2010年06月30日

吉田都&スティーブン・マックレーの「ロミオとジュリエット」感想@

2010年英国ロイヤル・バレエ団の来日公演。
「リーズの結婚」「うたかたの恋」はあきらめざるを得ませんでしたが、
とても幸運なことに、27日、29日両日の「ロミオとジュリエット」を観ることができました。(チケットをとってくださったお友達に改めて感謝いたします!)

29日は東京での楽日だというのと、そして「ロイヤルバレエ団員としての最後の吉田都の舞台」というのもあって、招待客も顔ぶれも多彩でしたが、中には浅田舞ちゃん&真央ちゃん姉妹もいましたね〜。

両日ともNHKのテレビが入っていました。
スタジオ収録のバレエではない生のバレエだから、リテイクはできないわけで、2日間撮影してミスったところはいい方を使うんだろうけれども、マキューシオはどっちを使うのかなあ(苦笑)。
破綻がなかったのは、29日のほうだったと思うのですが、
「!!!!!!だ、大丈夫なのか????」とハラハラ思った27日のほうが、なんだかマキューシオとしての生きの良さはあったような気がしなくもないです。
それから、都ちゃん、29日には1箇所だけ珍しくパが流れたというか、ポワントが滑ったようなところがあって、
それは常日頃完璧な彼女しか観たことが無い私には、初めてみたミス(と言えるようなミスではなかったですが)だったので、ああこういうこともあるんだと、これもまた忘れられない思い出だなあと思ったのでした。
でもたぶん、それはテレビではやらないんだろうなあ。

なにはともあれ、NHKで秋ごろに芸術劇場で放映されるそうなので、
チケットが手に入らなかった人も、
用事で観にいけなかった人も、
そして舞台を観ることができた人も、
みんな、秋が待ち遠しいことでしょうね!
我が家でも、母と妹が楽しみに待っています。


27日は上手側・Rの6列目、29日は下手側・Lの5列目。
最初の日はオペラグラスはあえて使わず、、、というのは嘘です、
オペラグラスは前日のドリーム・オン・アイスで妹達に貸してそのまんまで、
持ってなかっただけです、
はい、そんなわけで、最初の日はオペラグラスなしで観ていました。
オペラグラスなしでもばっちり観やすい席だったですし、舞台全体を観ることができてよかったです。
29日は、、、、ほんとに最後だから、細部重視でオペグラ必須!でした。

最初の日は最後の場面のポーズのところはロミオはあまり観えず、ジュリエットも下半身しか観えないという、、、、、それ以外はほとんど見切れることはなかったです。
29日は、反対側だったので、もちろん最後のポーズはしっかり観ることが出来ました。見切れたのは、ジュリエットママがジュリエットの部屋でお祈りしているところかな?祭壇がちょっと死角になっていたくらいです。



マックレーを観るのは2007年10月「真夏の夜の夢」のオベロン以来。
あの時はなにしろ「オベロン」だからお顔もそれなりにメイクしていたし、
好印象を抱いたものの、「まずまず」という印象だったのですね。
それより、カーテンコールのダウエルの嬉しそうな顔のほうが印象的で・笑。
そりゃあ、、、自分で踊ったほうがどんだけ楽でしょうかね、ダウエルにとって。
それで。。。。。2008年のロイヤルの来日ツアーにマックレーは不参加だったのかな?たしか。その後生で接する機会がなかったのですが、
今回のロミオでようやくナチュラルメイクの生身の人間役の彼を観たのですが、
それがどんぴしゃ、とても素晴らしいダンサーで、舞台を観ていてついつい笑顔になってしまいました。
背はそんなに高くはないかもですが、スタイルはいいですし、踊りがとても美しかったです。動きがいちいち端正で丁寧な身のこなしでうっとり。
これでキッラキラの超美形だったら、まるでブルース・サンソムタイプだったかもしれません。
でも、マックレーは、そりゃ、もちろん整ったお顔ではあるんですが、
どちらかというと甘いマスクというか、可愛いというか(笑)。
ワトソンのようなロミオも王子も踊れば、ルドルフ皇子も踊るタイプ、ではなく、
フェデリコみたいなタイプなのかなあ。
それともそのうちルドルフも踊るようになるんだろうか?デ・グリューなんかは似合いそうだけどもなあ。ルドルフというのは、テクニックと演技力のみならず、そのう、なんというか、「ちょっと棺桶に片足つっこんでる」「アチラガワの住人」ぐらいの危さが必要ですから、そこらへんの「翳り」のようなものを今のマックレーに求めるのはおかしいし。だってローザンヌのタップとオベロンとロミオを観ただけでそんなのわかりっこないじゃない。(しかもローザンヌの時はほんっっっっっっっとに可愛いかったし)

しかし彼だっていつまでもかわいい男の子ではなく、今じゃロイヤルのプリンシパル。都ちゃんが怪我の後遺症のこともあり、今ではパートナーはだいぶ限られてきている中で、「彼となら安心して踊れる」と言うだけあって、実にサポートやリフトが上手でした。
マクミランの振付、ことにパ・ド・ドゥに関しては「鬼のようなリフト」といわれることも多いのですが、本来それはバレエ作品を語る上での表現の一つであり、別に
「あーんなリフトやこーんなリフトがもんのすごいんだわー!」というアクロバティック面に心奪われるとか、
「男性が大変そうだった」などとハラハラ観るためのものではなく、
その美しいムーヴメントやポージングに感動するためのものなんですよね。

ロミオとジュリエットが踊る場面、とても美しかったです。
甘く幸せな踊りの場面も、切ない場面も、
どこのどの場面でも、
「さあ次はこういうステップで、こういう振りで、、、」「さあ踊るわよ」という作為めいたものはなにもなく、全てが自然でスムーズでエレガントでした。

マックレーは決して背が高いほうではないので、体格のいいポルーニンやマロニーと混じると、ともすれば埋もれてしまいかねないのに、
3人一緒に踊るところ、やはり彼に目が行ってしまうのですね。
それでいて、かなり高い技術を持っているけれども、抑制が効いていて、まさに「ロイヤルスタイル」的なんですよ。
まあちょっと地味かもしれないけども。

マキューシオ役のブライアン・マロニーは前回「エロス」やってた人ですね。
最初の日、1幕のマキューシオのソロやらなんやらで、
「だ、大丈夫なんだろうか、この人、もしかして疲労とかで痙攣でも起こしかけているんじゃ?」と心配になるような踊り方をしていたのですよ。
休憩の後、「キャスト変更」のお知らせとかあったらどないしよー、とまで思っていたもの。
2幕は普通にいて、「あれま。じゃああれはなんだったんだ?でしたが。
単なる不調か。
もともと彼はああなのか。
でも、マキューシオって、ロミオをも食っちゃうくらいの役ですし、ロイヤルではプリンシパルやファーストソリストのパート。
昔のキャシディーの踊りはもっと違っていたように思うんだけども。

29日はやや安全運転な感じで慎重に踊っていたマロニー、やっぱり「なんちゃって」な感じでまとめている部分もあったように思います。
でも、マキューシオの表現は好感が持てました。
ロミオやベンヴォーリオとの距離感も、
ロミオだけ1級年下で、ベンとマキューシオは同い年な雰囲気。
そいでもって、ベンより1ヶ月だけマキューシオがお兄さん。
3人はなんだかんだいっていつも仲良しなんだと思う。
ケンカもたまにするけど、ロミオの涙には2人とも弱いと思う。
都合が悪くなるとマキューシオはすぐ手が出たり、「ばかやろう」とか怒鳴ると思う。
ベンもロミオも、マキューシにペチっとやられても、黙って許してくれると思う。
マキューシオは「俺にまかせておけ」と思っているし、2人のためなら平気で死ねると思っているけれども、実際に守られているのはマキューシオなんだと思う。

ポルーニンは恵まれた体躯で繰り出すジュテがやはりひときわ高く美しかったです。そのうちロミオ役デビューもするだろうし、たぶん彼が王子を踊ればともて映えると思います。

ただねえ。。。。わたし、はじまる前は「これからのロイヤル期待の星」であるポルーニンに目が釘付けになっちゃうだろうと、思っていたのですが、、、、、

ほかに目立つ人がいたので、ポルーニンはあまり目に入ってこなくて(スイマセン)。


それはもちろん主役のお2人と、パパとママとティボルトなんですが。
続きはまた明日。


というか、兵庫のロミジュリも行きたくなってきてしまって困っています。
仕事だから無理だけどさ。
posted by おロシア人 at 17:39| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」2010年6月29日キャスト

英国ロイヤル・バレエ団
「ロミオとジュリエット」全三幕

2010年6月29日(火) 18:30開演
東京文化会館
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ケネス・マクミラン
美術:ニコラス・ジョージアディス
照明:ジョン・B・リード
振付指導:モニカ・メイスン
バレエマスター:クリストファー・サウンダース
バレエ・ミストレス:ウルスラ・ハジェリ
プリンシパル・コーチ:アレクサンドル・アガジャノフ、レスリー・コリア、ジョナサン・コープ、モニカ・メイスン、ローランド・プライス

キャスト
ジュリエット:吉田都

ロミオ:スティーヴン・マックレー

マキューシオ:ブライアン・マロニー

ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド

ベンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン

パリス:ヨハネス・ステパネク

キャピュレット公:ギャリー・エイヴィス

キャピュレット夫人:ジェネシア・ロサート

エスカラス(ヴェローナ大公):ベネット・ガートサイド

ロザライン:タラ=ブリギット・バフナニ

乳母:クリステン・マクナリー

僧ロレンス:アラステア・マリオット

モンタギュー公:アラステア・マリオット

モンタギュー夫人:ローラ・マッカロク

ジュリエットの友人:リャーン・コープ、べサニー・キーティング、イオーナ・ルーツ、
エマ=ジェーン・マグワイア、ロマニー・パジャク、サビーナ・ウエストコム

3人の娼婦:ラウラ・モレーラ、ヘレン・クロウフォード、フランチェスカ・フィルピ

マンドリン・ダンス:ホセ・マルティン、
ポール・ケイ、蔵健太、ミハイル・ストイコ、アンドレイ・ウスペンスキー、ジェームズ・ウィルキー

舞踏会の客、街人たち:英国ロイヤル・バレエ団


指揮:ボリス・グルージン
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団



◆上演時間◆

【第1幕】 18:30−19:35
休憩 20分
【第2幕】 19:55−20:30
休憩 20分
【第3幕】 20:50−21:30
posted by おロシア人 at 16:27| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

終わってしまいました

先程、都ちゃん&マックレーの「ロミオとジュリエット」が終わりました。

カーテンコールも感動的でした、この日出番のなかったプリンシパルやソリスト、出番の既に終わったダンサーも駆け付けて祝福や花束を…中でも、ケヴィンとジョナサンがお花を渡してハグしあった時は、涙がポロポロこぼれて困りました。。。(今回はモニカもいましたよ!)

踊りの面では一昨日のほうが完璧だったかもですが、今日の舞台のことは一生忘れないと思います。


あんなに上手いのに、まだ完璧なのに、これでロイヤルとの全幕が最後だなんて、哀しいですけど…。
まだダンサー引退ではないから…涙ぽろり
これっきりだとしたら、あまりにも残酷すぎますが…涙ぽろり


何年か前に「もう白鳥とオーロラは諦めました」と彼女が語ったときから、ああこの人の舞台は、今後そうそう観られない、思ったより早くお別れの日はくるだろうと覚悟してはいましたが、それが段々現実となってきた今、本当にひとつひとつの舞台を忘れないようにしたいと肝に命じています。
今夜は美しい舞台をどうもありがとう!
あなたのファンでいられて、とても幸せです。
posted by おロシア人 at 21:48| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東静岡通過

ガンダム立ってました!
写メは失敗したけど泣き笑い
お台場まで見に行けなかったけども、静岡に来てくれてラッキー光るハート
posted by おロシア人 at 14:37| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これから東京へ♪

仕事はお昼までの早上がりにして、今から東京へお出かけです。
サイトを見ると、今夜も一昨日とほぼ同じキャスト。
3人の娼婦は同じ3人だったけども、表記順が違うから、パートを交代するのかしらね。
マンドリンダンスが一昨日とけっこう違うかな?

パパとティボルトがお目当てさんで嬉しい!

本当に今日がロイヤルバレエ団と吉田都さんの最後の舞台です。
チケットをとれたのはひとえにバレエ仲間さんのおかげで、感謝感謝です。(しかも両日とも!夢みたい。)
まだダンサーを引退するわけではないけれども、ひとつの区切りとなる舞台には違いないですし、こちらも一瞬一瞬を忘れないように、しっかり目に焼き付けてきたいと思います。
posted by おロシア人 at 13:46| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

これだけは言わせて!

なんでイヤーブック売ってないんだ〜ショッキングショッキングショッキングショッキングショッキングショッキングショッキングショッキング
ロイヤルで一番の楽しみがこれなんだよ〜涙ぽろり
ひーん。



ヤケっぱちで、結局タンブラーとポストカード買ってしまいました…………


ヤレヤレ…
posted by おロシア人 at 18:54| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日も「ロミオとジュリエット」

いよいよ明日で、最後。

昨日の舞台、とても素敵でした。

明日は昨日と反対側、Lサイドの同じようなあたりで観ます。
だから、昨日ちょっとだけわかりにくかった、最後のポーズは見やすいかなと思います。

いい舞台だったんだけど、
それでもきつ日程、暑苦しい日本の6月、しかもマチソワで、
ダンサーもちょっと大変だったように感じました。
でもね、みんな真剣なのが伝わってくるのよね。


そして、舞台装置!
いったいいつのまにあれになってしまったのー!!!!????

バルコニーは、、、昔のほうがいいような、、、まあ、バルコニーはともかく!
最後の霊廟のセットはどうもなあ。。。。

しくしく。


でもそんなことは些細なこと。
都ちゃんもマックレーも素晴らしかった!

都ちゃんのジュリエットのあの幼さが苦手な人もいるんだよなあ。
でもわたしは好きだなあ。
マックレーのロミオ技術面では全く文句はありません。
久しぶりに「普通に若い、いいロミオ」に出会えたと思いました。

そりゃあ、ボッカやコレーラみたいな根っからのラテンなロミオとは違うけれども。
そしてわたしは実は「おっさんおっさんなダンサー」が踊るロミオが好きなのですが、「ああ、マックレーのロミオを観られてよかったわ〜」と感動しております。
(あ、一応断っておきますが、「おっさんなロミオ」が好きなのではなくて、
「おっさんなダンサーのロミオ」が好きなのです、あくまでも。
どう見てもビジュアル的にも年齢的にも「ロミオはもう無理なんじゃ?」というダンサーに限って、「彼がいちばんロミオだった!!!」ということが、過去の経験で多々あったのですね、ははは。)

感想はまた改めて。
今は昨日と明日の舞台への感情で、ちょっと混乱しているので。

(明日もギャリーがパパだったらいいなあ。
ギャリーは今夜ティボルトを踊るから明日は違うだろうし。
というか、もう1回ホワイトヘッドのティボルトも観たかったりします。
それからもしまたブライアン・マロニーが踊るなら、万全のコンディションの彼の踊りを観たいです・笑。)
posted by おロシア人 at 18:15| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤコブソン・バレエ「白鳥の湖」キャスト&感想

サンクト‐ペテルブルクへ第2の里帰り中のオマール大好きさんより、
ヤコブソン・バレエ(日本ではサンクトペテルブルク・アカデミー・バレエと呼ばれているところです。元マールイのユーリ・ペトゥホフが芸術監督。)の「白鳥の湖」のキャストを教えていただきました。
お忙しい中、ありがとうございました♪

『ピーテルに来て、マールイもマイリンカもバレエをやっていなかったら、1度くらい観ても良いかなという出来栄えでした。
マールイと比べてもプロと学生(ワガノワに失礼ですね、きっと)という感じです。
良かったところは、昨年来日してくれたコールドダンサーたちが元気そうに踊っていたことかな。
でも、クリバエフはやはり群を抜いて上手いです。
体の線もきれいだし。
スミルノワは来日した時より上手くなって様な気が・・・まあ、全体の比率で言うと7:3で「あちゃ〜」の方が多いけど。
私、何年か前にヤコブソンの白鳥を観てるはずなんですけど、こんなんだったかなぁ・・・っていう感じがしました。
特に衣装と舞台装置が酷すぎ。
衣装のほつれとかも直してないし。
舞台装置もカーテンを重ねただけのような状態、且つ衣装とバックの色と同系色なのでメリハリなし。
来年の来日には舞台装置と衣装、両方とは言いませんが、どちらかはRenewalして欲しいものです。
なんか良い感想を書けなくてごめんなさい!
でも、クリバエフは素敵でしたよ、ホント。』


わたしもここの「白鳥の湖」は2年くらい続けて観たのかな?
たしかに、セットは「背景幕」で頑張っている!印象でしたし、
衣装もダンサーのスタイルに合った丈ではなくて少々踊りにくそうに見えたことを憶えています。
ただ、演出そのものはけっこう面白かったんですよねー。
ロットバルトとか(笑)
そのときは、全体的なみんなのラインとか、やっぱりサンクトペテルブルクだなあと、綺麗だと感じた記憶がありますが、
ここ最近の来日では、何人かのソリストを除いて、全体的なレベルは「あちゃ〜」なのはまぎれもない事実。
一応国立なんだから、もうちょっと美術の予算も出るといいですね。
頑張ってほしいバレエ団です。
なんてったって、イリーナ&ユーリのバレエ団だから!
シードロフ先生も教えている、、、んだよね?確か。

(ああ、もういないけども、モトゾフは元気かな〜。懐かしいなあ〜。)

キャスト
アデッタ‐アディーリヤ(オデット‐オディール);スヴェトラーナ・スミルノワ
ジークフリート王子;ヌルジャン・クリバエフ
ロットバルト;マクシム・トカチェンコ
王妃:ユリヤ・イリーナ
パ・ド・トロワ;
アレクサンドル・アバトゥロフ アンナ・イグナチエワ リュドミラ・ミジノワ
イスパンスキー・タニェツ(スペインの踊り);
マリヤ・キワノワ アルセニー・イスラモフ アンドレイ・グディマ
ニアポリタンスキー・タニェツ(ナポリターナ);
ルイーザ・ガリエワ ミハイル・アニシモフ 
ヴェンゲルスキー・タニェツ(ハンガリーの踊り);
ナタリヤ・イニューシキナ エゴール・イワノフ

ワルツ、マズルカ、白鳥たち、宮廷の人々;
バレエ・アーティスト


Одетта-Одилия;Светлана Смирнова
Принц Зигфрид ; Нуржан Кулыбвев
Ротбарт ;Максим Ткаченко
Королева ;Юлия Илина
Шут ; Сергей Федорков
Pas de trios ;
Александр Абатуров
Анна Игнатьева
Людмила Мизинова
Испанский танец ;
Мария Кибанова
Арсений Исламов
Андрей Гудыма
Неаполитанский танец ;
Луиза Гариева
Михаил Анисимов
Венгерский танец ;
Наталья Инюшкина
Егор Иванов

Вальс, Мазурка, Лебеди, Придворные ;
Артисты балета
posted by おロシア人 at 17:28| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国ロイヤル・バレエ団 「ロミオとジュリエット」 キャスト

NBSサイトにできている、ロイヤルバレエ団関連のページです。
@英国ロイヤルオペラハウス 2010日本シーズン 最新情報ブログ
Aキャスト&プログラム情報

昨日観てまいりました、6月27日(日)ソワレのキャストはこちら。
英国ロイヤル・バレエ団「ロミオとジュリエット」
2010年6月27日(日)
18:00開演
東京文化会館
観た場所:1階R側6列目 。。。とても見やすかったです!

ジュリエット:吉田都

ロミオ:スティーヴン・マックレー

マキューシオ:ブライアン・マロニー

ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド

ベンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン

パリス:ヨハネス・ステパネク

キャピュレット公:ギャリー・エイヴィス

キャピュレット夫人:ジェネシア・ロサート

エスカラス(ヴェローナ大公):ベネット・ガートサイド

ロザライン:タラ=ブリギット・バフナニ

乳母:クリステン・マクナリー

僧ロレンス:アラステア・マリオット

モンタギュー公:アラステア・マリオット

モンタギュー夫人:ローラ・マッカロク

ジュリエットの友人:リャーン・コープ、べサニー・キーティング、イオーナ・ルーツ、
エマ=ジェーン・マグワイア、ロマニー・パジャク、サマンサ・レイン

3人の娼婦:ヘレン・クロウフォード、フランチェスカ・フィルピ、ラウラ・モレーラ

マンドリン・ダンス:ホセ・マルティン、
ポール・ケイ、蔵健太、ミハイル・ストイコ、アンドレイ・ウスペンスキー、ジェームズ・ウィルキー


舞踏会の客、街人たち:英国ロイヤル・バレエ団


指揮:ボリス・グルージン
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
posted by おロシア人 at 16:45| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

なんとまあ、新幹線

珍しくも新幹線で帰る途中。
29日は夜行バスですが…
マキューシオの人途中でかなり心配したのですが、2幕ではケロリとしてたのでホ…とか
昼の部のギャリーのティボルトを逃したのは痛かったけども、夜は麗しのキャピュレット公だったとか

ホワイトヘッドのティボルトも素敵だったとか

色々ありますが


(上の2人のせいでポルーニンはかすんでしまったというか、スンマセン、目にはいらなかったのよ)


しかし兎にも角にも、都ちゃんのジュリエット&ステフのロミオ、1回目が終わってしまって、かなり茫然。


茫然としていたからうっかり新幹線というわけではないですが泣き笑い


明後日ちゃんと観られるか心配になってきました…大丈夫なんだろうか、アタクシ。
posted by おロシア人 at 21:56| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。