2010年09月28日

妹も一目ぼれ!

妹にステパノワ&ブキンの動画を見せたらやはり一目ぼれでした!!

しかしその後さんざん彼らやほかのアイスダンサーの映像を見たり、
ついでにベステミアノワ&ブキンの映像を見直し、
そして我らにとって、神のグリシューク&プラトフの思い出なんぞにふけったあとに、クネクネくんを見せたら、

「まだ足もとブレブレだね」とちゃっかり駄目出し。。。。。。


あぅぅぅ。先にアイスダンスを見せたのがあかんかった。。。。


でもきっと実演を観たら、妹もクネクネくんを好きになると思うんだがなー。。

それとも彼女はアーロンやロゴジーンにいくのだろうか。
ちっちゃいチャイナくんも上手かったしなあ。
(妹はポンちゃんが好きだしね。。。。)

基本いもうとも、わたしもジャンパーが好きだったりするから、
今回見たチャイナくんたちやコリアンくんも気に入るだろうし、
かといってかなりフィリッパーだった妹だから(彼女はわたしより、プルシェンコとフィリップとストイコに愛をささげていたのよねー。それを思うとわたしなんかかわいいもんだ。。。。ということにしておこう・笑)、
クネクネくんにもラキムガリエフにもマヨロフにもドッツァウアーにも転ぶと思う。

そしてアルメニアくんには、、、同じようにルダコを感じるのだろうか、、、、
偽ザゴロドニュークの話をしたら、
「ザゴロドニュークの容貌で、ひ弱じゃ、見たまんま、病弱でダメダメじゃん!」とつっこまれた。。。。
痩せていてもスタミナがなくちゃね、いけませんね、スポーツ選手なんだしね(苦笑)

それにしても、本当にアルメニアくんは、ヘロヘロだった。
あの標高でヘロヘロじゃあ、絶対にコロラドスプリングスでは戦えないと思う。。。

まさかアルメニアくん、あれでシニアもかけもちなんて、言わないよね?
いやそもそもアルメニア男子シニアに枠はあるのだろうか?


いやー、こうしていると、むくむくとスケート観戦熱が高まってきました。
NHK杯行きたいなー。。。。。ぼそ。。。。
当日券頑張りますかねえ。

早起きは得意だし。

真冬じゃないし。
しかしながら、早朝から並ぶったって、どうやってリンクまで行くのだ?
もしかして徹夜組というのは、早くから並びたいから、、、というよりも、
交通手段がないから、夜から並んでいるのかしら????


と、思ったけども、、、、そうだった、わたし、チケット全くとれていなかったから、
とくにNHK杯にあわせて休暇申請していなかったんでしたっけ。。。。

来月のシフトを確認してみたらば、金曜日は運よく休みでした。
土日は仕事。
しかもめちゃきついバージョンだった。


金曜日、、、、並ぶ?並んでみる????

そうすれば、ショートダンスとペアのショートは観られるんだよね。


あー、困った、本当に困った!!!!

これならいっそ3日とも仕事だったらばねえ、諦めもつくのにね(笑)


どうしようかなあ。

シフト決定後に自分の都合で変更を申し出ると、ペナルティ罰金がつくんですよねえ。うううううう。(←土日も休みたくなってきた人)
それに、来月のシフト作るのに、店舗長すごく苦労していたから、
やっぱり今更変更してほしいなんて言えない。。。。
ああ、同僚が上手いこと「この日とこの日の休みを交換してくれない?」とか、言ってきてくれないかしら?(←そんな都合のいいことがあるわけないじゃん)


迷うなあ。
金曜日並んでもチケット買えない公算のほうが大きいだけに、迷いますね。

おそるべし、生観戦の威力(笑)
軽井沢へ行ってしまったばかりに、こんなはめに。
(軽井沢へ行っていなくとも、行きたい行きたいと喚いたかもしれませんが)

しくしく。
posted by おロシア人 at 22:55| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤルバレエ「ロミオとジュリエット」 芸術劇場放映日

吉田都さんの所属するマネジメント会社で発表がありました。
Blooming 吉田都インフォメーション トップページ

これまで都ちゃんのホームページなども参考にしていましたが、
所属先の広報ができたのはありがたいですね。

ロイヤルバレエ団のラストステージ「ロミオとジュリエット」の模様がノーカットで放映されます。
NHK教育テレビ「芸術劇場」2010年11月19日(金) 23:00〜25:40
スタジオでのトーク プラス 東京文化会館でのロイヤルバレエ団の公演の模様が放映されます。楽しみですね!!!

ほかには。。。。
☆ラジオ・再放送
12月4日、11日、18日、25日(土) 6:30〜7:00
NHKラジオ  「英語ものしり倶楽部」
(再放送)
放送当日の23:00〜23:30及び翌日の9:30〜10:00

☆テレビ
10月月25日(月) 22:00〜22:48
NHK総合 
「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜
 世界のプリマ 最後の闘いの日々〜 バレリーナ・吉田都 〜」


先日の軽井沢でごっしょに観戦させていただいた方も、吉田都さんのファンで、
ちょうどその方が「吉田都物語」というバレエ漫画を購入なさっていてですね、
わざわざわたしのために持ってきてくださったのですよ。
ありがたく読ませていただきましたが、当時のことをいろいろ思い出して涙ぐんでしまいました。
スケートやバレエで、いろいろな方とお知り合いになれるのも、幸せなことだなあと、あらためて思いました。
Nさんありがとう♪
posted by おロシア人 at 21:57| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢大会@ショートダンス順位

Junior Ice Dance
Short Dance

Result Details
Pl. Name Nation TSS
= TES + PCS(SS/ TR/ PE/ CC/ IT) Ded./ #滑走順
1 Ekaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO RUS 53.91
29.64+24.27 (6.14/ 5.93/ 6.11/ 6.11/ 6.04) 0.00 #9
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 53.28
30.08+23.20 (5.89/ 5.64/ 5.79/ 5.79/ 5.86) 0.00 #6
3 Geraldine BOTT / Neil BROWN FRA 52.02
30.65+21.37 (5.32/ 5.21/ 5.29/ 5.46/ 5.39) 0.00 #3
4 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS USA 48.47
27.65+20.82 (5.43/ 5.04/ 5.29/ 5.14/ 5.14) 0.00 #12
5 Kelly OLIVEIRA / Jordan HOCKLEY CAN 47.39
27.79+19.60 (4.96/ 4.71/ 4.86/ 4.96/ 4.96) 0.00 #5
6 Yiyi ZHANG / Nan WU CHN 44.94
27.01+17.93 (4.61/ 4.29/ 4.50/ 4.57/ 4.43) 0.00 #4
7 Victoria HASEGAWA / Connor HASEGAWA CAN 40.92
23.36+18.56 (4.71/ 4.46/ 4.57/ 4.82/ 4.61) 1.00 #13
8 Dominique DIECK / Michael ZENKNER GER 40.32
22.94+17.38 (4.39/ 4.18/ 4.32/ 4.50/ 4.32) 0.00 #8
9 Joylyn YANG / Jean-Luc BAKER USA 40.03
20.73+19.30 (5.00/ 4.68/ 4.75/ 4.93/ 4.75) 0.00 #11
10 Myriam GASSOUMI / Clement LE MOLAIRE FRA 39.02
24.08+14.94 (3.82/ 3.57/ 3.75/ 3.89/ 3.64) 0.00 #1
11 Misato KOMATSUBARA / Kokoro MIZUTANI JPN 35.86
19.65+16.21 (4.21/ 3.96/ 4.00/ 4.04/ 4.04) 0.00 #7
12 Karina UZUROVA / Ilias ALI KAZ 29.39
17.18+15.21 (3.96/ 3.61/ 3.82/ 4.00/ 3.64) 3.00 #10
13 Ayesha YIGIT / Shane SPEDEN NZL 26.59
14.57+12.02 (3.11/ 2.96/ 3.04/ 3.14/ 2.82) 0.00 #2
posted by おロシア人 at 19:28| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネーベルホルン杯2010 町田くん優勝おめでとう!!

軽井沢観戦記の前にとりあえず町田くん優勝について触れておかなくては(笑)
(とりあえず、町田くんの動画だけ観ました、はい。
早くほかの競技もチェックしたいところですが、、、、)

軽井沢滞在中もSP1位通過と聞き、気になっていました。
土曜日の朝にFPも1位で優勝決めたと聞いたときは嬉しかったですね〜。

ミカル・ブレジナは残念でしたね。
なんでもフェンスに激突したとかさんざんな出来栄えだったみたいで、、、。
頑張れミハル!!!

ですが、メンショフの2位、ペーターの3位というのも嬉しかったりします。


2010 Nebelhorn Trophy - Tatsuki Machida SP
・・・町田くんのショート・プログラム
ステップが決まればほぼパーフェクトでしたね。

2010 Nebelhorn Trophy - Tatsuki Machida FS
・・・フリースケーティング。
得点だけ見た時点ではほぼ完璧かと思いきや、動画を見てみると実はちょこちょこほころびもあったのですね。
ということは完成したらすごい得点が出るんだろうなあ。
実はDOIを観て、「町田くん、調子がいいのはいいけれども、仕上がりが早すぎるのでは、、、シーズン終盤までもつのかな?」などと心配もしたのですが、
まだ発展途上っぽいし、いらぬ老婆心だったようです(苦笑)

2010 Nebelhorn Trophy - Tatsuki Machida Gala+Encore+Finale
・・・エキシビとアンコールとフィナーレの一部分

だいぶ逞しくなりましたね〜。
これでエキシビでもバンバン全くミスする気配すらなくなると、
本当のトップレベルだといえると思います。
町田くんのこれからの成長がさらに楽しみになりました。
ちょっと足踏みした時期もあったけれど、ようやく努力が実を結んできましたね!嬉しいです〜。


わたしがこれまで観戦した国際大会や国内大会で、あるレベルを超えてしまったようなスケーターは、試合でもエキシビでも全くほころびを見せない時期があります。
それはたいていその選手の、試合で勝ち続けている時期、簡単に言ってしまえば絶頂期という言葉が当てはまるのですが。。。
それがほんとうにそのスケーターの魅力が開花して、選手としても、演技者としても、円熟しているかというと、必ずしも「イコール」ではないんですよね。
中には勝っていたときよりも、勝てなくなってからのほうが上手くなっている人、
魅力が増している人もいますから。

まあそれはともかく。
「今この人が一番すごいんだ」という有無を言わせない強さと魅力を持った選手は、ほんとうに強いです。
そしてものすごいオーラがあります。
エキシビで何回アンコールで出てきてもバンバンジャンプ跳んでしまったり、
通しで3プログラムぶんぐらい「けろりと」滑っちゃったり。

もうね、そうなってくるとね、人はなにもできなくなると「ははは」と笑ってしまうもんですが、ええ、笑っちゃいますね。
笑うしかないもん、ほんと。

そういう人は、やっぱり、世界選手権や五輪でトップを争う人たちなんですよね。


さあ、町田くんはそういったスケーターになれるのでしょうか?

それはほんとうにわからない。
町田くんの素晴らしい才能は誰もが認めていると思います。
わたしは彼のスケートが大好きですし、彼は充分世界で戦えるレベルの選手だと思います。

ただ、まだ、まだ、まーだ、スタート地点に立ったばかり。
これからが本当の勝負です。



2010 Nebelhorn Trophy - Medal ceremony men
・・・こちらはネーベルホルン2010男子シングルの表彰式。
台に上がった人も、そうでない人も、悔いのないシーズンを過ごしてほしいです。
どの選手が次の五輪シーズンまでにその才能を伸ばしていって、ドカンと花火を打ち上げてくれるのかな、、、と思いますね〜。
大きい花火でも小さい花火でもかまいませんが、素敵に輝いてくれることを祈ります。
posted by おロシア人 at 19:05| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

クネクネくんとサーシャ&イワン

軽井沢のジュニアグランプリに出た選手たち、好みのタイプがたくさんいましたが、
いわゆる一目ぼれ、初めてライヴで観てガツンと心にきてしまったのは、
クネクネくんとサーシャ&イワンのカップル!!!

(別格でフィリピンくんとチャイナくんがいるんだけども、とりあえず彼らは別項で述べたいです。)

クネクネくん→ジェイソン・ブラウン(USA) 男子シングル
サーシャ&イワン→アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア) アイスダンス

あー、SBCで来月放映があるそうですが、、、
サーシャ&イワンは1位だから放映あるよね?(ダイジェストだったり、ショートかフリーどちらかのみかもしれませんが、全くのスルーではないと思いたい)
ただ、クネクネくんは6位だったからなあ。たぶんちらりとも映らないだろうなあ。

クネクネくんはフランス大会では2位だったので、SP・FP・Ex.とも画像がアップされています。
Jason Brown (USA) 2010 Courchevel JGP short program
・・・一目ぼれしたショート・プログラム
Jason Brown Courchevel 2010 Free Skate
・・・フリー・スケーティング ちょっと近めの映像
Jason Brown Courchevel 2010 Free Skate
・・・こちらは少し遠くから観た感じのもの

こちらは同じくフランス大会で1位だったサーシャ&イワン
アンドレイ・ブキンの息子のカップルです。
上手いです、はい。
ブキン父によく似ていますねー。アンドレイのほうがもっとゴツゴツ、げっそりしたお顔でしたが、たぶんアンドレイの若い頃はこういうお顔だったんじゃないかと思われますね。(わたしが知っているアンドレイ・ブキンは「ソ連チャンピオン」「キング・オブ・アイスダンス」時代の彼だけなので)

Степанова-Букин, ЮЧР 2010, оригинальный танец
・・・これは昨シーズンのオリジナルダンスの映像です。
生で観たかったなあ。

Stepanova-Bukin (Russia) 2010 Courchevel JGP short dance
・・・フランス大会 クールシュヴェルでのショートダンス
Stepanova-Bukin (Russia) 2010 Courchevel JGP free program
・・・同じくフリーダンス
100926 JGPJP icedance news
・・・こちらはSBC放送のニュース映像
みさとちゃん&心くんの映像もちらり。


クネクネくんは男子シングルの6分間練習で、みんながいっせいに滑りはじめた際、
『ん????女の子が一人混じっていないかい?』というような風貌の子がいてですね、ついつい目が行ってしまいました。
その後幾たびか近くですれ違ったり、言葉を交わしたりしましたが、
近くで見るときちんと男の子ですが、、、、、
そして滑っている姿そのもの、スケートそのものは男の子でしたが、
プログラム的な内容はえーと、、、、、「女の子」かもしれません。

ウォーミングアップを見ていると「彼はきっと何かやらかしてくれる!!!」という予感がじわじわ盛り上がってきます。
そういう選手っているんですよね。

また観戦記でくわしく書きたいと思いますが、身体的なものもありますし、
決してジャンプが強いわけでもない、男子シングルのシニアに求められるものは多く持っていないタイプの選手なので、これから大変かもしれませんが、
怪我しないで、そして彼のこの素敵な個性を、どんどん開花させていってほしいです。
日本にアイスショーで来て欲しいなんて思ったけれども、
余分なことはしなくていいので、本国で練習にはげんで欲しいとさえ思ってしまいました。


ブキンの息子、そういう目で見ちゃいけないと思うのではありますが、
えーと、、、、、、似てるんだな、これが(汗)
(サーシャ・スヴィニンのチームだというのもまたなんだか嬉しい。
これで順位が上がっていって、またえらいところに引き抜かれちゃうとさみしいけれども、とりあえずサーシャのチームで頑張ってほしいなーと思うんですよねえ。)

一緒に滑ったグループがこれまたいけなかったというか、
ステパノワ&ブキン組がよけいに上手く見えてしまうんですよ(苦笑)

こんなに差があるのはですねー、えーと、、、、

グリシューク&プラトフが幕張のNHK杯でぶっちぎりだったときみたいでした。
近いところだと(近くないか)、京都のNHK杯でのロバチェワ&アベルブフ組状態?

まあ実際、軽井沢ではそのあとのグループでカーチャ&ジョナサンたちもいましたし、
けしてぶっちぎり状態ではありませんでしたけれどもね。

あー、観に行ってよかった。
ショートダンスはいろいろな意味で泣けましたよー。


試合でコンパルソリーが無くなってしまうことの寂しさや、
オリジナルダンスの楽しさが減るのはさておき、
ショートダンスそのものはとても面白いです。


あ、話がそれた。
ジャッジも観客もフレッシュな魅力には弱いと思います。
五輪金メダリストの息子という色眼鏡で見られる部分もあるかと思います。
まだまだ素材で勝負な感じも否めないですし。
(それでなくともスタイル抜群のカップルですからねえ)

でもね、たぶん「綺麗なお嬢さん&ブキンの息子」カップルとわからないで観たとしても、好きになっていたと思います。

ショートダンスのときは拍手もできないくらい、じーーーーっと魅入っておりました。ドキドキワクワクしました。

このところドキドキワクワクすることが少なかったので、こういうのも久しぶりで嬉しいです〜。
(ハラハラドキドキは多かったけれどもさ。。。)
posted by おロシア人 at 22:56| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

来年も是非!

今朝方無事に静岡に戻りました。
若干の番狂わせはありましたが泣き笑い

まずは現地でお世話になったRさんNさん、ありがとうございました。(今回はワタクシが体調を崩してしまい、何の役にも立てず申し訳なかったです平謝り)今日のダンスフリーも楽しまれたことと思います!

ジュニアグランプリ、是非とも来年も日本で開催して欲しいですね!できればもう少しキャパの大きいところでやってほしいなあ。軽井沢が悪いわけでも、風越アリーナが悪いわけでもないのですが、いかんせん…収容人数が少なすぎます!滑るほうも、もうちょっとお客様がいたほうが気持ち良いと思いますもの。

素敵な試合を観られて幸せな二日間でした〜。
選手のみなさん感動をありがとうございます♪続きを読む
posted by おロシア人 at 22:03| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

アルメニアくん

アルメニアの偽ザゴロドニュークというか、イズミル王子(Rさん命名)、ムクルトチャン選手。
彼が日本にいる間に是非ウナギを食べさせてあげたい…


そう思います、心底。

信州そばじゃなく、鰻重食べてから帰国して!


何の話かって?
勿論スケートの話デスよ!!!
posted by おロシア人 at 22:53| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣く泣く

女子最終グループを残して帰り道です。明日の朝イチ出発だと仕事に間に合わないんですよね…ちぇ。
いや…明日のダンスフリーを観られないのが一番辛いですが。

男子のフリー、とても良い試合でした。優勝したカナダのロゴジーン選手、ロシアのゴルシコフ選手は正統波というか、気持ちのよい滑り。ポンセロくんに似たアーロンはタイトル欲しかっただろうけども、崩れてしまいました。残念!彼の気迫の三分の一くらい健人くんにあればなあ。。。。
でもやはり今日圧巻だったというか、観客の心を掴んだのはアメリカのクネクネくんもとい、ジェイソン・ブラウン選手でした。
ワタクシも含めてスタオベ率高かったです。
とても素敵なトゥーランドットでした。
絶対に日本で人気が出るタイプだと思います。真壁さん、中京テレビさん、彼を是非日本によんで下さい!


ってのはともかく、
ジャンプは女子シングルかもしれないし、クネクネだし、正統派じゃないし、トリプルアクセルもクワドもないけどね、彼は素晴らしいですよ!!!!!



また苦労のタネというかショッキング茨道を歩くことになりそうですが、だって好きになっちゃったんだもーん。仕方ないです。
posted by おロシア人 at 21:45| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子ショート

キリーと庄司さんは勿体ないの一言!
(それを言うなら紫苑ちゃんもですが。)
キリーは可愛らしいしアピールも良いし、プログラムもこなれていて圧勝モードかな、でしたが、全員を見終わると、もう少しスケールが大きいといいかなと感じます。
でもあんなに小さいんだから、そら仕方ないですかね泣き笑い
カナダのケイトリンからはスケートの楽しさが伝わってきて嬉しかったです。
昨日のフィリピンくんと彼女にはスケート本来の魅力のようなものが溢れていて、素敵でした。昨日のウルウルと来たのは(泣くこたあないけどさ泣き笑い)ブキンたちとフィリピンくんとカナダちゃんですかねえ。あ、キリーのタブルアクセルのびたん!!!の後の気迫にも感動しました。
posted by おロシア人 at 11:50| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

男子は

1、2位の子たちも良かったですが、個人的にはクネクネアメリカくんと、フィリピンのキャッツくん、スウェーデンのオースティンくん、カザフスタンくんがお気に入りです。
日野くん勿体ないね!
posted by おロシア人 at 19:50| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。