2010年09月29日

SBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想B

ISU JGP Figureskating Competition
SBC CUP 2010 KARUIZAWA
ISU ジュニアグランプリ フィギュアスケート国際大会
SBC杯2010 軽井沢大会


公式リザルトサイト
JUNIOR ICE DANCE SHORT DANCE
Friday,september 24 2010
ジュニアアイスダンス ショートダンス
2010年9月24日 13:00〜
軽井沢 風越公園アイスアリーナ

ショートダンス 第3グループ
Junior Ice Dance

9Ekaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO RUS
エカテリーナ・プシカシュ&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)
今季からアメリカに拠点を移し、コーチもリニチュク&カルポノソフに変更です。
今回の試合がGP初戦。
元チームメイトで後輩のサーシャ&イワン組と同じ試合ですね。

カーチャ&ジョナサンは、昨シーズンのGPファイナルで観たときは、
よくもまあパートナーチェンジしたばかりの年でファイナルに出られたよなあと感心したというか、ハラハラしたというか。。。。
2人ともワールドジュニアレベルの選手とはいえ、組み替えたばかりですから、
なんとも甘い箇所がいろいろあったものでした。

今回のショートダンスではパワーが増したと思ったし、
なによりも足もとがぶれずにしっかり氷にのっている感じが良かったです。

初戦だから、思ったよりは得点は出なかったかもしれないけれども、雰囲気も素敵でした。

リニチュク先生のところは、、、衣装はとりあえずおいといて。
(リニチュクテイストだったよ!しっかり!!!!)
最終的には、勝てるプログラムを作ってはくるものの、
そこに至るまでが平坦ではないというか(笑)、理解されがたいというか(苦笑)、
未だに「なにがなんだかさっぱりわからんぜ」といわれる作品も多々ありますが、
リニチュクチームの歴代のアイスダンサーの中にはけっこう御贔屓さんが多く、その点すごーく苦労ました。
はっきり言って、安心して観ていられたためしはほとんどございません(爆)

だからねえ。
アメリカに行って、まあそのー、ジョナサンのおうちはね、けっこう裕福だと思うのよね。
これまでの美しい衣装の数々からして、決して生活が苦しいという感じではないと思うのよ。
大金持ちかどうかはさておき。
だからまあ、アメリカでの生活そのものがスケートに専念できないような状態ではなさそうだし、異国だけども適応はしていけると思いたいんだけども。

なにしろリニチュク先生んところだからさ!

初戦、ほんとーにこの初戦は大事だと思っていました。

んが、思ったより、「難解」な作品ではなく、これならオッケーなんじゃないですか?

フリー観てないからわかんないけどさ。。。。

などとハラハラ見守っていたので、曲とか忘れちゃったよ。
衣装は蛍光オレンジ系でしたよ。

53,91でした。ここまででトップです。




10Karina UZUROVA / Ilias ALI KAZ
カリーナ・ウズロワ&イリアス・アリ(カザフスタン)

男の子が偽ステファン(長髪バージョン)でした。。。
偽ステファンは、コーナーのターンで転倒しちゃったのが痛かったですが、
2人とも丁寧に一生懸命な雰囲気でした。
なんとなく、これまで滑ったどのカップルよりも固くなっていた印象があります。
頑張ってほしいな〜、と思いました。
黒髪の素敵な2人だったのに、なんだか勿体無い!

11Joylyn YANG / Jean-Luc BAKER USA

しっかりした力は持っていそうなカップルだったんですけども、
もっとリンクを広くつかえると素敵だと思います。
疲れちゃっていたのか、パターンが小さめだったかな。

使用曲は「Waltz: Chudat Medoni by Oleg Fesov 」だそうです。
振付とコーチはベイカーのご両親ですね。

12 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS USA
アナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス(アメリカ)
えーと、わたしの知ってるカヌーシオとはなんだか違うよなー、誰だろー、、、と思っていたら、イザベラの妹さんでしたのね、アナスタシア・カヌーシオ。
優雅ではなく、アイスダンスはスポーツです!路線な印象を受けました。

アナスタシアは赤いアシンメトリーというのでしょうか、ワンショルダーのドレス、
男の子は黒です、黒。(着まわし可能)

ジェームス・ブラウンの曲から入って、最初はクリエイティブパート、、、と見せかけて、ミラーな動きなんぞ見せてからジャッジ側へ移動したら、
そこからパターン・ダンスに入っていってて、これも面白い選曲と構成でしたね〜。
でもやっぱ、パダンパダンの組のほうが作品としてはダントツ面白い!

なかなか良かったとおもうけど、フリーのほうが得意なんじゃないかなー、もしかしたら。
違っていたらごめんなさい。
こちらはクールシュべル大会の動画→CANNUCIO&MCMANUS
クールシュベルでは2位に入っていますね。

48,47でした。
使用曲は
「Waltz: It's a Man's World by James Brown
Tango: Bust Your Windows by Jasmine Sullivan 」

13Victoria HASEGAWA / Connor HASEGAWA CAN
ヴィクトリア・ハセガワ&コナー・ハセガワ(カナダ)

コーチはマリパトです!
来日してたのはパトリス・ローゾンだけだったみたいですが、
ミュリエル・チームが けっこう揃っていましたね〜。宮本くんも来ていたし。

えーっと。
どこかで動画を見つけられたらいいんですが。。。

そのまんま、マリパトでした(笑)

いいではないか、こういうコピーっぽくても。
わかりやすさも時には重要です、はい(苦笑)。

ハセガワ兄妹は長身で優雅でなかなか素敵なカップルでしたね。
衣装も綺麗でした。
曲は「ハウルの動く城」です。
ファンが増えそうです。
カナダのノービスで2位だったカップルで今季からジュニア入りです。
posted by おロシア人 at 10:11| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。