2010年06月21日

ミハイル・メッセレルのインタビューB

前回からの続きです♪

В постановке «Лауренсии» для меня есть и педагогический аспект.
В балете много танцев, в которых будет занята труппа, будет
на них расти, там прекрасная фактура для совершенствования
исполнительского уровня, для повышения не только танцевального,
но и актерского мастерства.
Молодое поколение, вроде, слышало, что на сцене надо жить в образе,
а как это делается и что это такое – не совсем понимает.
Как руководитель я обязан печься о возможностях роста артистов.
«Лауренсия» дает для этого богатый материал.
『ローレンシア』を上演することは、はわたしにとって教育的な意味合いもあるのです。
このバレエにはダンサーがかかりっきりにならざるを得ない、ダンサーの技術レベルの向上のためになるたくさんの踊り・素晴らしい技巧があります、これらは舞踊のレベルアップのみならず、演技力を磨くことにもつながるのです。
若い世代は、舞台でいかに役柄になりきるべきか、その本質がなんたるかを―まだ理解していない、そのように感じます。
わたしは指導者として、アーティストたちの成長の可能性に気を配る義務があります。『ローレンシア』はこれらのためにうってつけの素材なのです。

Наконец, «Лауренсия» - эксклюзивная постановка, в России она нигде
не идет. На всем постсоветском пространстве - только в Тбилиси.
Может быть, кому-то из артистов других театров, других городов,
других стран будет интересно приехать к нам и станцевать этот спектакль.
それから『ローレンシア』は―ロシアではめったに観られない、淘汰されてしまったバレエでもあります。
かつての全ソ連地域でも―トビリシでしか観られません。
もしかしたら、われわれのプロダクションによって他のバレエ団ノアーティストや、違う都市の人、他の国の人たちが興味をいだき踊るようになるかもしれません。
注;ここまでが一番上の写真(カーチャのジュテのもの)の文章です。

На репетиции: Екатерина Борченко в свадебной вариации Лауренсии
из 3-ей картины балета.
リハーサル風景;エカテリーナ・ボルチェンコ、ローレンシアの結婚式のヴァリアシオン、3幕より。
注;これはカーチャの写真のキャプション

– Какими источниками вы пользовались при постановке
своей редакции «Лауренсии»?
―あなたの『ローレンシア』復元にあたっての原典資料には何を利用したのですか?


Хореография Чабукиани оказалась чрезвычайно живучей,
многие фрагменты спектакля сохранились.
Кое-что я был вынужден доставить – например, связки между
отдельными эпизодами и пр. Кое-что должен был сократить.
И ведь при жизни Чабукиани спектакль тоже менялся.
Сначала он был поставлен в Кировском театре в 1939 году.
А в 1948 в Тбилиси стал другим. В частности, тогда в последнем
акте была добавлена знаменитая виртуозная мужская вариация.
И спектакль, перенесенный в Москву в 1956 году к ХХ партсъезду,
был очень похож на тбилисский.
В 1939 году этой вариации не было, финальная сцена была
более статичной. Кстати, есть запись этой вариации,
где танцует Владимир Васильев. Танцует её и Чабукиани в фильме
«Мастера грузинского балета»,
куда входят 24 минуты различных эпизодов
из «Лауренсии» - там скомпоновано не по порядку спектакля,
и понятно, многого там нет – ведь оригинальный спектакль
был трехактным. Имеются и другие хроникальные записи,
всё больше коротенькие эпизодики, в основном с номерами,
которые и так нам известны. Десять лет назад
в Мариинском театре был прекрасно поставлен дивертисмент
сцены свадьбы – к 90-летию Чабукиани. Я тот показ тоже видел.
チャブキアーニの振付は、非常に根強く、作品の多くの断片が保存されていることが明らかになりました。
失われてしまった部分のいくつかはわたしが提供する必要もありました。それは例えば個々のエピソードを束ねることであり、あるいはいくらか短縮されざるを得なかったものもあります。
その上さらに、チャブキアーニの生きている間にもこの作品は新しい版に塗り替えられていました。
初めに彼は1939年にキーロフ劇場で発表しました。
それから1948年にはすでに違うバージョンをトビリシで。
特筆すべきは、その時にあの有名な超絶技巧の男性ヴァリアシオンが最終幕に追加されたことです。
そして作品は、1956年の第20回党大会において、モスクワへと渡ったのですが、それはとてもトビリシでのバージョンに似ていました。
1939年版にはあのヴァリアシオンは無かったのです、最後のフィナーレはもっと静的なものでした。
この時に加えられたヴァリアシオンはまさにウラディーミル・ワシーリエフが踊るにふさわしいものでした。
『グルジア・バレエの名手たち』という映画にチャブキアーニ自身や、彼がこのヴァリアシオンを踊る場面があります、この映画では『ローレンシア』については24分間割いていて、さまざまな種類のエピソード場面が収められています。
―そこでは、もちろん、整頓された作品構成にはなっていません、全体像には全然足りません、オリジナル作品は3幕ものでしたから。
他の実写記録も存在しますし、もっと細かなエピソードや、われわれの良く知る大元の曲目もありました。
10年前マリインスキー劇場で、素晴らしい結婚式のディベルティスマンが舞台にかかりましたが―チャブキアーニ生誕90周年記念―わたしもこれを観ました。

Но мы не реставрируем «Лауренсию» Чабукиани, мы делаем
спектакль по мотивам постановок Чабукиани.
Реставрировать этот балет с научной достоверностью
не представляется необходимым или возможным.
Я не помню полностью спектакль – был слишком молодым,
хотя запомнил суть. В Тбилиси идет собственная
постановка «по Чабукиани».
Наша «Лауренсия» станет двухактной, несколько более
компактной: продолжительность балета
будет не больше 80-85 минут чистого времени.
しかしわたしたちは「チャブキアーニの『ローレンシア』」を復元しませんでした。わたし達は、チャブキアーニの演出版をモチーフにして、作品(新しいローレンシア)を創作しています。このバレエ作品を復元するためには、確実性のある学究を通して成されるべき、そうありうるべきです。
わたしは作品を完全には憶えていません―あまりにも若かったので、ですが要点は憶えています。
トビリシの持っている作品も『チャブキアーニ風のもの』です。
われわれの『ローレンシア』は2幕構成に改め、それはいくらかコンパクトになりました:バレエの上演時間は正味80〜85分となります。

ここまでが2枚目の写真(モロゾフと女性コール・ドの場面)の上までの翻訳です。

ここで一旦切りますね〜。
posted by おロシア人 at 11:36| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペテルブルクから現地速報!

4月から5月にかけて第二の里帰りをなさったオマール大好きさん、
今回もサンクト・ペテルブルク訪問中です。
さっそく新作「Quatro」の詳細を送ってくださりました!
ありがたやありがたや〜♪

そしてお仕事早いですね、カメラマンのニコライ・クルーセルさんもご自分のページに「Quatro」のお写真をアップしてくれています。今現在20枚ほど。(ちょくちょく追加してくれるので増えるかもしれませんが)
Nikolay Krusser
Music: Milko Lazar
Choreography: Edward Clug
Denis Matvyenko, Leonid Sarafanov, Anastasia Matvyenko, Olesya Novikova

ミハイロフスキー劇場の公式サイト・クワトロのページにも「Quatro」のリハーサル映像が上がっています。写真は4枚アップされています。

ではまずオマール大好きさんの現地速報です。
『Quatroを見てきました。(結局二転三転してQuatroになったみたいです)

キャストはAct1のClassical Pas de DeuxとPas de Deux from Don Quixoteのダンサーが逆になっただけでHPと同じ。コールドもなし。
Classical Pas de Deux
Olesya Novikova, Leonid Sarafanov

Pas de Deux from Don Quixote
Anastasia and Denis Matvyenko

一言で言うとすっごく楽しかったです。

まぁ、あれだけのダンサーを揃えているので当然と言えば当然ですけど・・・

2階のステージに一番近い上手のBox席にはメッセレルやルジなどもいましたし、マイリンカのダンサーもたくさん来ていました。
マールイだと、ラプシャーノフとかユルバリソフとかもいましたね。

今日の公演の一番の収穫はオブラスツォーワかな。
最初、ヴィシかと思ってしまうくらいの妖艶さがあって、「誰?」と思ってキャスト表を何度も見直してしまいました。

カテコの笑顔は紛れもなくオブラスツォーワでしたけどね。
チョット彼女のこれからが楽しみです。

オレシャは出産をして美しさが増したと思います。踊り自体も以前より切れがあるように感じました。

一幕で「う〜ん」だったのはやっぱりマトヴィ妻かな。
マトヴィ・・・奥さんをサポートする時は今一なんですよね。
ソロだとやっぱり「俺様マトヴィ」なんだけど。
でも、何だかオヤジっぽくなってました。

Quatroは期待していなかったわりにかなり良い作品でした。
まだ、荒削りの部分があるのは確かですが、踊りこんでいけばもっともっと見応えのある演目になるはず。
マトヴィ妻はコンテの方が良いかも。』


メールではオマール大好きさんの好きな、そして日本にもファンの多いミーロフ(ヤコブソンバレエ)も観賞に訪れていそうです。ウラヤマシイ!

この日の詳しいキャストは以下のとおりです。

1 отделение/第1部
Гала-концерт звезд балета/オールスター・バレエ・ガラ

Па-де-де из балета «Корсар»
Музыка: А. Адан, Р. Дриго
Хореография: М. Петипа
Исполняют:
Заслуженная артистка России Виктория Терёшкина и Леонид Сарафанов
(Мариинский театр)
「海賊」よりパ・ド・ドゥ
音楽:アドルフ・アダン、リッカルド・ドリーゴ
振付:マリウス・プティパ
出演:ロシア功労芸術家ヴィクトリア・テリョーシキナ&レオニード・サラファーノフ(マリインスキー劇場)

Классическое па-де-де
Музыка: Д.Ф.Э. Обер
Хореография: В. Гзовский
Исполняют: Анастасия и Денис Матвиенко
(Мариинский театр)
「クラシック・パ・ド・ドゥ」(グラン・パ・クラシック)
音楽:ダニエル・スランソワ・エスプリ・オーベール
振付:ヴィクトル・グゾフスキー
出演:アナスタシア&デニス・マトヴィエンコ(マリインスキー劇場)

«Расставание»
Музыка: Джон Пауэлл
Хореография: Ю. Смекалов
Исполняют:
Евгения Образцова и Юрий Смекалов
(Мариинский театр)
「Separation」(別れ、とか決別、的な意味)
音楽:ジョン・パウエル
振付:ユーリ・スメカロフ
出演:エフゲーニャ・オブラズツォーワ&ユーリ・スメカロフ(マリインスキー劇場)

«Средний дуэт»
Музыка: Ю. Ханон
Хореография: А. Ратманский
Исполняют:
Екатерина Кондаурова и Ислом Баймурадов
(Мариинский театр)
「ミドルデュエット」
音楽:ユーリ・ハノン
振付:アレクセイ・ラトマンスキー(1998年作品)
出演:エカテリーナ・コンダウーロワ&イスロム・バイムラードフ(マリインスキー劇場)

Классическое па-де-де
Музыка: П.И. Чайковский
Хореография Дж.Баланчин
Исполняют:
Олеся Новикова и Леонид Сарафанов
(Мариинский театр)
「クラシック・パ・ド・ドゥ」(チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ)
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
振付:ジョージ・バランシーン
出演:オレシア・ノヴィコーワ&レオニード・サラファーノフ(マリインスキー劇場)

Па-де-де из балета «Дон Кихот»
Музыка: Л. Минкус
Хореография: M. Петипа, А. Горский
Исполняют:
Анастасия и Денис Матвиенко
(Мариинский театр)
「ドン・キホーテ」よりパ・ド・ドゥ
音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ、アレクサンドル・ゴールスキー
出演:アナスタシア&デニス・マトヴィエンコ(マリインスキー劇場)

Дирижер — народный артист России Павел Бубельников
指揮:ロシア人民芸術家 パーヴェル・ブヴェルニコフ

Музыканты Quatro: фортепиано — Людмила Свешникова, виолончель — Наталия Байкова (Мариинский театр)
『クアトロ』・・・ピアノ/リュドミラ・スヴェシニコワ チェロ/ナタリヤ・バイコワ(マリインスキー劇場)

2 отделение/第2部
Балет «Quatro» Премьера/『クワトロ』初演
Музыка: Милко Лазар
Хореография: Эдвард Клюг
Исполняют: Анастасия и Денис Матвиенко, Олеся Новикова, Леонид Сарафанов
音楽:ミルコ・ラザール
振付:エドゥアルド・クリューク
出演:アナスタシア&デニス・マトヴィエンコ オレシア・ノヴィコーワ レオニード・サラファーノフ

Билеты на балет «Quatro»
19 и 20 июня можно оплатить только наличными средствами
в кассе театра или курьеру.
По техническим причинам невозможно оплатить
заказы Яндекс.Деньги и кредитной картой.
posted by おロシア人 at 06:42| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

残念!!

ロシアへ行っているオマール大好きさんからのお知らせです。

せっかく光藍社のサイトのダンサー紹介ページにも載ったアンドレイ・カシヤネンコですが、どうやらマールイを去ってしまうみたいです。

まだはっきりした日にちはわからないのですが、明日かもしれないし、1週間後かもしれない、というお話です。必然的にロンドン公演も参加しないでしょうし、リハーサル写真で見られる新作への出演も無しなんでしょうね。

とても素敵なダンサーが入団してくれたと喜んでいたので、非常に残念ですが、別のバレエ団へ移ってもたくさん活躍してほしいです。
それでまた日本に来てくれたら嬉しいな。


日本時間では昨日になりますが、6月19日はターニャ・ミリツェワのお誕生日です。(ターニャは今度の冬公演には来てくれるのかなぁ?)
素敵な誕生日になりますように!
posted by おロシア人 at 17:03| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ミハイル・メッセレルのインタビューA

前回の続きです。
(続きはまた明日。。。。)

«Лауренсия» – раритет музейного,
я бы сказал, уровня, наше достояние, сохранение
которого – долг каждого культурного человека.
Нина Ананиашвили у себя в труппе
поставила этот балет,
неужели в Грузии больше пекутся
о нашем наследии, нежели культурная столица России?
Неужели здесь хуже хранят память
о великом ленинградском артисте?
Здесь в этом спектакле блистали
Дудинская, Вечеслова, Шелест,
Брегвадзе, Нуреев, Соловьев
– не говоря о самом Чабукиани.
Позже в Москве
«Лауренсию» незабываемо танцевали
Плисецкая, Васильев…
Я еще успел увидеть самого
Вахтанга Михайловича, танцующего
Фрондосо в Кремлевском Дворце съездов.

『ローレンシア』―博物館のコレクション。
わたしが言いたいのは、我々の財産、レベルの保持は―全ての文化人の義務だということです。
ニーナ・アナニアシヴィリが自分のバレエ団でこのバレエを上演しましたが、本当にまさか?グルジアで、我々の大切にしている遺産について、心を砕いてくれたのでしょうか?ロシアの文化の中心地よりすばらしく?ここで守られている偉大なレニングラードの芸術家の記憶に劣らず?
この演目で、ここレニングラードで、ドゥジンスカヤ、ヴェチェスロワ、シェレスト、ブレグヴァーゼ、フレーエフ、ソロヴィヨフ―言うまでもなくチャブキアーニその人が、煌きを放っていたのです。
(注:ナタリヤ・ドゥジンスカヤ  タチヤナ・ヴェチェスロワ アラ・シェレスト
ボリズ・ブレグヴァーゼ、、、ブレグヴァーゼさんのお父さんですね♪
ルドルフ・ヌレーエフ イーガリ・ソロヴィヨフ)
少し遅れてモスクワでは忘れえぬ『ローレンシア』がプリセツカヤ、ワシリエフ、、によって踊られました。それにわたしは、ワフタング・ミハイロヴィチ自身がクレムリン大会宮殿でフロンドーソを踊っているのを観ることができました。

Балетный спектакль с солидной литературной основой,
с хорошо выстроенным сюжетом
– это родовое отличие отечественной
хореографии. Правда, глубоко уважаемые мной
люди говорят, что сюжетные спектакли –
это грубо и вообще нехорошо… но мне никак не
удаётся согласиться с их мнением
на этот счёт. Есть проза, и есть поэзия, есть сюжетн
ые постановки и есть бессюжетные композиции.
Одно не мешает другому.
Точно так же было бы горько потерять
балеты других хореографов, скажем,
Лифаря или Мясина…
Мне хочется оживить стоящие
советские постановки,
которые еще можно спасти.
Они были сюжетными, и публика,
мне кажется, сейчас испытывает интерес к ним.
Там замечательные упругие ритмы,
богатство танца –
не только классического,
но и характерного, драматизм
сценических образов.
«Сталинский классицизм», как сейчас
говорят – роскошь декораций и костюмов,
театральность… Со сцен российских театров в 1960-е годы
был счищен практически целый пласт –
очень жаль, что многие балеты потеряны
почти безвозвратно.
Кое-что сохранилось в Школах –
в АРБ им. Вагановой,
например: какие-то номера, ансамбли и вариации.
Жалко ведь, хочется вернуть
достойное на сцену, хотя бы то,
что каким-то образом еще не улетучилось.
バレエ作品は根幹が文学的で奥深く、よく構築されたプロットで成り立つものです。これは代々受け継がれてきた祖国の振付の功績です。
わたしが心から深く尊敬している人々は『作品の筋運びが―粗雑であまり良いものではない』と言っています。ですがわたしはこの点に関しては、彼らの意見に同調することはいたしかねます。日常的なものもあれば、詩情あふれるものだってある、筋の面白いバレエ作品もあれば筋書きのない演目もある。それぞれに違う魅力があるのです。同じようなことがありました。哀しい損失です。さまざまな振付技法のバレエ作品、例えばリファールのものやマシーンの作品です。
わたしは失われつつあるソヴィエト時代の演目を復元したいのです。
これらの作品は今でも観客を満足させる興味深いものです。
驚くべき激しいリズム、豪華なダンス―クラシック作品に限りません、独創的なもの、舞台上で繰り広げられる芸術表現・ドラマ性。
『スターリン様式の芸術』と今では呼ばれるもの、―舞台装置や衣装の豪華さ、演劇性...。1960年代のロシアの劇場で層が厚くなったのです。
―悲しいことに、多くのバレエが永久に失われてしまいました。
いくらか少しのものは、舞踊学校、例えばワガノワ記念舞踊学校などに保存されています。
あるいくつかの曲目やアンサンブル、ヴァリアシオンなどです。あまりにも哀しいことです、舞台の上戻るべきものなのに、とにかくまだ消えうせていないものは舞台に復元したいと思っています。
posted by おロシア人 at 20:42| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

マールイの冬の来日公演

レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)の2010/2011年来日ツアー、東京近郊公演の一部が光藍社のサイトにアップされました。
今回の演目は「くるみ割り人形」「ロミオとジュリエット」「白鳥の湖」「ジゼル」「ドン・キホーテ」の5演目。
「眠りの森の美女」をもってこないのかー。
新春バレエもなし。。。。まあ、これで心置きなく(←???)1月1日〜3日は働けるってもんですよ、ああた。
そして
1月2日の大宮の王子がルジマトフではないのでしたら、ちょっと迷いますけども、でもルジ決定ならば、まーーーー、いいかなあ。

東京・東京近郊公演日程
 ・・・7/23(金)一般発売(12月16日練馬公演のみ7/11(日)発売)
    Web先行発売 7/1(木)10:00〜
    セット券販売:光藍社DM(6月下旬発送分)にて、セット券を〜6/28(月)までの限定発売。
公演日/開演/ホール/演目/出演予定
2010年12月
12月8日(水) 18:30 東京文化会館  ロミオとジュリエット  ペレン
12月9日(木) 18:30 東京文化会館  ロミオとジュリエット  ヤパーロワ
12月11日(土) 15:00 千葉県文化会館  くるみ割り人形
12月12日(日) 15:00 パルテノン多摩  くるみ割り人形
12月16日(木) 18:30 練馬文化センター  くるみ割り人形 7/11(日)
12月18日(土) 13:30 グリーンホール相模大野  くるみ割り人形
12月23日(木・祝) 12:30 東京国際フォーラム(A)  くるみ割り人形  ヤパーロワ
12月23日(木・祝) 16:30 東京国際フォーラム(A)  くるみ割り人形  シェスタコワ
12月24日(金) 18:30 神奈川県民ホール  くるみ割り人形
12月25日(土) 12:30 東京国際フォーラム(A)  くるみ割り人形  ロマチェンコワ
12月27日(月) 18:30 Bunkamuraオーチャードホール  ジゼル  ルジマトフ/未定
12月28日(火) 18:30 Bunkamuraオーチャードホール  ジゼル  ルジマトフ/未定
2011年1月
1月2日(日) 15:00 大宮ソニックシティ  白鳥の湖  ルジマトフ
1月4日(火) 12:00 東京国際フォーラム(A)  白鳥の湖  ボルチェンコ
1月4日(火) 17:00 東京国際フォーラム(A) 白鳥の湖  ルジマトフ/ペレン
1月6日(木) 18:30 Bunkamuraオーチャード ホール  ドン・キホーテ  ルジマトフ/未定
1月7日(金) 18:30 Bunkamuraオーチャードホール ドン・キホーテ ルジマトフ/未定
1月8日(土) 13:00 東京国際フォーラム(A)  白鳥の湖  シェスタコワ
1月9日(日) 13:00 東京国際フォーラム(A)  白鳥の湖  ルジマトフ/ペレン

兵庫での1月15(土)・16(日)「白鳥の湖」「?」も気になりますね!
全国公演の日程・演目が出揃ったらまた追加していきます。

ステパノワは来てくれるのかなあ〜?
12月のうちに1回くらいどこかで(できれば静岡近郊で・笑)「白鳥の湖」を観ておけば、4日も諦めがつくかしらねえ。。。うーん。
4日は王子と脇のキャスト次第。キャラクターダンスや悪魔のローテーションにもよりますし。
まあなんにせよ、できるかぎりは観に行ってしまうでございましょー、例の如く。

本国でのキャスティングを見る限り、どうもイチオシはペレンはともかく、カーチャとマラトっぽいのが現状ですよね。
でも。
でもでもでも。
それだけで集客ってえのは難しい、、弱い、、、と思っていて、
まあ、ゲストを呼ばなきゃ公演成り立たないのはわかりますが、
まさかというか、案の定というか、結局ルジマトフなんですね。
(オシポワとそんなに「ジゼル」踊りたいんでしょうか。。。。ボソ。。。。ロシアで踊ればいいじゃん。。。。ぼそぼそぼそ。。。。)

もちろんわたしはルジマトフのことは尊敬していますし、20世紀を代表するダンサーだと思っています。
ですが、ヴァリアシオンを省略している時点で既にクラシックはキツイと思います。
彼ほどのダンサーは、ヴァリアシオンを省略してもそれを補ってあまりあるものがある、、、、のはわかります。
ではありますが、前回の「ええええええええ!!!!!!!!」なバレリーナを傾かせちゃうのとかは、ちょっと観ていて哀しいものがありますよ。

御免なさい。愚痴ってしまいました。
いいんです。
「真ん中の人」がずばり御贔屓さんだなんてのは、そうそうあり得ないってわかっていますから。だいたいもともと、、、そういう機会は少なかったというか、ほとんど無かったし・笑
バレエ団そのものが好きだから、マールイのみんなが来てくれれば、それだけで嬉しいんですよね。

今回も少ないチャンスめがけて、全国あちこち出没すると思います。

なにはともあれ、光藍社さん、今年もマールイのみんなを呼んでくれてありがとうです。

まあ、、、、できればレドフスカヤやスミレフスキーやグダーノフも呼んでくれると嬉しいわ!
posted by おロシア人 at 18:10| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

マールイ来日ツアー

取り敢えず携帯から!
光藍社さんのサイトにマールイの来日ツアー日程が出たそうです。
もう寝るので確認とコピペは明日になりますが、今年は静岡も浜松も両方あるみたいなのがとても嬉しいです。ここなら仕事があったとしてもすぐに行けるもんねOK!2
早く12月が来ないかな〜♪
あと、下のメッセレルのインタビュー翻訳、誤字がありますが平謝り明日直しますあせあせ(飛び散る汗)
申し訳ない!
posted by おロシア人 at 20:32| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミハイル・メッセレルのインタビュー翻訳その@

うーん。ちょっとブログの体裁上、もともと改行していないところで改行していますが、原文はこちらです。
でもって、長いので数回に分けてアップしていきますね。

За честь Лауренсии
Михаил Мессерер о премьере в Михайловском театре
ローレンシアに敬意を表して
ミハイル・メッセレル ミハイロフスキー劇場の初演について

Месяц назад мне довелось побывать на первом прогоне балета «Лауренсия»
, который ставится в Михайловском театре (Санкт-Петербург).
На форуме был опубликован подробный отчет об этом визите.
Тогда я писал, что премьера балета состоится в Лондоне.
С тех пор планы театра изменились, и премьерные спектакли
в Петербурге назначены на 5 и 6 июня.

В преддверии премьеры эксклюзивное интервью форуму дает
главный балетмейстер Михайловского театра Михаил Мессерер.

ミハイル・アレクサンドルヴィチ
一ヶ月前わたしはミハイロフスキー劇場(サンクト・ペテルブルク)で上演される「ローレンシア」の最初の通しリハーサルを訪問する機会を得た。
その時の訪問についての、このフォーラム紙面での詳しい報告はこちらを参照してもらいたい。
そのときわたしは、バレエの初演はロンドンで行われると書いたが、その後計画は変更され、初演はペテルブルクで6月5、6日に行われることとなった。

今回このフォーラムではプレミア直前、首席バレエマスター ミハイル・メッセレルへの独占インタビューをご紹介したい。

- Михаил Григорьевич, почему «Лауренсия»?
―ミハイル・グリゴールヴィチ、何故「ローレンシアを?」
Во время нашей прошлой беседы
(в августе 2008, еще до назначения М.Г.Мессерера
главным балетмейстером Михайловского театра, см. здесь – М.А. ) я сказал:
Цитата:
«в идеале хотелось бы иметь – пусть хоть по одному
балету – Горского, Голейзовского, Лавровского, Захарова.
Ну а «Лауренсию» Чабукиани – так просто срочно.
Сейчас есть один «Дон Кихот» на троих – на Горского, Голейзовского и Захарова».

前回の我々の対談(2008年8月、まだミハイル・メッセレルがミハイロフスキー劇場の首席バレエマスターに就任する前のもの。こちらを参照―M.A)
※筆者注M.Aはこのフォーラムを執筆している記者、ミハイル・アレクサンドロヴィチのことです。同様にM.Mはミハイル・メッセレルのことです。
前回の対談からの引用
 《理想としてはレパートリーに ―ゴールスキー、ゴレイゾフスキー、ラヴロフスキー、ザハーロフのバレエ作品―どれか1つでも取り入れたいと思っています。
 ああ、チャブキアーニの「ローレンシア」とか―これはわりと速く容易に取り掛かれると思う。
 今レパートリーにあるゴールスキー・ゴレイゾフスキー・ザハーロフ版のものは「ドン・キホーテ」だけなんだ。》

- Я помню. Но это же относилось к Большому театру…
Годом позже, в конце прошлого сезона,
Бурлака поставил для заключительного гала
характерные танцы и свадебный па-де-сис.
Думалось, что это пристрелка,
что последует возобновление «Лауренсии» - в духе программы Ратманского.
И опасались, что Мариинка опередит Большой.
А оказалось – Михайловский театр обошел…
―わたしは覚えています。ですが、それはボリショイ劇場のものでしょう...前シーズンの終わり、ブルラーカが、最後のガラでキャラクターダンスと結婚式のパ・ド・シスを上演しました。これは「ローレンシア」の復元−ラトマンスキーが願っていた計画−のための試演だと思われます。マリインカがボリショイをリードする懸念もあります。そこに出てきたのが―ミハイロフスキー劇場のニュース...

M.M
Я тогда высказывался как частное лицо,
но, приняв руководство балетом Михайловского театра,
получил возможность реализовать некоторые свои идеи.
Тогда же я говорил, и могу повторить
сейчас, что ценю высокое мастерство постановщиков спектаклей
советского «золотого фонда».
Лучшие из этих балетов могут долго служить
новым поколениям артистов и зрителей.
Стоит бережно следить за своим достоянием,
по-хозяйски им распоряжаться.
Если что-то имеем, должно быть в копилке.
Если чего-то там нет
- кажется, что именно этого не хватает.
К тому же, в этом году мы отмечаем столетие Вахтанга Чабукиани.

ミハイル・メッセレル
「わたしはあのときは私的な意見として述べたのですが、その後ミハイロフスキー劇場のバレエ部門のリーダーを任されることになり、いくつかのわたしのアイディアを実現するチャンスを得ました。それからわたしは言いました。価値ある高度な技術、ソビエト時代の演出家達の作品《大いなる遺産》を現代に甦らせたいと。良質なこれらのバレエ作品は新しい世代のアーティストや観客達のためになるのです。しかしこれらの文化遺産は、細心のしかるべき態度で取り組み、慎重に見守るべきものなのです。我々には何かきちんとした成果が必要なのでは。もしそれがないというならば―それでは不十分だと思われます。今年はまさにワフタング・チャブキアーニ記念の年ですしね。
Я с детства слышал имя Чабукиани.
В нашей семье всегда с пиететом относились
к Вахтангу Михайловичу.
В свое время он танцевал с моей мамой
в Большом «Дон Кихот» и «Пламя Парижа».
А в 70-х он приходил к нам домой, с мамой общался.
В частности, много рассказывал
о «Лауренсии», они обсуждали с ней,
как ставить спектакль в «Токио-балет».
わたしは子供の頃からチャブキアーニの名前を耳にしていました。わたしの家族はいつもワフタング・ミハイロヴィチを敬愛していました。かれはかつてボリショイでわたしの母と『ドン・キホーテ』と『パリの炎』を踊りました。また、70年代に彼が我が家に来ていました、母と親交があったので。『ローレンシア』について母と細部に多くを話し合っていました。彼らは『東京バレエ団』でどのようにこのバレエを上演するのか意見を交換していたのです。
posted by おロシア人 at 18:25| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/2011 グランプリ・シリーズ アサイン

ISUのサイト
2010/2011シーズンのフィギュアスケート・グランプリ・シリーズのアサインが出ましたね〜。

こういうのを見てしまうと。。。。やっぱり観戦に行きたくなるってもんで(笑)、
今からNHK杯のチケットの心配をしても仕方が無いですけどね(苦笑)

引退したはずの人たちの名前があったり、まだまだこれから変動がありそうですが、怪我による変更だけは避けたいところです。

男子もアイスダンスもジュニアからどしどし上がってくるのが見もののようでもあり、なんだかさみしいような気もします。
イザベル&オリビエもタニス&ベンもいなくなっちゃうなんてなあ〜。
この2組が最後の砦だったというか。。。
彼らもそりゃあクルクル回ったり、独創的だったりアクロバティックなリフトだったりも随所に取り入れてはいましたが、まだ、まだ、、ちょっと前までのアイスダンスの片鱗っつうか名残りがあったと思うんですよねー。
ま、今のダンスも好きですけどもね。

ちょっと自分でも不思議なのですが、例えば昔のグリシューク&プラトフの映像を観ていると
「もうこれ以上のアイスダンスはいらないよなー」
「これをリアルタイムで観られたんだから、もう、いいじゃん?」などと目をうるうるさせながら、当時の思い出に浸っていたりもするのですが、
実際にリンクへ行くとやっぱりアイスダンスも、他のカテゴリーも夢中になって観ているんですよね。


ソンくんがNHK杯に来ないのは残念ですが。
もしかしたらもしかしてワールドには来るかも?????



10月22日〜24日 NHK杯 名古屋
Grand Prix of Figure Skating - NHK TrophyNagoya, Japan
10月29日〜31日 スケートカナダ カナダ、オンタリオ州キングストン
29 - 31 OctGrand Prix of Figure Skating
Skate Canada Kingston, Ontario, Canada
11月5日〜7日 中国杯 中国、北京
5 - 7 NovGrand Prix of Figure Skating - Cup of ChinaBeijing, China
11月12日〜14日 スケートアメリカ アメリカ、オレゴン州ポートランド
12 - 14 NovGrand Prix of Figure Skating - Skate AmericaPortland, Oregon, USA
11月19日〜21日 ロシア杯 ロシア、モスクワ
19 - 21 NovGrand Prix of Figure Skating - Cup of RussiaMoscow, Russia
11月26日〜28日 トロフィー・エリック・ボンパール フランス、パリ
26 - 28 NovGrand Prix of Figure Skating - Trophy Eric Bompard Cachemire Paris, France
12月9日〜12日 グランプリ・ファイナル(ジュニア・シニア同時開催) 中国、北京
9 - 12 DecGrand Prix of Figure Skating Final
(Combined Juniors and Seniors)Beijing, China
posted by おロシア人 at 04:49| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ちっこいけどもローレンシアの写真

ペレン&マラト評の記事です。
http://www.kommersant.ru/doc.aspx?DocsID=1382842&ThemesID=680
写真が小さいですが5枚あります。カシヤネンコやサビーナやヤフニュークやコリパエフなどなど。
ペレンについては絶賛だけど、マラトのことより、「いかにチャブキアーニの振り付けが超絶技巧か」みたいな書き方なんですよねえ。
まあチャブキアーニやヌレエフ、ワシリエフの映像を観る限り、けっこう鬼のような男性ヴァリアシオンですよねー。マラトがどう踊りきったか、もうちょっとわかる記事が見つかるといいんだけど。




明日は弟と彼女が和装のお写真を撮るそうな。
式でも披露宴でも和装は着ないけれども、写真だけは撮りましょうということになっていて。
ひろりんは亡くなった父の着た紋付を着る予定。
自分から「アレを着たい」といってくれて、なんか嬉しい〜♪
。。。。と、思っていたら、式では着ないんだもんなあ。ちぇ。
まあいいか、写真で我慢我慢。
posted by おロシア人 at 19:51| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

「ローレンシア」あれこれ

ローレンシアの友人の名前@ヒアシンタ/ジャッチンタ
・ヒヤシンタ ハッシンタ イタリア語のジャッチンタさんのことです。
日本に持ってきたときはどのように明記するのかわかりませんが、
おそらく英語圏ではジャッチンタでいくのかなあ。
だいたいつづりのバリエーションはGiacintha, Jacinta, Jacintha, Jacynth, Jiacintha,
他の国へ行くとYacinta やYacinthaというお名前に変形していきます。
語源はギリシャ神話のヒアキュントス、つまりヒアシンスのことで、男性・女性両方に用いられる名前です。アメリカだと最近は女の子につ蹴るほうが多いみたいです。
ちなみにロシア語のヒアシンスはHがГ(ゲー)になってます。
でもバレエ「ローレンシア」では「ハッシンタ」 。
そんでもってアルファベット表記は「ヒアシンタ」。
ああややこしい。
とりあえずここでは「ハッシンタ(ジャッチンタ、ヒヤシンタ)」にしておきますね。

友人の名前そのAパスクアラ
・パスカルの変形ですね。語源はパスハ、ペスハ、passoverつまりユダヤ教やキリスト教における過越のことです。
つづりやヴァリエーションははPascale Pascuala Pascalle Pascaline Pascua and Paschaleなど。

オマール大好きさんゲット情報によりますと、
ハッシンタ(ジャッチンタ、ヒヤシンタ)は初日ボンダレワ、2日目ハビブリナ
パスクアラは初日ヤパーロワ、2日目ヤパーロワでしたね。(変更無くみなさんがちゃんと踊ってくれたことを祈ります!)
今翻訳中のメッセレルのインタビューだとさらにハッシンタ役にティッカ、パスクアラ役にアルブーゾワをコーチしている模様です。
同様にパ・ド・シスのバレリーナについては、シェスタコワ、コシェレワ、ステパノワ、クテポワの名前を挙げています。

東京バレエ団で上演したときの「ハッシンタ」はどのように表記されていたのか気になりますね〜。
NBSのサイトの公演記録にはさすがにそこまで詳しく載ってなかったです(苦笑)
posted by おロシア人 at 15:44| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。