2010年08月30日

8月30日 本日のお名前

気がつけば8月ももう明日で終わりです!
早いなあ。

本日8月30日は
ウリヤーナ/Ульяна ミロン/Мирон パーヴェル/Павел
キプリアン/Киприан アリピイ/Алипий エヴティヒアン/Евтихиан
レヴキイ/Левкий パトロクル/Патрокл ストラトン/Стратон
フィリップ/Филипп フィルス/Фирс コロナット/Коронатの日です。



Ульяна:ウリヤーナ
語源:ラテン語。古代ローマの氏族名「ユリウス」
古形:Юлиана/ユリアーナ Иулиана/イウリアーナ
意味:古代ローマの氏族名ユリウスから派生した男性名ユリアンからできた名前。
愛称:ウーリャ:Уля, ウリャーハ:Ульяха, ウリャーシャ:Ульяша,
リャーナ:Ляна, ヤーナ:Яна, ユリアンカ:Юлианка, ユーリャ:Юля,
リアンナ:Лиана, アーナ:Ана
名前の日のいわれ:殉教者聖イウリアーナ(聖ユリアナ)の記憶日。
ローマ皇帝ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス(在位270〜275年)統治下、プトレマイダ(ギリシャの北部)において、273年兄弟の聖パウロとともに殉教。
ほかの言語での名前など:
ユリウスはパトリキ(貴族階級)の中の氏族名のひとつで、ユルスの末裔と言われています。ユルスを通じて女神ウェヌス(ヴィーナス)に繋がる家系と主張しているわけです。
ユルスはアスカニオスの息子とも、あるいはアスカニオス自身の別名という説もありますが、このアスカニオスがアイネイアースの息子にあたります。
アイネイアースは叙事詩『アエネーイオス』に主人公として描かれた人物。
トロイ王家のアンキセースと女神アフロディーテー(ウェヌス、ヴィーナス)との間に生まれたとされています。トロイア戦争ではトロイ側の武将として活躍し、王子ヘクトルに次ぐ武勇を挙げたと言われています。
トロイア滅亡後にイタリアに逃れて後のローマ建国物語に関わります。
(それはまた別のお話なのでここでは割愛しますが。。。)
古代ローマでは彼の「敬虔」が強調され市民に愛されていました。

Мирон:ミロン
語源:古代ギリシャ語の滲み出る香気(聖油・香油)、香り高いを意味する言葉から
古形:Мироний:ミローニイ
意味:香油、聖油
愛称:ミローンカ:Миронка, ミローハ:Мироха, ミローシャ:Мироша,
モーシャ:Моша, モーニャ:Моня, ローニャ:Роня
名前の日のいわれ:殉教者ギリシャのアハイア(またはアカイア)の長老聖ミーロンの記憶日(250年)。
聖ミロンはローマ皇帝デキウス(ガイウス・メッシウス・クィントゥス・トラヤヌス・デキウス 在位249〜251年)のキリスト教弾圧のもとで殉教。
デキウス帝はローマの古代宗教を復活させようと、キリスト教を組織的に弾圧しました。
その他:最近ではあまり流行っていないお名前のようでえすが、とても良い名前、子どもに恵みのある名前だと、こぞって子どもの命名サイトに載っていたりします。よっぽど演縁起の良いお名前なんでしょうね。

Павел:パーヴェル
語源:ラテン語の形容詞「小さな」。ローマの家族名「パウルス」。
意味:小さな、可愛らしい
愛称:一般的なのはパーシャ:Паша,  パーヴリャ:Павляなど
パーヴェルカ:Павелка, パーヴリク:Павлик, パヴルーニャ:Павлуня, パヴルーシヤ:Павлуся,
パヴルーハ:Павлуха, パヴルーシャ:Павлуша, パーヴリャ:Павля, パヴリューカ:Павлюка,
パヴリュカーシャ:Павлюкаша, パーシャ:Паша, パシューニャ:Пашуня, パシュータ:Пашута,
パシューハ:Пашуха, パーニャ:Паня, パニュータ:Панюта, パニューハ:Панюха,
パニューシャ:Панюша, パニャーシャ:Паняша, パーリャ:Паля, パリューニャ:Палюня.
名前の日のいわれ:250年にきょうだいの聖ユリアナとともに殉教した聖パウロの記憶日
ほかの言語での名前など:英語圏のポール、ドイツ語圏のパウル、ギリシャ系のパウロス、
イタリア語圏のパウロ、スペイン語のパブロなど。

Киприан:キプリアン
語源:ギリシャ語のキユプリアキΚυπριακήから。キプロスのこと。
古形:Куприфн
意味:キプルの、キプル島出身の(キプルはキプロスのロシア語表記)
キプロスそのもの語源は、古代ギリシャ語のイトスギ(kyparissos)由来説と、同じく古代ギリシャ語の銅(Chalkos)由来説の2つあり、両者とも古来よりキプロスで多く産出されていたものです。
銅という単語の語源にもなっています。英語のcopperやラテン語のcuprum(元素記号のCuも)など。
名前の日のいわれ:ニコメディア(現在のトルコ、イズミール)聖キプリアンの記憶日(303年)。
303年のディオクレティアヌス帝(ガイウス・アウレリウス・ウァレリウス・ディオクレティアヌス)によるキリスト教迫害の殉教者のひとり。
改宗者には概ね寛大な処置がなされたけれども、公然と反抗したものに対しては容赦なく処刑。キプリアンはストラトン、フィリップ、エヴティヒアンらとともに殉教。

Алипий:アリピイ
語源:ギリシャ語
古形:Алимпий/アリムピイ  Алипат/アリパット
意味:悲しみのない
名前の日のいわれ:キエフ・ペチェルスキー修道院(洞窟修道院)の修道士でイコン美術家の聖アリピイの記憶日(1114年)

Евтихиан:エヴティヒアン
語源:ギリシャ語の幸運な人を表す言葉からきている、古代ローマの家族名エウティキエスから
意味:エウティヒエス(エウテティキエス)の子孫の
名前の日のいわれ:ニコメディアの殉教者聖エウティヒアンの記憶日(303年)。
ディオクレティアヌス帝による犠牲者の一人。

Левкий:レヴキイ(レフキイ)
語源:ギリシャ語の白 Λευκό から
古形:Левкей/レヴキイ(レフキイ)
意味:白い
名前の日のいわれ:殉教者聖レヴキイの記憶日。
聖レヴキイは、聖フィルス、聖コロナットとともに、ローマ皇帝デキウス(ガイウス・メッシウス・クィントゥス・トラヤヌス・デキウス 在位249〜251年)のキリスト教弾圧のもと殉教。
デキウス帝はローマの古代宗教を復活させようと、キリスト教を組織的に弾圧しました。
このレヴキイ、聖フィルス、聖コロナットのところで出てくるカエサリアが曲者で、
だいたいの資料にこの3人は
「ヴィフィニアのカエサリア」と「アポロニア」の聖フィルスたち、
と出てくるのですが、そのカエサリアがねえ。
トルコのカイセリなのか、シリアのカイセリなのか、パレスティナにあったカイセリなのか、アルジェリアの現シャルシャールのことなのか、ちっともわからない。
むしろ上の4つのカエサリアならば、素直にそのように書くと思うんですよね。
ヴィフィニアのカエサリアと書いてあるならそれを信じるしかないわけで。
カエサリア、つまりカエサルの町(シーザーの町)なんてほかにも沢山あっただろうし。
ヴィフィニアはビテュニア(小アジアにあった王国、ローマの属州)のことで、
まあそこにだってカエサリアという街があったとしてもおかしくはない。
さてしかしそのカエサリアがアポロニア(アルバニア)に近いかというと、、、遠くはないけども近くはないよなあ、と。それともアポロニアがほかにもあったのかも。

Патрокл:パトロクル
語源:ギリシャ語の父の誉れ
意味:父の栄光、誉れ
パトロクロスはギリシャ神話、トロイア戦争の登場人物。
アキレウスの竹馬の友とも言われています。パトロクロスがヘクトルに討たれたことにより、参戦を渋っていたアキレウスがトロイに乗り込み、命を落としたと伝えられています。
名前の日のいわれ:ガリア(現フランス)のトゥルア(トロワ)の殉教者聖パトロクロス(聖パトロクレス)の記憶日。(275年)
ローマ皇帝ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス(在位270〜275年)に
「あなたはこの世に富と宝を多く持っているけれども、天上に宝を持ってはいません。
キリストを信じない者には天国での至福を得ることはできません。」と語ったことで有名です。

Стратон:ストラトン
語源:ギリシャ語の兵士 Στρατιώτης
意味:戦士、闘士
名前の日のいわれ:ニコメディアの聖ストラトンの記憶日。
303年のディオクレティアヌス帝(ガイウス・アウレリウス・ウァレリウス・ディオクレティアヌス)によるキリスト教迫害の殉教者のひとり。

Филипп:フィリップ
語源:ギリシャ語のフィリッポス Φίλιππος
意味:馬を愛するもの
口語形/俗語形:Филипий:フィリピイ
愛称:フィリープカ:Филипка, フィーリャ:Филя, フィリューハ:Филюха,
フィリューシャ: Филюша, リーパ:Липа
名前の日のいわれ:ニコメディアの聖フィリポの記憶日。
303年のディオクレティアヌス帝(ガイウス・アウレリウス・ウァレリウス・ディオクレティアヌス)によるキリスト教迫害の殉教者のひとり
ほかの言語での名前など:フランス語のフィリップ:Philippe, 英語やオランダ語のフィリップ:Philip, Phillip
ドイツ語圏のフィーリプ:Philipp,イタリア語のフィリポ:Filippo, スペイン語、ポルトガル語のフェリペ:Felipe など。

Фирс:フィルス
語源:ギリシャ語
古形:Фирс:フィルス フルス:Фурс フルサン:Фурсан
意味:ティルス(ギリシャ神話のテュルソスの杖、キヅタや葡萄の葉などを巻いた杖でバッカスやその従者が持っていた)、祝祭用の錫杖、葡萄のつる
名前の日のいわれ:ローマ皇帝デキウス(ガイウス・メッシウス・クィントゥス・トラヤヌス・デキウス 在位249〜251年)のキリスト教弾圧のもと殉教した聖フィルスの帰国日。
その他:苗字のフィルソフ、フィルソワなど。

Коронат:コロナット
語源:ラテン語のコロナ「冠」
意味:栄誉を勝ち得た、頂上を極めた、冠を頂いた
名前の日のいわれ:ローマ皇帝デキウス(ガイウス・メッシウス・クィントゥス・トラヤヌス・デキウス 在位249〜251年)のキリスト教弾圧のもと殉教した聖コロナットの記憶日。
その他:このコロナットは、同じ時期に名前の残る聖コロナトゥス司祭(旧暦の9月12日、現在の9月25日)と同一人物だろうといわれています。
posted by おロシア人 at 22:16| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBC杯行けそうです!

さきほど事務局から連絡がきましたが、ジュニアグランプリの軽井沢大会、SBC杯に行けるみたいです。

あーーー、よかった。。。
なんつうか、こっちもほとんど諦めていただけになんだか嬉しいです。

一応休みも確保できていますので(さすがに三連休はとる勇気がまだないので、金・土のみの観戦です。)あとは体調を整えて観戦に備えるべし!ですね〜。
問題は日曜日の仕事にどう間に合うか、だよなー。
9:00から出勤の日なんだけども、8:50には売り場にいなくちゃいけないし、
土曜日は東京まで戻っておかないといけないのよね〜。
どっちにしても表彰式までは観られないっぽいなあ。
とにかく体力勝負!頑張ろう!

あ、まずはチケット代を振り込まないと(苦笑)

先日妹に、NHK杯は諦めるしかないにせよ、
日本人選手の層が厚い以上、海外のグランプリにも書くブロック大会の制覇も難しい中、まずは全日本に照準を定めるのが得策じゃないか言われまして。

そりゃー、わかっているけど、その全日本だってチケット確保が難しいんだってばー。。。
あとね、やっぱ、ダンスとペアも観たいんだもんよー。。。。
posted by おロシア人 at 18:30| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うれしせつなし

一昨日、昨日とちょっと勤務内容が大変で疲労困憊。

特に昨日は酷すぎて(苦笑)

誰でも身体の調子の悪い日があったり、仕事が上手く行かない、なにをやっても駄目な日というのはあると思いますが。

こう、なんていうのかな、仕事でミス連発!というわけではないんですね。
むしろ体調も疲れ気味だし、ここでミスしたらいけないから気をつけようという意識があるので、大ポカはしないんだけども、どうにもリズムがつかめていないというか、グダグダではないけども、気持ちが乗り切れていないというか。。。

身体と気持ちがバラバラというか。。。


まあようは疲れているせいなんだろうけども、
それが原因とわかっていても、わかっているからこそ余計にちゃんとしなきゃいけないし、疲れのせいにするなんてもってのほかですし。


でもどうやら昨日は周りからみて明らかに「おかしい」状態だったみたい。

会話がとんちんかんだったり、フワフワしていたりだったからなあ。


最初はスルーしていた先輩方もどうも変だと思ったようで、
午後からはみなさんがめちゃめちゃ優しかったです(涙)

ああ情け無い。
こういう場合ガツンガツンと強く叱咤されるならまだしも、優しくされると一番切ない。。。。。
ぅぅぅぅぅ、情け無いーーーー。
そんなに優しくされる資格なんてないんですぅぅぅぅ。。。

しかしまあ。
最近どうしてこんなに疲れがとれないのか不思議だったのですが、
昨日先輩方のお話で判明。
わたしは今月から新しい勤務内容の見習いが何回か入ったのですが、
それにしても、こうも疲れるはもおかしいと思っていたのですが、原因がほかにもありました。

7月から店舗長が変わったんですね。
7月のシフトはそれまでの店舗長が作ってくれてあったものだったのですが、
8月は現在の新しい店舗長が作成したシフトで。

やっぱり、ずーと一緒に働いていた人が考えに考えて作った勤務のスケジュールと、いきなりよそから来た人が作るものとでは違うんだなあと。
わたしなんか3月下旬からだけども、ほかのメンバーはもっと長い間のお付き合いだったわけだから、リズムが狂って大変みたいです。

わたしも以前の職場でシフトを作っていたからその苦労はわかるだけに、
今の店舗長もいろいろ考えて組み合わせてくれているのは承知しています。
あと1、2ヶ月で今の店舗長の作るスケジュールのリズムにみんな慣れると思いますが。。。。。


そして嬉しいことに、来月からいよいよ「有休」というものがとれるようになります。
実際にその有休を自由にバンバン使いまくるぞー、などとたいそうなことを考えているわけじゃないのですが、有休があるだけでなんかこう、じわ〜っと嬉しいじゃあございませんか。

この年になるまで一度も有休というものを貰ったことがないのですね、ワタクシ。

大昔にちょろっとやった事務関係のお仕事では、有休があるはずでも、
会社のボスが明治生まれの頭の固い方で、
「自分の都合で休むのにお金貰うなんてもってのほか!!!」という考え方の人で(だったら会社組織なんかにしなきゃいいのに。。。。)一度も使わずに退社。
ユーハイム時代もその後の洋菓子店時代もありませんでした。

別に自分の好き勝手にぱかぱか休もうなどとは思わないけれども、
こういう制度があると、たとえばボランティアなり、骨髄バンク関係なりで休まざるを得ないときとか、正直助かります。

ボランティアも骨髄移植もですね、それなりに収入とお休みが安定していないとけっこう難しいんですよ、はい。少なくともわたしには。
根性と熱意だけでなんとかなったのは20代までで、
30代入ったら、自分の休みを削ってこういう活動をしても、仕事もプライベートも中途半端になりかねませんので。


ちょっと話がずれちゃったけど、そう、今の会社は有休もどんどん消化してくれないと困りますー、という会社なので、翌月の休暇申請のときに
「何月何日までに○○日有休とりなはれ!」という注意書きがご丁寧についてきます。
組合がそれなりに強いんだと思います。
それでも仕事が「販売業」である以上、そう無茶な休みはとりづらいから、
みなさん適当に有休消化しているみたいですけどもね。

でも店舗のみんなの希望もきいて、有休割り当ても考えて、パートと社員の総合時間数も頭に入れて、シフトを作るのって、、、大変だろうなあ。
幸いわたしの配属された店舗は今は人員数がベストな状態なのですが、
よその売店や店舗では熱中症で倒れた人が出たりで、すごく大変なことに。

健康管理、ほんとに大事ですね〜。
posted by おロシア人 at 06:36| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エフセーエワ&シヴァコフの「ドン・キホーテ」映像

オマール大好きさんのコメントで教えていただきましたが、
You Tubeにオシポワ・サンクト・ペテルブルク・バレエの「ドン・キホーテ」の映像がアップされています。

DVDが出るまで我慢して見ないでおくか、見てしまおうか、、、

はい、やっぱり見てしまいました(笑)
迷うことなく(苦笑)


一幕のバルセロナの町の風景、バジルの登場まで
  ポリョフコ姐さんがいるように見えますが???

三幕の「ファンダンゴ」
  ソロはオシポワ&ミヤスニコフ。
  あーーーーいいねえ、オシポワ姐さんとキリルの並びは。。。。。


ふたたび一幕。キトリとバジルのパ・ド・ドゥもほんの少し。

   ハビちゃんかわいい(T_T) マラーホフさん素敵
   そしてやはりポリョフコ姐さんのような人が。そう思ってみるからそう見えるのかなあ。
   胴上げはほんとに胴上げしていた。
最近素手での胴上げってあんまり見ないからすごーいと思ってしまったのでした。

その続き
キトリとバジルのソロ、一幕のフィナーレまで。


三幕のグラン・パ

  最初ハビちゃんが水色の衣装で出てきたときは
  「あれー、ソリストも同じ衣装なのかなあ」と思い、
  でもその後出てきたソリストは白い衣装で「????」
  これはもしや?と思ったら、はい、予想通り、コシェレワがソリストとして出てきました。
  そうだよねー、森の女王だけじゃもったいないもんねー。


ますますDVDが楽しみです。
オシポワ一座を日本によんでくださらないかしらねえ。
ふー。見たいわー。
posted by おロシア人 at 06:12| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。