2010年06月29日

終わってしまいました

先程、都ちゃん&マックレーの「ロミオとジュリエット」が終わりました。

カーテンコールも感動的でした、この日出番のなかったプリンシパルやソリスト、出番の既に終わったダンサーも駆け付けて祝福や花束を…中でも、ケヴィンとジョナサンがお花を渡してハグしあった時は、涙がポロポロこぼれて困りました。。。(今回はモニカもいましたよ!)

踊りの面では一昨日のほうが完璧だったかもですが、今日の舞台のことは一生忘れないと思います。


あんなに上手いのに、まだ完璧なのに、これでロイヤルとの全幕が最後だなんて、哀しいですけど…。
まだダンサー引退ではないから…涙ぽろり
これっきりだとしたら、あまりにも残酷すぎますが…涙ぽろり


何年か前に「もう白鳥とオーロラは諦めました」と彼女が語ったときから、ああこの人の舞台は、今後そうそう観られない、思ったより早くお別れの日はくるだろうと覚悟してはいましたが、それが段々現実となってきた今、本当にひとつひとつの舞台を忘れないようにしたいと肝に命じています。
今夜は美しい舞台をどうもありがとう!
あなたのファンでいられて、とても幸せです。
posted by おロシア人 at 21:48| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。