2010年05月17日

観たい映画

ちっとも静岡での上映予定が出てこないうちに、あと1週間で封切りの「処刑人2」
(沼津では7月公開予定)
関東方面には5月下旬にも、6月下旬にも出向くから、そっちで観るという手段はあるのですが、映画は映画で1日とりたいかなあと。
やはりバレエやスケートの日に、半分映画で半分舞台(若しくはリンク)、というのはちょっと情熱の持っていきように困ってしまうのですね。。。。
バレエやスケートの前日夜に関東入りして処刑人を観るべきかしら、悩むなあ。

10年ぶりの続編に対しては、期待半分、あの面白さを超えられないだろうという諦め半分、そんな感じで映画公開を待っています。

しかしあれから10年たってしまったのね(笑)
ショーンも老けたけど、自分も年とったわけだよなあと実感しております。

処刑人は映画館で観て気に入って、珍しくDVDも発売前に予約なんかしちゃっていたのですが、長くこのDVDは廃盤だったそうな。(あれだけ日本でヒットしたのに廃盤だったとは不思議ですが、廃盤だったからこそ、口コミで人気が広まったのかもしれませんね。)
2公開にあわせて、旧作のDVDも再発売。

もうじき結婚して家を出て行く弟にプレゼントでもしようかと画策中。
だいたいひろりんとは映画の趣味は合うほうなのですが、
「ドグマ」と「従兄弟のビニー」とこの「処刑人」は気に入ってくれたものの、
「キン・ザ・ザ」と「ギャラクシー・クエスト」はそんなに好きじゃないっぽいです。
SFが駄目かと言うと、そうでもなく、「コンタクト」と「スターゲイト」はお気に入りだったりします。



静岡で観られる映画で今楽しみにしているのは
「オーケストラ!」
「ルド&クルシ」
「大雷蔵祭」
「モリエール」などなどなど。


早朝勤務がだいたい基本なのですが、夜勤が入ると3時起きでは身が持たないので、遅く起きるためになんとか前日の夜に夜更かしをしようと頑張るしかないのです。
でも勉強するとか、読書するとかだと、いつの間にか寝てしまうので、
「フィルムをスキャンしながら好きなDVDを観る!」これが一番起きていられると判明。
(フィルムをスキャンするのは一度に6コマしかできないので、いちいち交換するために動くからうっかり寝てしまうことを防げます・笑)
でも感動的な映画だったり、哀しい映画だと、涙涙で翌日の仕事に差し障りがあるので、『面白いモノを観る』に限ります。
(この前、ついうっかり、これぐらいの静かな感動昨なら大丈夫だろうなどとたかをくくって「ビヨンド・サイレンス」を観てしまい、お母さんがブラシで歌を歌う場面で大泣きしてしまい、まずった。。。)
あとはどんなに優れた映画黄金期の作品で大好きなものも避けています。
だって、、、、長いからさ!基本的に3時間近いし(笑)


そうすると最近(といってもここ15年以内?)観たものに限られてくるわけで、
それは「黒猫白猫」とか、「少林サッカー」とか、「従兄弟のビニー」、
「隣人は静かに笑う」(あまりのおっかなさにうっかり寝られない!)、
「処刑人」「スターゲイト」「ハムナプトラ」「ドグマ」「ギャラクシークエスト」などになってくるわけですね。

あー、でも、「従兄弟のビニー」は今観ても、ほんとに面白い!
ラルフ・マッチオの思わぬ出演も嬉しかったりするのでした。
中学・高校時代はラルフ・マッチオとケビン・ベーコンとエミリオ・エステベスとメア・ウィニンガムとマイケル・J・フォックスとフィービー・ケイツが大好きでした。
そういや、カラテキッドの新作もあるとかないとか、、、リメイクや続編ばかりのアメリカ映画界はどうしたものかとも思いますけども。。。。
posted by おロシア人 at 23:38| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。