2010年06月26日

滑走順 後半

・キャシー&クリス・リード(タイスの瞑想曲)
・小塚崇彦(以前のSP、テイクファイブ)
・鈴木明子(ジェラシー)
・ステファン・ランビエール
・ラウラ・レピスト(平原綾香のジュピター)
・エフゲニー・プルシェンコ
・安藤美姫
・高橋大輔(ステファン振付のアメリ)
・浅田真央(バラード)
・フィナーレ
posted by おロシア人 at 22:49| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滑走順 前半

・オープニング
・宇野昌磨(ジャズアレンジのフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン→聖者が街にやって来る)
・藤沢亮子(チム・チム・チェリー)
・中村健人
・今井遥
・高橋成美&マーヴィン・トラン(新SP)
遙ちゃんと成美ちゃんたち逆かもです…
・羽生結弦(新SPの川井郁子さんの白鳥の湖をエキシビ版にしたもの)
・村上佳菜子
・南里康晴(過去のエキシビのメドレー)
・村主章枝(ベリーダンスみたいなやつ)
・町田樹(ダークアイズ)
・神宮アイスメッセンジャーズ グレース
posted by おロシア人 at 22:37| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り敢えず懺悔

DOIのオープニングで既に


あー、これは…


妹に謝んないと…
と思っていましたが、



バンクーバー五輪の時に
「いくら凄くてもやっぱりピークは落ちている、あるいはまだ本来の彼に戻ってない。」
などとプルシェンコに対して散々なことを言ったワタクシですが。


やはりジェーニャは凄かった。
妹よ、スマヌ(うちの妹はかなりのプルシェンコ好き)



しかもまだまだ本来の凄さからは程遠いにもかかわらず、それでも十分凄かったのでした、たかだかオープニングだけで、そう感じてしまいました。


そして本編も凄かったです。
全然彼の理想とする形にも、わたしの観たいプルシェンコの形にも、届いていないのに、何故こうもこちらのハートを鷲掴みにするのでしょう。
驚きと嬉しさでワクワクしました。
ありがとうジェーニャ!まさかあなたの滑りでまたガツンとやられる日が来るとは思っていませんでした。
願わくばこのまま有無を言わせない憎たらしいくらいに強い彼に戻ってもらいたいと思います。


が。


あのジャンプはちと膝に悪そうで心配です。


あとはウェイトかなあ。。。ある程度の重みは迫力あって素敵だけれども…。
posted by おロシア人 at 22:14| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリーム・オン・アイス2010

さきほどホテルに戻りましたが、レンタルPCがすべて出払っており、
ゥージャス!!!!!でございます(苦笑)

せっかくオマール大好きさんからたくさんサンクトペテルブルクからの情報を送っていただきながら、、、うーむ、今日は携帯からじゃ難しいかなあ。。。

とりあえずDOIに関しては携帯からちょこっとずつアップしたいと思います。

まずは今日お会いしたみなさま、素敵なひと時をありがとうございました。
特にわたくしのチケットをご用意してくださったRACHELさんには感謝してもしきれません!!!

ほんっっっっっっとにすんばらしいお席でございまして、、なんか申し訳ないくらいでございます。。。。。南正面ど真ん中でしたのよ、眼福至極でした〜♪

あっという間の夢のひと時で、明日も見たくなってしまった。。。
チケットないし、バレエもあるからあきらめますけども(苦笑)


いいショーでした。
スケーターのみなさん、関係者の方々、どうもありがとう!!!!
posted by おロシア人 at 21:48| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プルシェンコ

売店でお出迎え
posted by おロシア人 at 18:26| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリーム・オン・アイス 開演30分前

汗ばんだ身体には会場のヒンヤリが気持ち良いやら、風邪ひかないか心配やら泣き笑い
もっとゆっくり会場入りすれば良かったかも…あせあせ(飛び散る汗)
昼を観た妹からは
「町田君良かったよ〜♪」のメールが届きました。
開演が待ち遠しいデス光るハート
posted by おロシア人 at 18:03| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミハイロフスキー劇場 「白鳥の湖」 2010年6月24日公演レポ

お忙しいスケジュールの中、オマール大好きさんの送ってくださった感想をお届けいたします。いつもありがとうございます!

今回の「白鳥の湖」では新しい版での役デビューがお二方。
前の画像では分かりにくかったかと思いますので改めて。
デビューの文字が見えますか?
(ちなみにロシア語版のキャスト表だと「デビュー」は「プレミア」と表記されます。)
オデット/オディール役のオリガ・ステパノワ
パ・ド・トロワのミハイル・シヴァコフ です。
2人とも旧版ではもちろん主役も他のソロのパートもこなしていましたが、
やはり新版でのキャスティングが実際にあるのとないのとでは、ファンとしてもちょっとやきもきしてしまうものです。
それぞれにオーリャはおめでた→出産、シヴァコフは怪我などの理由でデビューは遅れてしまいましたが、ようやく!
ほかの前からいるソリストも、そして新しい子たちも、どんどんデビューしていって欲しいですね!


『最初から前日とはオケが違いました。
(指揮者やメンバーは変わってないように思えるのですが)
それから観客にステパノワ関係者が多かったのかな? 
声援がすごかったです。=>オケとか観客の一体感って舞台を盛り上げる重要な要素ですね。

『思い出せるところは
・プハチョフのニコニコ顔
そりゃそうですよね。一幕で出てきた時から前日と全く違いました。 
この顔の片鱗で良いから、ペレンの時に観たかったな・・・と。 
一幕のソロもとても素敵でした。
 二幕は他に観る人がたくさんいたのであまり覚えてません・・・ごめんなさい!!

・・・・わかりますよ〜。ついつい他に目が行ってしまうのは、マールイファンならではですよね(苦笑)プハチョフさん、さぞかし嬉しかったのでしゃないでしょうか。ようやく2人で白鳥を踊れたのですからね!

『・ステパノワ
とても好感のもてるオデット/オディールでした。 
特にオデットは彼女が本当に大切に踊っているのが伝わってきました。
実はオディールの方がステパノワにはハマるだろうと思っていたのですが、
結果的にはオデットの方が数段良かったです。
もちろん、デビューということで若干の力みはあったようですが、それすらも味方にしてしまうくらい気持ちのこもった踊りだったと思います。
一度しかない彼女のデビューを思いがけず観ることが出来てラッキーでした。』

・・・・ここ数年のマールイの「白鳥の湖」の中では(もちろん旧版ですけども)「スーシャ&シャドルーヒン」「オーリャ&プハチョフ」この2人の組み合わせの白鳥の湖がわたしは一番好きです。なかなか東京ではこの組み合わせにはめぐり合えないことが多いのですが、ほんっっっっっっとに、素晴らしいんです!
思い出しても涙が出てきます。
是非是非、、、、、また彼らの「白鳥の湖」に出会える日を日本で観ることが出来ることを祈るばかりです。オーリャ&プハチョフだったら、あの賛否両論うずまくへんてこりんなマントだって、我慢できるとわたしは思います(笑)

『・シヴァコフ
トロワデビューだったんですね。
ケガの直後のせいか、少し元気がなかった&多少抑え気味にに思えましたが、シヴァコフは一幕でのトロワの位置付けというかポジショニングをちゃんと把握しているのでしょう。
出しゃばりすぎず、控えめすぎず王子の友人を演じきっていたと思います。
次はもっと本領発揮の踊りが観たいです。

二幕は・・・眼福でした〜〜
個別のダンサーのことを言い出すと自分のご贔屓に走ってしまうので止めますけど2つだけ・・・
1つ目はもちろん、洗いたてフワフワの髪の毛のサーシャ♪ 素敵でした。
初めて見るフワフワのサーシャでハイテンションでした。
それから2つ目。
昨日はですね・・・王妃様&悪の天才の隣の席にハンガリー集団、その隣にマズルカ集団が座ってました=>ツァルとマラーホフさんがホントの隣通しってこと。
この二人が並ぶとね・・・分かりますよね〜〜目が離せない別の世界を作ってしまうので・・・故にあまり真ん中で踊る二人を覚えていません。
ただ、私の席の反対側にクリギンが座っていて、ステパノワのオディールを食い入るように観てました。
それまで石のように微動だにせず観ていたクリギンがフェッテが終わった時だけ大きな拍手をしていたので、恐らくマールイ的にはステパノワに合格点を出すのではないでしょうか。

蛇足ですが・・・幕が下りる時、ミーシャの位置と幕の位置を思わず確かめてしまいました。
多分大丈夫な位置に倒れていたはずなのですが、今回も死んだはずの悪魔さん、不安だったのか、幕が下りる間に、少し後ろに体を移動させていました。』
←なんですと???!!!!

シヴァコフ、怪我との闘いはまだまだ続きそうですが、舞台に立たないことにははじまらないので、頑張って欲しいですね。


ミーシャ(ヴェンシコフ)とクリギンのレポまでいただき、ありがとうございます。
副芸監さんには、是非とも来日公演ではどんどん固定キャストではなく、
ヴァラエティに富んだキャスティング、いろいろなダンサーにチャンスをばんばん与えてくださいますようお願いいたします。
まーそのー、ボスやあーちすちっくあどばいざーさんとかが、いない間にどんどんよろしく!(←何を????)

感想を読んでいて、昔クリギンやリャブコフやチェスノコフ、ソロヴィヨフさんばかり目で追いかけていたことを思い出して、胸が熱くなりました。。。。。
特に以前はゲストコンビが主役、ということがとっても多かったですから、
真ん中そっちのけ(スイマセン)だったような気が(苦笑)
これがあるから、マールイファンはやめられないんですよね。。。。。

しかしミーシャ。。。。
アタシがお花を差し上げる日は、もしかしてなにかやらかすのかもしれません(汗)お花、控えたほうがいいのかなー(笑)


それからフィルソワは「バヤデルカ」が今シーズン最後の出番だそうです。
(「ロミオとジュリエット」は出ない模様。ロマンは出るかもですが。)
とはいえ、すぐにロンドン・ツアーなので忙しくて大変みたいですが、
怪我なく舞台を乗り切ってほしいと願っています。


さてさてワタクシはこれから新横浜へレッツゴーです〜♪
posted by おロシア人 at 08:22| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。