2010年10月20日

サラファーノフがミハイロフスキー劇場に移籍!

今日は複数のお知り合いからのメールでこのビッグニュースを知りました。

マリインスキー劇場のレオニード・サラファーノフが来年2011年1月1日からミハイロフスキー劇場へ移籍することになりました。

ミハイロフスキー劇場の公式サイト該当ページ:
ロシア語ページ
英語ページ

どうやらサラファーノフ自身が、ナチョ・デュアトとの新しい仕事にとても期待している模様ですね。

なんていうか。

マリインスキーやボリショイに所属したダンサーが、国外のバレエ団ならいざ知らず、
同じロシアのほかの劇場へ完全移籍するのって、、、なかなか大きな勇気がいることだと思います。ちょっとびっくり。いや、かなりびっくりだ。
まあサラファーノフの場合、「ミハイロフスキー劇場」というよりも、「ナチョ・デュアトの新作」に重きを置いてのことなのでしょうが。

サラファーノフのポジションが、以前のデニスのようにゲスト・プリンシパルで、
年間いくばくかのミハイロフスキー劇場でのステージをこなす以外、あとは半ばフリーランスで好きにあちこちで踊るのか、
それともほんとにマールイメインになるのか、
来年になってみないとわからないですが、
本日のビッグニュースでした。


そういえば、スケートの知り合いに、マトヴィのためならロシアにもロンドンにも行ってしまう人がいるのですが、
「マトヴィがマールイ移籍したから、これからバレエ会場でもよろしくね〜」
などと話したにもかかわらず、、、、

マトヴィがマールイのダンサーとしての来日が一切ないまま、マトヴィはマールイを去ってしまったので、結局彼女とはバレエ会場では一度もお会いしたことはないのです(笑)
posted by おロシア人 at 15:14| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。