2010年06月28日

明日も「ロミオとジュリエット」

いよいよ明日で、最後。

昨日の舞台、とても素敵でした。

明日は昨日と反対側、Lサイドの同じようなあたりで観ます。
だから、昨日ちょっとだけわかりにくかった、最後のポーズは見やすいかなと思います。

いい舞台だったんだけど、
それでもきつ日程、暑苦しい日本の6月、しかもマチソワで、
ダンサーもちょっと大変だったように感じました。
でもね、みんな真剣なのが伝わってくるのよね。


そして、舞台装置!
いったいいつのまにあれになってしまったのー!!!!????

バルコニーは、、、昔のほうがいいような、、、まあ、バルコニーはともかく!
最後の霊廟のセットはどうもなあ。。。。

しくしく。


でもそんなことは些細なこと。
都ちゃんもマックレーも素晴らしかった!

都ちゃんのジュリエットのあの幼さが苦手な人もいるんだよなあ。
でもわたしは好きだなあ。
マックレーのロミオ技術面では全く文句はありません。
久しぶりに「普通に若い、いいロミオ」に出会えたと思いました。

そりゃあ、ボッカやコレーラみたいな根っからのラテンなロミオとは違うけれども。
そしてわたしは実は「おっさんおっさんなダンサー」が踊るロミオが好きなのですが、「ああ、マックレーのロミオを観られてよかったわ〜」と感動しております。
(あ、一応断っておきますが、「おっさんなロミオ」が好きなのではなくて、
「おっさんなダンサーのロミオ」が好きなのです、あくまでも。
どう見てもビジュアル的にも年齢的にも「ロミオはもう無理なんじゃ?」というダンサーに限って、「彼がいちばんロミオだった!!!」ということが、過去の経験で多々あったのですね、ははは。)

感想はまた改めて。
今は昨日と明日の舞台への感情で、ちょっと混乱しているので。

(明日もギャリーがパパだったらいいなあ。
ギャリーは今夜ティボルトを踊るから明日は違うだろうし。
というか、もう1回ホワイトヘッドのティボルトも観たかったりします。
それからもしまたブライアン・マロニーが踊るなら、万全のコンディションの彼の踊りを観たいです・笑。)
posted by おロシア人 at 18:15| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。