2010年06月30日

英国ロイヤル・バレエ「ロミオとジュリエット」2010年6月29日キャスト

英国ロイヤル・バレエ団
「ロミオとジュリエット」全三幕

2010年6月29日(火) 18:30開演
東京文化会館
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:ケネス・マクミラン
美術:ニコラス・ジョージアディス
照明:ジョン・B・リード
振付指導:モニカ・メイスン
バレエマスター:クリストファー・サウンダース
バレエ・ミストレス:ウルスラ・ハジェリ
プリンシパル・コーチ:アレクサンドル・アガジャノフ、レスリー・コリア、ジョナサン・コープ、モニカ・メイスン、ローランド・プライス

キャスト
ジュリエット:吉田都

ロミオ:スティーヴン・マックレー

マキューシオ:ブライアン・マロニー

ティボルト:トーマス・ホワイトヘッド

ベンヴォーリオ:セルゲイ・ポルーニン

パリス:ヨハネス・ステパネク

キャピュレット公:ギャリー・エイヴィス

キャピュレット夫人:ジェネシア・ロサート

エスカラス(ヴェローナ大公):ベネット・ガートサイド

ロザライン:タラ=ブリギット・バフナニ

乳母:クリステン・マクナリー

僧ロレンス:アラステア・マリオット

モンタギュー公:アラステア・マリオット

モンタギュー夫人:ローラ・マッカロク

ジュリエットの友人:リャーン・コープ、べサニー・キーティング、イオーナ・ルーツ、
エマ=ジェーン・マグワイア、ロマニー・パジャク、サビーナ・ウエストコム

3人の娼婦:ラウラ・モレーラ、ヘレン・クロウフォード、フランチェスカ・フィルピ

マンドリン・ダンス:ホセ・マルティン、
ポール・ケイ、蔵健太、ミハイル・ストイコ、アンドレイ・ウスペンスキー、ジェームズ・ウィルキー

舞踏会の客、街人たち:英国ロイヤル・バレエ団


指揮:ボリス・グルージン
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団



◆上演時間◆

【第1幕】 18:30−19:35
休憩 20分
【第2幕】 19:55−20:30
休憩 20分
【第3幕】 20:50−21:30
posted by おロシア人 at 16:27| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。