2010年11月22日

ああロシア、されどもロシア

8月の初め、、、、そうですね、8月1日やら2日くらいにワタクシ、ロシアへお手紙を出しました。。。。。。。
その手紙、ずーっと行方不明でしたが、11月19日に無事に届いたそうです。。。。


郵便事情激悪のロシアへのお手紙。
懲りずにちょくちょく出しているわたくし。

ロシアの郵便事情が悪いのか、それとも懲りないワタクシが悪いのか。


その昔大昔、まだソ連という国があったころに、体操選手に送ったファンレターは、届いたのか届かなかったのか、わからないけれども、日本には送り返されてはこなかった。。。。。

ソ連が無くなって、「ロシア」になってからの手紙は、むこうから届くことはまれだけれども、少なくとも届いたかどうかは、「メール」で分かる時代になりました。


ことのおこりは、9月、マールイのダンサー何人かとのメールのやりとり。

あれ?なんか、話がかみ合ってないよなあ。。。。ということがしばしばありました。

というのはですね、ワタクシ、手紙はとっくに届いたつもりだったんですよ。

だって、8月の初めに出した手紙よりあとの、8月下旬に出した手紙が既にロシアに届いていたからです。
時間を追って書きますと、
@8月しょっぱな、ロシアへ郵送。
郵便事情の悪さ対策として、バラバラではなく、1人のダンサー宛にまとめて郵送。これならもし日本に戻ってくるにしても、まとめて帰ってくるだろうし。
それに途中で紛失するくらいならば、郵便代は一括で済ませたいぜ!というケチケチ事情もあり。。。
A8月中旬ごろ、とある本を開いたら、一緒に出すはずだったNくんへの手紙がひらり。。。。
「ヤバイ!!!Nくんごめん!!!!」と、慌てて彼の分の手紙を郵送。
B9月くらいに
「ひゃっほー、届いたよ〜」というNくんからのメール。


ね、後から出したNくんあてのお手紙がすんなり届いたんだから、
その前の手紙は届いているんじゃないかと、思うじゃないですか。


でもさすが、ロシアです。
おそるべし〜。。。。。。。

まあ、9月や10月のメールのやりとりで、「どうも、彼女も彼も、わたしの手紙を読んでいなさそうだな。。。」という感じを持つにいたり、聞きにくいなあと思いつつも、「ねえ、わたしの暑中見舞い、届いた?」と聞いてみました。

そしたら、「知らないよ〜」というお返事。。。。。


ガガガーン!
忘れたころにやってくる、郵便事故。。。久しぶりに味わった、郵便事故に、ちとショック。
でもまあ、手紙はまた書けばいいしな、、、しかしな、、、、せっかく書いたのになあ、、、、、写真もプリントしたのにな、、、、ちぇ。


ちょっと落ちこみましたが、立ち直りも早いワタクシ、(というか、もともとロシアへの手紙は届かないこと覚悟して出すからね)これもいい経験だと思って諦めておりました。

暑中見舞いが冬に届いたらマヌケだよなー・てへ!
などとは思ってはいましたけどもね。



まさか、ほんとに、この冬、しかも!!!!あと10日ちょいで彼らがやって来るというころに届くとは、、、、、、、恥ずかしいというか、きまり悪いというか。。。



で、この話を、アルバイトのインドネシア出身の女の子に話していたんですよね。
そしたら、
「えー、それって、すごいよねー、キヌキヌ!(←わたしのこと)
ところでロシアって、日本と同じくらいの場所だっけ?
あれ?北半球????」
的なことを言ってきたのでずっこけました。

ああた、仮にも国費で日本に留学してきた子ですよ、びっくらするじゃありませんか!!!


「Mちゃん、えーと。。。。ソ連って、わかる?」←話はそこからか!

でもまあ、ワタクシも、赤道周辺の地理を正確に言えるかと言えば、
そこは7割くらいアヤシイ。。。。
アフリカ大陸にいたっては5割切るでしょう、正答率は。
南米大陸はいいにしても、中南米あたりはもっとあやしいと思う。

ロシアの場所なんて知らなくたって、生活には困らないけども、
Mちゃんには、ロシアのことをもっと知ってもらいたいなー、と思ったのでした。

ちなみにMちゃんのロシアの知識は
「アイスホッケーが強い」
「この前バレーボールで勝った国」
「レーニン・スターリン」
「ガガーリン・テレシコワ」
「チェスのグランドマスター輩出国」
などなど。。。。なんか、知識、わたしより、、、偏ってないか?


でも、こんなMちゃんがわたしは大好きです。
Mちゃんの住んでいたインドネシアの夜空は、日本とだいぶ違うこととか教わったし。。。。。
【関連する記事】
posted by おロシア人 at 20:51| Comment(2) | おロシア人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

極めて個人的な体験ですが、インドネシアも郵便事情でドキドキだった体験があります。
正しくは荷物ですが、だいぶ長いこと税関にあり、相手の近くの郵便局から配達までこれまた時間がかかった体験が。
書籍だったんですが、よからぬものとかん違いされたのでしょうか?
日本みたいにきっちりしているほうが珍しいのでしょうか。

これまでバレエをはじめとするブログを楽しみに読んでいました。
おロシア人さんの行動力やバレエ等に対する熱い思いに、いつもはげまされていました。

残念ながらauoneは終わってしまいますが、これからも舞台などについて綴られるのを楽しみにしています。

長々と失礼しました。
お元気で…
Posted by 要子 at 2010年12月19日 14:48
メールボックスパッケージ要子さん。
でも、、、、郵便は、郵便なんだからさ、そこは、、、きちんとしてあたりまえ、、ですよねえ(苦笑)
とりあえず、国から国へは、ちゃんと届くんですよね、問題はその先です、はい。

ちょっと話は違いますが、南米などに、何かを寄付するとき、モノ(楽器だったり、学用品だったり、日用品だったり)を送るのも危険みたいですね。
途中でマフィアなんかに強奪されちゃうそうで。
だから、あっちへ何かを寄付したいときは、「募金」がいちばん効率がいいみたいです。ピンハネされるにしても、とりあえず、援助されるべき人々のところに、なにがしかは届くみたいなので。

そういうことを考えると、日本やいわゆる元、西側の先進国というのは、恵まれているんだなあと思いますね。
ってか、それがあたりまえのはずなんですけどねえ(苦笑)

ブログへのコメント、ありがとうございます。
場所は変わりますが、gooでもお付き合いいただけたら幸いです。
でも、ほんと。。。。auは居心地よかったので、寂しいです。
今までありがとうございました。
Posted by おロシア人 at 2010年12月19日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。