2010年04月17日

2010年4月17日更新記事

@思ったよりは寒くない
・・・道中のつぶやき
A「白鳥の湖」1日目終了
・・・ダンチェンコの白鳥の湖 マチネ&ソワレ 雑感(ティンパニコンチェルト編←???)
Bまゆりさんスパシーバ!!!
・・・尊敬するクリエイターさんです!
C今日の雑感
・・・17日の所感その@
D今日の裏雑感
・・・雑感そのA
posted by おロシア人 at 23:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の裏雑感

今日はたぶん都ちゃんのコヴェントガーデンでの引退公演第1弾の日だったはず(時差があるから日本では18日ですか)。
なんだか寂しい気持ち。


そして楽しんでる最中の白鳥の湖だけども、本命さん(ゴーシャ)の舞台はもう終わってしまいました…涙ぽろりあーあ、楽しみはすぐ終わってしまうのね。
次はいつ観られるのかなあ。
posted by おロシア人 at 23:46| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の雑感

忘れないうちにメモメモ

@ミラーでシンクロ仲良しコンビ(ダンチェンコにおける、マールイのミリツェワ&コシェレワの男性バージョン?)であるクジミン(ぽわっとした子)&ハムジン(偽マトヴィ、角度によってはマスロボエフ)はソワレはお休みだった。
→明日は出るのか?????ラストにもう1回この2人で見ておきたいなあ。
でもソワレの2人はけっこう好みのタイプでもあったりして。

Aギマゼトディノワ(フィギュアスケート選手)姐さんに似た、ベラヴィナさん、
マチネはマズルカ、ソワレはスペインだった。
→明日はどっち?キャラ的にはスペインなんだが、マズルカでの「ロットバルトとの打ち合わせ演技」も面白かっただけに両方とも捨てがたい!

Bマチネのオデット/オディール役のマーシャ、ソワレではアダジオ役でキャスティングされながらも結局降板。
→明日はアダジオ踊るのだろうか、それはちょっと観てみたい。
プーホフとの組み合わせに興味あり。

Cソーモワちゃんの3幕後のカーテンコールはご機嫌が悪かったのか、
チュージンがなにかしでかしたのか(そうは見えなかったけども)
それともオディール演技の続きでああなのか?
→明日のプーホフとの組み合わせ同じだったら、あれはオディールの演技、、、なんだろうなあ。どうなんだろうか?

D道化はどっち?
→キャラ的には昼間のデニスなんだけども、
ダンサーとしての力量はソワレのムラヴィネツのほうが断然上で、
でも彼は、、、、全然道化が似合っておらず、実際は王子キャラなのよね。
(ああ、身長が、、、、)

Eどうしてもロミオにしか見えないチュージン
→明日のプーホフは?
プーホフはワルプルギスで気に入ったのですが、
果たして彼の王子はどうなのか、興味深深!

F指揮者&ティンパニはまたやらかしてくれるのか?
→期待してるアタシって。。。。
posted by おロシア人 at 23:45| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まゆりさんスパシーバ!!!

またまた、どんどん書かなくちゃいけない感想を後回しにしちゃっていますが、、、


今日は素敵なメロディメーカーさんをご紹介したいと思います。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、、、、
その方は「まゆり」さんです。→http://j-ken.com/creator/64995/

携帯からだと直接ジャンプできないですが、
J研、まゆり、着メロ、などで検索かけるとヒットすると思います。

J研の着メロサイトのクリエーターさんですが、
オルゴールで奏でられる着メロをぜひ皆様にお聴きしていただきたくて、
わがまま言って、まゆりさんに「ブログで紹介させてください」とお願いしちゃいました!



いつもはこっそり自分で楽しんでいるのですが、
このほどすっばらしい新作を作ってくださり、
「うっひょ〜!!!!」と感激大興奮!!!!



わたし、着メロは普段使わないんですよね。
なぜなら年がら年中携帯はマナーモードだから。

アラーム音も10個まで登録できて、すべてまゆりさんの作品を登録してあるのですが、なにしろマナーモードだったり、携帯のアラームは使っていなかったりするので、パソコン開いたときに、まゆりさんのページで癒されたり、
旅先のホテルで時々サウンドを楽しんだりしているんですよ。

そんな中、先日のガラで「ワルプルギスの夜」を観て、
「ううううううう!ワルプルギス〜〜〜〜〜〜!!!!」
「たしかまゆりさんの作品にあったはず!」と久々まゆりさんのページにお邪魔いたしましたらば!!!





そこになんと「女の闘い」の音楽が!!!

注:「バヤデルカ」の中のザムザッティとニキヤの対決場面の音楽のことです。





く〜〜〜〜〜、よくぞ作ってくれました!この音楽!
もう、頭の中はシェスタコワとペレン、もしくはサニーがぐるぐるぐるぐる。。。。


オルゴールで着メロを作っていらっしゃるクリエーターさんはたくさんいますが、
これだけバレエ音楽(しかもかなりマニアックな・笑)への愛と、
オルゴール単音に拘っておられるクリエイターさんは彼女が一番かと思っています。

っていうか、たぶん、音楽の好みがどんぴしゃ、なんだと思います。

というわけで、ただいま私の携帯の着メロは「ワルプルギスの夜」と「女の闘い」です。(あ、メールは「白鳥の湖」だったかな?)
posted by おロシア人 at 23:29| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「白鳥の湖」1日目終了

ダンチェンコ(スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエ)の来日公演の最後を飾る「白鳥の湖」3公演の第1日目、マチネ&ソワレを観てまいりました。

と〜っても面白かったです!
やはりブルメイステル版のこのドラマ性は秀逸というか、とてもよくできていますよね。

マッツ・エック版やマシュー・ボーン版のように、ものすごくかけ離れたバージョンはさておき、
だいたいの演出・振付が「プティパ=イワノフ版にもとづく」ものであるのに対し、
ブルメイステル版は湖畔の場のイワノフが作ったものを残した以外は、
ほぼブルメイステルのオリジナルなのがまずすごいことですし、
それを初演したバレエ団が、世界に誇れるレパートリーとして、
「自分たちの作品」と自信と誇りをもって踊り続けていることは、
彼らにとって本当に幸せなことだと思います。

今日の感想を書く前に、本日の裏MVPに大きな拍手を!

大活躍したのは、ダンサーや裏方さんはもちろんですが、忘れちゃならないオーケストラの方々。
中でも特筆すべきは指揮者&ティンパニ奏者の「踊りっぷり」&「怒涛っぷり」(笑)

ほかのオケの方々(ハープさんもすごかった)も、おおむね踊っている奏者さんたちでしたが、この2人には負けるだろー。

特にお2人さん、マチネでの爆裂っぷりが素晴らしく、これ、ティンパニ協奏曲でしたっけ?と思うくらいのど迫力でした。
血管切れて倒れちゃったらどうしよう、とハラハラしながら見守ってしまったよ。
あんまりこの2人が素敵すぎて、目が離せず困りました。

いやー、楽しかった(←え?)


実際2人とも暴走しすぎたのか、それとも指導が入ったのか、
ソワレは若干おとなしめでしたが、そのソワレでも終幕のクライマックスでは
「ティンパニ&シンバル・コンチェルト」になっていました。
ご一緒にバレエを観た友人のみなさまも、座った席は1階、2階左右、3階とばっらばらだったにもかかわらず、だいたい同じような感想を抱いたので、
音がホールの上に上がってくるものだということと、
1階前方は音があまり響かないことを差し引いても、
指揮者とティンパニは怒涛でしたよ、と(←・・・・・・・・。)
マチネのときなんて、指揮者は終幕おわって、カーテンコールに備えてオケピットをいったん出て行ったのですが、
興奮のあまりタクトを忘れてしまったらしく、
あとであわててとりに戻ってきていました。


ああいう音響のオーチャードでこれだけ爆裂してくれると、
こちらとしてはうっひょい!嬉しいもんです。
金管はちょっと負けていたかもしれませんし、中には「ティンパニうるせー」と思った人もあるかもしれませんが、
これぞロシアのオケだよなーと、とても楽しくなりました。

もう一人の指揮者さんもそうですが、
ほんとにダンサーによく合わせているというか、一緒に踊ってくれていて、
時々「金管弱いなー」というときもありましたが、
やはり同じ劇場のオーケストラ&指揮者が帯同してくれるのって、
いいもんだよなと思います。ありがとね、みなさん、来てくれて!
(欲を言えば弦のプルトがもう2組くらいほしかったですねえ)
posted by おロシア人 at 22:50| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思ったよりは寒くない

それでも寒い東京に着きました。
行きのバスでは前職場でよくお顔を拝見していた方が偶然ご一緒で、なんだか嬉しいのと懐かしいのとでよい気分。

バスは怖いことは何もなく(うっしっし)普通に爆睡していました。
雨このまま上がるといいですね〜。
そして妹には
スターズオンアイスに行かないのに驚かれる始末……。
いや、ダンチェンコを買った時点では、スターズが日本にこの時期来る予定はなかったんだもん!

同じくロイヤルのロミジュリとドリームオンアイスが重なっていて、ロイヤルは獲得済みですが、問題はDOI。
どうやってチケット取ろうか悩みどころ。
ただでさえ激戦区なのにね。(DOIはチケット取れた日で見に行こうと思ってたのですが、こうなったら頑張るしかないですね)
posted by おロシア人 at 09:58| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。