2010年10月26日

NHK杯C ペア第1グループ

ISU Grand Prix of Figure Skating 2010/2011
NHK Trophy 2010
Nagoya/Japan Nihon Gaishi Arena


ISU GP NHK Trophy 2010 NHK杯 ISU公式リザルトサイト
・・・ISUの公式リザルトサイトです。
NHK杯番組公式サイト
・・・NHKの番組公式サイト
試合全て、エクシビションのビデオクリップ(解説抜き、会場音声のみ)を見ることができます。
インタビューや表彰式の映像もあります。
www.ice-dance.com・・・写真やレポが充実しています。アイスダンスファンには必見です。
NHK杯ブログはキャシー・リードが担当しています。

ペア・SP
Warm-Up Group 1
1 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS
ヴェラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフ ロシア
60,16 PB更新ですね!
Adagio by Secret Garden

曲はシークレットガーデンのアダージョ

ジュニアで台頭してきた2006/2007シーズン以来、ずーっと生で観たいと願っていたペアです。
ちょっと試合に出られない時期が続いて心配していましたが、昨シーズンはユーロ、五輪、ワールドにも出て、とても嬉しかった!
昨季の東京でのグランプリファイナルで観たロシアのジュニアのペアの子たち、
才能はあるのだろうけれども、まだ「ソチに向かって期待を託すことのできるレベル」とは言いがたく。。。。
そのときはまだムホルトワ&トランコフがペア解消するとは思っていなかったので、
悠子ちゃん&サーシャ、ムホルトワ&トランコフと、ジュニアのペアたちの間がいないのは困るよなぁ、、、、バザロワたちはどうしちゃったんだろう、、、と心配していたのですが、シーズン終盤にユーロ、五輪、ワールドで彼らを観られて安心したのでした。

NHK杯に出ると決まってからとっても楽しみにしていて、実際に試合を観て、
第一滑走からとても高いレベルのものを観られて、良かったです〜。

トリプル・ツイストがとても綺麗でしたねえ。
ショートプログラムでは、全てのカップルの中で一番美しいトリプルツイストに感じました。

ソロジャンプの3トゥループはほんのちょっとバザロワがバランス崩していましたがこらえましたね。スロー3サルコウでも空中姿勢が乱れかけていたのですが、高さも飛距離も余裕があって、ランディングでは綺麗に流れていて、今大会は調子がいいんだと思いました。嬉しいです。
滑りも各エレメンツのポジションもとても綺麗でした。

もうちょっとメリハリがつくとさらに素敵になると思いますね。
これからがとても楽しみです!


2 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE GER
メイリン・ハウシュ&ダニエル・ヴェンデ ドイツ
50,49

Tango de Roxanne (from "Moulin Rouge" soundtrack)
映画「ムーラン・ルージュ」のロクサーヌのタンゴ

ツルツルスキンヘッドのコーチの真っ赤なフレームの眼鏡が何気にツボでした(笑)

ソロの3トゥループは綺麗に決まってよかったですね〜。
見ているこちらもテンションが上がります!
ツイストリフトは2ルッツから入りましたが、これもきちっと決まって素敵でした。
スロー3サルコウの着氷姿勢が前のめりになった以外はほぼノーミスでした!

まー、ロクサーヌのタンゴというと、、、もうちょっとドラマチックな感じが欲しいかなあと思うのですが(映画でも重要な場面ですし!!)、
雰囲気がなんつうか、、、「ロクサーヌのタンゴ」ではなかったんですが、
笑顔で幸せそうな感じの2人を観ていたら、ま、いっか、、、と思いました。ははは。
2人の雰囲気、お互いへの信頼感みたいなものを感じました。

3 Caitlin YANKOWSKAS / John COUGHLIN USA
ケイトリン・ヤンカウスカス&ジョン・コフリン アメリカ
54,19

Oblivion ( Astor Piazzolla )

ピアソラのオブリヴィオン

彼らのこういうしっとりした演技もなんだか新鮮です。
ソロジャンプも3ツイストもスロー3サルコウも良かったですね〜。
ジャンプのあと、2人とも流れがあるのが素晴らしいです。
ソロスピンがちょっとずれちゃったのが勿体無い!
それ以外はほぼ全て実力を出し切れたんじゃないですかね!

なんだー、アメリカ、ちゃんとペア育っているではないですか。
ここ1・2シーズンは怜奈ちゃんたちが無理に続けている感じもありましたが、
ちょっとホッとしました。
ペア競技の将来をつい悲観してしまっていましたが、明るい兆しが見えてきたかな?


4 Yue ZHANG / Lei WANG CHN
ユエ・ジャン&レイ・ワン 中国

Tango de los Exilados by Walter Taieb and Vanessa Mae

例のタンゴです。

この曲、好きなんですが、例えばブロック大会などで、何人もこれを聴きつづけるといささか食傷気味になってしまいます(苦笑)

こちらのテンションがアップするようなスケートならばいいのですが、今回は、、、元気なかったですねえ2人とも。

このカップルは昨季のジュニアグランプリファイナルで初めて生で観て、
その時の上品な雰囲気と高い技術でうっとりしていたのですが、
このショートプログラムではやや固かったというか、、、
いや、別に大きなミスは無かったんですけども、もっと出来る子たちだよね、本当は。
いつもの煌めきがなかったのが気がかり。
本調子ではなかったのかな?
フリーで頑張って欲しいです。


第1グループのみんな、ほぼノーミスの出来栄えで、シーズン開幕戦とは思えない素晴らしい試合になりつつあります。
第2グループが楽しみです!
posted by おロシア人 at 13:45| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。