から感謝を申し上げたいです。
圧巻でしたから、レドフスカヤ。
posted by おロシア人 at 17:42| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡着

もうすぐ静岡駅に夜行バスが着きます。
そのまま仕事〜泣き笑い
昨晩の「エスメラルダ」は大変素晴らしい舞台で、無理して見に行った甲斐ありました!
舞台以外で強烈な出来事もあり泣き笑いましたが、それすら吹き飛ぶような事件に遭遇。
夜行バスでですね…
・乗車前にほかの夜行バスでクレーマーと化した乗客とバス関係者の間のバトルがあり(……勘弁してくれ)、
・さらに乗車したバスでもお客同士の大喧嘩あり(…ここは勘弁してくれよりも恐怖感強し…)、


かなり夜行バスがこわくなった一晩でした。
みんな穏やかにしようよ。。。一応公共の乗り物なんだからさ。。。
おかげで舞台の後に経験したプチショックが、ほんとに笑い話に思えるくらいで、無事に帰れて良かったです。
土日の往復をどうしましょ、、、それでもバスかなあ…うーん、悩みどころだわ。
これから5時20分くらいまでゆっくりコーヒータイムして、お仕事して、土日の往復考えます。

レドフスカヤ万歳!
キリーロフもさすがでした。
ゴーシャも良かったよ。(役柄は酷かったけども泣き笑い)
posted by おロシア人 at 04:27| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。