2010年06月25日

ミハイロフスキー劇場 「白鳥の湖」 6月24日公演キャスト

サンクト‐ペテルブルク訪問中のオマール大好きさんが送ってくれました〜。
ありがとうございます♪
全体的に前日の舞台より良かったとそうです!
4人組も素敵だったみたいですよ〜。
またサーシャのスペインはいつものオールバックではなく、フワフワ巻き毛バージョンだったとか。いいなあ。観たかったよー(笑)

オデット/オディール:オリガ・ステパノワ
ジークフリート王子:アルチョム・プハチョフ
悪の天才:ミハイル・ヴェンシコフ
王妃:ズヴェズダナ・マルティナ
家庭教師:アンドレイ・ブレグヴァーゼ
道化:アレクセイ・クズネツォフ

パ・ド・トロワ:
アナスタシア・ロマチェンコワ オクサナ・ボンダレワ ミハイル・シヴァコフ
大きな白鳥たち:
ダリア・エリマコワ ユリア・カミロワ ヴィクトリア・クテポワ
小さなハクチョウ達:
ユリア・ティッカ エカテリーナ・ホメンコ ナタリヤ・クズメンコ マリア・ニコラエワ
ナポリターナ:
ナタリヤ・クズメンコ ニキータ・クリギン
ハンガリー:
オリガ・セミヨノワ ウラディーミル・ツァル
マズルカ:
ユリア・カミロワ オリガ・パヴェレンナヤ フィリップ・パルハチョフ アレクセイ・マラーホフ
スペイン:
アンナ・ノヴォショーロワ マリアム・ウグレヒリゼ アレクサンドル・オマール デニス・モロゾフ
王子の花嫁候補:
オリガ・アウトレイコ ヤナ・アルフィーモワ マリア・グルホワ 
ユリア・バラグロワ ヴィクトリア・ザリポワ ダリア・エリマコワ

1幕の四人の男性:
ニコライ・コリパエフ アンドレイ・ヤフニューク
ニキータ・クリギン マクシム・エレメーエフ

指揮:パーヴェル・ブベルニコフ
posted by おロシア人 at 08:07| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「逃走中」やら「DOI」やら

今日は仕事が夜勤なので、3:00に目が覚めても頑張って布団の中でゴロゴロしていましたが、結局5:00ごろから家を徘徊。。。

弟の部屋からは「うおー!」「やったー!!!」などの雄たけびが聞こえてきて、どうやらサッカー日本代表は勝ったみたいで、めでたいめでたい。
やっぱり、第一試合で勝っておくって、大事なんだなあと思いました。
最初に勝つのと負けるのとはエライ違いだろうなあと。

などとあまりサッカーはよくわからないので(静岡に住んでいながら。。。)頭の中はサンクトペテルブルクのことと、明日からのDOIとロイヤルバレエのことでいっぱい。
だいたいオマール大好きさんがメールを送ってくださる現地の夜時間が、
ワタクシの1日の始まりの時間と同じくらいなので、
リアルタイムにサンクト気分を味わえるのが嬉しいです。


さてさて明日からのDOI。
ワタクシは明日の夜1回のみ見ますが、それが大自爆大会にならないことをひたすら願っております。
妹たちも明日の昼間1回こっきりしか観られませんし、
他の回にしても、とにかくいい公演になるといいな〜♪

DOIのテレビ放映は27日にフジテレビ系列でありますが、
わたしは7月6日のCS放映(会場音声のみ、完全版)を録画予約。

それから同じフジテレビでの「逃走中」、これはコヅカスキーの母に頼んで録画しておいてもらいましょ♪
小塚くんと武史くんの和装は普通に似合っていて素敵ですね〜。
真央ちゃんと舞ちゃんの蛍光派出派手衣装に関しては、、、、以下自粛(苦笑)
まあ、、、、仕方ないんだろうなあ、ああいう衣装になちゃうのは、、、それにしても、、、(泣笑)
posted by おロシア人 at 07:45| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーリャ、シヴァコフ新版「白鳥の湖」デビュー&カシヤネンコ


(画像提供はオマール大好きさん。ありがとうございます。)


昨夜6月24日(現地時間、日本では今日未明)、サンクト‐ペテルブルクで上演された「白鳥の湖」。
ミハイロフスキー劇場の新版(メッセレル演出)「白鳥の湖」で、
オーリャ(オリガ・ステパノワ)がオデット/オディール役、
ミハイル・シヴァコフがパ・ド・トロワで、
それぞれデビューを飾りました!

オーリャは産後の舞台復帰は順調なようですが、これでようやく古典大作の主役に復帰!ぜひ日本でも彼女の白鳥を観たいです!いつまでも待ってるわ!!

シヴァコフは怪我で「ローレンシア」を降板せざるを得なかったみたいですが、
ようやっと、出番は少ないとはいえ、舞台復帰?
気をつけてロンドン公演を乗り切って欲しいですし、冬の来日までには完治してほしいですね!


カシヤネンコはエドワード・ロックがなんたらかんたら、、、と言ってたそうですが、
それって、もしかしてラ・ラ・ラ・ヒューマンステップス(エドワーロ・ロック主催)に入るということでしょうか?
本拠地はモントリオールのラララ、サイトをざざっと見ましたが、今のところカシヤネンコのカの字も出てきません。
しばらくラララを見張るしかない?
ひゃー。
へー。
ほー。


いや、まだほんとにラララに入るかどうかわからないけれども。

ほわー。。。。。
posted by おロシア人 at 07:33| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マールイ 全国公演 追加

ミハーロフスキー劇場、「レニングラード国立バレエ」の地方公演に追加です。

静岡近郊は今のところ静岡市と浜松市が判明。
三島、富士、沼津、島田などの各ホールのサイトには動きが無いです。
同様に松本、和歌山などもまだ載っていません。

静岡市民文化会館についてはホールのサイトにも静岡新聞社のサイトにもまだ出ていませんが、既に生協のチケット割引申込が始まっています。
(とりあえず1枚は申し込んでみました♪)
浜松はアクトシティのサイトに出ていますが、静岡新聞社の該当ページはまだ空白です。

レニングラード国立バレエ 「くるみ割り人形」 関東地区公演
12月4日(土)
場所:宇都宮 栃木県総合文化センター メインホール
開演:17:00
入場料 S:13,000 A:10,000 B:8,000 C:6,000 学生:3,000
問い合わせ:(財)とちぎ生涯学習文化財団
7月14日から一般発売

12月5日(日)
場所:群馬 ベイシア文化ホール大ホール
問い合わせ先・桐生音協
S席12000円 A席10000円B席8000円C席6000円
ぴあで7月25日から一般発売


レニングラード国立バレエ 「くるみ割り人形 」 静岡・浜松公演
12月19日(日)静岡公演
問い合わせ先:静岡新聞社・静岡放送企画事務局
場所:静岡市民文化会館
会場:未定
開演:?
入場料[S席] 13,000円 [A席] 11,000円[B席] 9,000円[C席] 7,000円

12月20日(月)浜松公演
問い合わせ先:静岡新聞社・静岡放送企画事務局
場所:浜松アクトシティ大ホール
開場:未定(6月25日現在)
開演:18:30
入場料[S席] 13,000円 [A席] 11,000円[B席] 9,000円[C席] 7,000円[D席] 5,000円

たぶん宇都宮がツアーの皮切り、とみていいのかな?
posted by おロシア人 at 07:02| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。