2010年02月27日

ちょっと落ち着いたかな?

キム・ヨナはやはり強かったですね。

彼女の金メダルは妥当だと思いますし、

「絶対金メダルだ」とここ数年言われ続けてきて、

プレッシャーに負けることなく、ショートプログラムもフリーもノーミスだったのは彼女だけですから、
もちろん結果は結果として受け止めていますし、

それを「偉業」だとも思うし、並大抵の努力ではなかったこともわかっています。



でもね〜、こそっと白状するならば、、、あの得点は出しすぎだよね(苦笑)
フリーは仕方ない、でもショートの5点近い差はいったい?



結局、新採点になっても、以前の芸術点に相当するPCSだったり、
各項目へのGOEなりは、ジャッジの「好み」「主観」にゆだねられているわけなんだよな〜。。。。
と、ぼやいてみても仕方ない。

悔しかったら勝てっちゅうことよね、

でもあのジャッジの出す得点に誰がどう打ち勝てるというのか(苦笑)



とどのつまり、彼女はジャッジが求める究極の「こうあってほしいアジアンビューティ」そのものを体現していると思うのです。

そして彼女はそれに充分、充分以上に応えてきた訳で、

その努力を貶めるようなつもりは全くありません。

偉いと思いますよー、ほんと。



ただまあ、五輪シーズンに彼女を観たなら、きっと大感動の嵐だと思います。

で・す・が!

もうここ数年ずーーーーーっとあの芸風やスタイルを見続けてきて、

しかも「ジャッジはとにかく彼女にこういう得点を出したいのよね!」というのを観続けてきて、

(たとえば彼女が2つ3つミスをしても、優勝できてしまうとか。。。。

他の選手が戦意喪失するような得点をショートで出してしまうとか。。。。)

あとは普段この競技を真剣に取り上げているメディアとは違った分野の繰り出す頓珍漢な日韓戦がらみの報道やら、、、、



多少うんざり、辟易、疲れちゃった、、、、

正直他の女子選手と同じくらいなんですね、彼女のポジションってわたしの中では。
(ごめんなさい。でも彼女の才能は素晴らしいとわかっていますよ!)

とにかくこれでもう、こういう「なんともな〜、、、、ピンとこないな〜」という日々は終わると、、、終わるよね!終わることを祈るぜ!



真央ちゃんは、フリーノーミスでなかったのはさぞかし悔しいと思いますが、

完成形はトリノでの世界選手権を楽しみにしたいと思います。



いろいろ言われていたこの「鐘」のプログラムですが、

わたしはとても好きです。

鬼の形相みたいなのは、まるでシンクロの奥野史子さんの演じた

「夜叉の舞」のようで、こういう画期的かつ、荘厳かつ、五輪チャンピオンを視野に入れたにふさわしい作品を作ってくれたタチアナ・タラソワという人は凄いと改めて思いました。

たぶんこれは、、、ヨーロッパ受けする作品なんじゃないかなー、とは思いますけどもね。

芸術的で荘厳で、、、いいではないですか。

ほかの可憐なのとか、

キム・ユナ風だとか、

そういう芸風はたーーーーーくさんあるんです。

そっちはすごく群がってるから!

同じところではなく、こういう路線を選んだのもね、けして悪くないと思います。

これが五輪会場でノーミスだったら、ジャッジも新鮮な喜びに飢えていると思うので、バンバンバンと点を出していたかも、、、しれません。

それでも得点は(キム・ユナがミスしない限り)ひっくりかえらなかったと、、、

そういうのがスケートファンはわかっていつつ、観戦するのって、

本当に辛いここ数年でしたねえ。

以前の男子でも難しいステップから入るトリプルアクセルを盛り込んだプログラムも、

その後マイナーチェンジしつつも、最終的にはやり遂げた真央ちゃんなので、

五輪までにはこの「鐘」を仕上げてくるとは思っていましたが、

見事に期待にこたえてくれましたね!

ひとつだけ不満があるとすれば、、、、

ピアノ経験者からは圧倒的に評判の悪いオーケストラ編曲だったんですけども、(なぜあの素晴らしいピアノ原曲を使わないのさ!ってね)

あれ、全日本で生で観たときには、すっばらしく聴こえたんですよ。

さすがタラソワさん、、、と思ってしまいました。


わたしの修行が足らなかった?





五輪期間中に3回トリプルアクセルを成功させたことは歴史に残る快挙です。

ほんとうにその点は、ギネスブックものでえらかったなあと思います。

現行のルールでは3アクセル&2トゥループが、3ルッツ&3トゥループより低い技術点なのは、、、ルール上仕方ないのですが、

ほかに出来る人がいないのですから、そこは加点してほしかったですね。

今後3アクセルを跳べるシニア選手が出てくるのかどうか、

ジャッジはわかっているのでしょうか?(わかっていないはずはないでしょうけどもねー。)



みどりちゃんの頃でも3アクセルを跳べる人、

その後もジュニア選手やシニアでも数名3アクセルを跳べる人はいましたが、

シニアでやっている選手は一人だけです。

3回転&3回転も、規定廃止以降、ものすごーく増えるかと思ったら、

意外と3回転&3回転時代がくるのは遅かった。

(やっぱりみどりちゃん、クリスティ、ルーチェン、スルツカヤたちはすごかったのねー)

そこらへんのことを、、、もう少し評価してくれてもいいんじゃないかなーと思ったりしています。





あ、もう出勤しないと(笑)

コメント返信は夜にさせていただきます。

いつもコメントいただきありがとうございます。

返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
posted by おロシア人 at 10:09| Comment(10) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは、はじめまして。
あまりにも私の思っていることと同じだったのでコメントさせていただきます。
キムヨナ選手の演技はアイスショーのようで競技ではないように感じました。
これはキムヨナ選手のせいではなくルール上仕方がないですが、正直新しいことにチャレンジしない彼女の演技はちょっと飽きてきた感もあります。

きっと浅田選手が完璧な演技をしても金は難しかったでしょうね。
いくら芸術点を問われるスポーツとはいえ、難しいことにチャレンジし成功したなら多く得点がもらえてもいいと思います。
浅田選手の鐘は最初合ってないと思っていましたが、昨日はとても良く仕上がっていてとても感動しました。
これからも新しい魅力を探し続け挑戦し続けていって欲しいと心から願います。
Posted by ぴよ at 2010年02月27日 18:24
初めましてキャラクター(挙手)
ブログタイトルは以前、他ブログさんでお見かけしたことありましたが、閲覧させて頂くのは今回初めてです。

五輪、真央選手も、キム・ヨナ選手も、長洲未来選手も、安藤美姫選手も、鈴木明子選手も…、男子の高橋大輔選手も…、皆さんとても素晴らしかったですよね八分音符きらきら
真央選手の「鐘」、後の世に語り継がれるであろうあの名演と、五輪でのトリプルアクセル成功の偉業、それらをリアルタイムで観ることができ、この上なく幸せですキャラクター(万歳)スパーク2(キラリマーク)きらきら

ところで私も半年ほど前からですがブログ始めました。フィギュアスケート関連のニュース中心ですが、色々書いてますメモする。もし気が向かれましたら、たまにはご覧頂ければと思います。

本日深夜には、愛知県のメ〜テレ ローカル放送番組の「スポケン!」で、村上佳菜子選手優勝の愛知ジュニア・フィギュアスケート選手権の放送もありますし、次世代を担う選手の皆さんの活躍もとても楽しみですよねきらきら
今後とも、熱く熱く応援致しましょうきらきら
ではにこにこスパーク2(キラリマーク)
Posted by ☆ゴールデン・ベリル☆ at 2010年02月27日 21:39
こんにちは(^-^)
初めてコメントさせて頂きます。
あまりにも、私が悶々と考えていた事を記事にされていたので嬉しくなりました(笑)

終わった事はさて置き、タラソワコーチの作品は本当に芸術的で私も今回の『鐘』は素晴らしいと思います。
演技が終わってもいつまでも曲の旋律、重厚感が深く心に残ります。
それは勿論真央ちゃんが、完全に自分のモノにそして作品として、仕上げ、演じきった事もあるからだと思います。

オリンピックに相応しい作品だったと思いますね。

難易度の高い技を追いながらも、フィギュアのエンターテイメント性をも追求してきた真央ちゃんは素晴らしいアスリートだと思いました。
Posted by ☆加☆奈☆ at 2010年02月28日 00:33
平謝りおはようございます平謝り

度々の吹き出しコメント失礼いたします平謝り
るーすかやさんの記事を読んで、凄く共感しました。。。あせあせ(飛び散る汗)
今回の五輪のチャンピオンは間違いなくキムヨナです。
しかし、採点方法あせあせ(飛び散る汗)るーすかやさんの言われる通り、トリプルアクセルという、現在真央ちゃんしかクリーンに跳べない大技(男子でも失敗する)に対しての、基礎点やPCS GOEが低すぎます。。
そして、余りにも回転不足を厳しくとるせいで、安藤さんも3ルッツ−3ループという、素晴らしい技を回避していますね(怪我のせいかもしれませんが)
ルール改正を願ってしまいますしょぼり
キムヨナは精神的にもあの若さでものすごく強く、素晴らしい選手なのは、分かっているのですが、他の選手の戦意を喪失させてしまう、ショートの得点・変わり映えのないプログラムあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
そしてこれは選手が悪い訳ではないのですが、最近のフィギュアの放送あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)地上波しか見られない私は辟易しています困り
昔みたいに、純粋にフィギュアを楽しみたいな。。
真央ちゃんの「鐘」は最初、何故こんな難しい曲を五輪シーズンに??と思ったのですが、今は素晴らしいプログラムだと思ってますきらきら完全版世界選手権で楽しみにしていますきらきら
平謝りいつも長々とすみません平謝り
Posted by ねぇね at 2010年02月28日 08:07
メールボックス正面向きのひよこぴよさん。
こんにちは〜はじめまして!
コメントありがとうございます平謝り

真央ちゃんの銀メダルはとても誇らしいものだと思うし、アスリートとして高難度の技に挑む姿は素晴らしかったと思います。
出来れば、金メダルには届かなかったとしても、ショートプログラム終了時のような「ピョコンと小躍り」くらい、満足感で終わらせてあげたかったですが、なかなか上手くはいかないですね。
世界選手権ではガッツポーズを期待したいですし、あのプログラムの完成を観たいものです。ジャッジに「もっと五輪で点出しときゃ良かったぜ!」と思わせてやって欲しいですね〜。
キム・ユナのチームはフィギュアスケートの世界に「こうすれば金メダル」ということを見事に実践したわけで、このことはある種試金石となりそうですね。
今までも才能ある選手をいかに磨くか、周りと本人が努力したケースはありますが、ここまで上手くいったケースは初めてですよね。
真央ちゃんのチームは作戦では完敗でしたが、
真央ちゃんの滑りも銀メダルも、
負けではなく、
素晴らしい輝きに満ちたものだと思いました。
泣けましたね…。
来季以降はチーム・ユナのように
「少しのミスでも揺らがない」くらいのある程度の余裕すら感じさせるような作戦を立てて欲しいですね。
そしてあんなインタビューのような光景が繰り返されないことを祈ってます。
Posted by るーすかや at 2010年02月28日 14:12
最近は女子シングルはなかなかデリケートな話題になってしまったな、と感じます。

思ったことを素直に書けないような、正直触れるのをためらうカテゴリーに自分の中ではなってしまってます、ここ何年かは。

報道も偏りが多くて、何のお話なんだかわからないような煽り記事も沢山目にしてきて…それがきっかけとなっていろんな争いが起こったりなんだり…と。

でも、だからこそペアや男子のように「ウワァァァァ胃が飛び出るー」だの「ギヤァァァー心臓がぁー」だのならずに冷静に観られた部分もあるんですけどね泣き笑い

どの種目でもそうですが、選手自身にまでそういった矛先が向いてしまう恐れがある、ってことが何よりもつらいですねえ…
Posted by ミチエーリ at 2010年02月28日 16:57
メールボックス星2☆ゴールデン・ベリル☆さん。
はじめまして、コメントありがとうございます。
今回の五輪はどのカテゴリでも、みなさん自分のできることをほぼ出しきってくれてハイレベルな歴史に残る闘いになりましたね。
わたしにとっての冬季五輪のテレビ観戦は、
小学生だったサラエボ五輪からなのですが、
五輪はやはり特別です。
いろいろな想い出がいっぱいです。
「ああこれを観られたなんて、なんて幸せなんだろう」と。
今でもカルガリーとアルベールヴィルのみどりちゃんの映像を観ると体が震えるほど感動しますし、涙があふれてきます。
今回のようなハイレベルの試合をリアルタイムで観ることができたのは、スケートファンにとっては最高のプレゼントでしたよね〜。

佳菜子ちゃんも素晴らしい選手で、大好きです。
チャップリンメドレーも良かったですが、
今季の「白鳥の湖」もいいですよね〜。
世界ジュニアが楽しみです。

またそちらのブログにお邪魔させていただきますね♪
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by るーすかや at 2010年02月28日 19:32
メールボックス地図☆加☆奈☆さん。
こんにちは、はじめまして、コメントありがとうございます。

悔しいミスはありましたが、
五輪で史上初の3回のトリプルアクセル成功、
そして銀メダルという成績をおさめた真央ちゃん、
頑張りましたよね!
(ルールはルール、結果は結果として受け止めていますが、
つい、、、ぼやいてしまいました・汗。。。。。)

この「鐘」が初披露されたとき、賛否両論というか、
否のほうが圧倒的に多かったように思います。
作品として優れていることを認めながらも、
真央ちゃんに合うのかどうか懐疑的な人もいましたし、
プログラム構成的にも、ルッツやサルコウを入れられない、
あまりにもトリプルアクセル頼みすぎるプログラムなので、
リスクが大きすぎる、、、、という声も大きかったです。

わたしはバレエをよく観にいくのですが、バレエでの知人や、ロシアのバレリーナに「鐘」はほんとうに美しい作品だと言ってもらえて、すごーく嬉しかったんですね。
たしかに「作戦」という面では、はっきり言って分が悪いです。金以外はなにも要らない?そういうプログラムなのね!タラソワさん!!!!みたいな(笑)
なにしろ真央ちゃんの競技人生で最悪ともいえるようなススランプ状態でもありましたからね。

五輪への戦術ということでは、各メディアが報じているとおり、失敗だったと思います。
ですが、真央ちゃんの滑りもタラソワさんの作った作品も、
世界に誇れる素晴らしいものだと思います。

あのシーズン最初の「どうなってしまうんだろう」という状態から、ここまで仕上げてきた彼女の強さに敬服します。
3月、トリノでの世界選手権でのさらなる完成形を楽しみにしたいと思います。
五輪のジャッジが「もっと点出しときゃよかったぜ!」と悔やむくらいの凄まじい夜叉のような怒りのプログラムを演じてほしいです。
Posted by るーすかや at 2010年02月28日 19:57
メールボックス犬(プードル)ねぇねさん。
もし真央ちゃんがプログラムにルッツとサルコウも入れられていたなら、3アクセルへの評価ももう少し上がったのかなあ、、、とも思います。
たらればですけどもね。。。。

もともと跳べていたジャンプを成長過程のジャンプの乱れだったり、エッジエラーだったり、そういうことへの対応の遅れもありましたが、あまりにも彼女の周りのスタッフは、、、、
一貫性がなさすぎたような気がします。
コーチの変更や、練習拠点の変更などもありましたし。
「声」が多すぎたというか、それだけ期待が大きかったのでしょうが、作戦のブレがありすぎた、
その点キム・ユナのチームは五輪への金メダルの道を、
戦略どおりに突き進み、そしてキム・ユナ本人がそれに応える努力をしていましたからねえ。

真央ちゃん本人の努力も、五輪本番での滑りも素敵でした。
タラソワさんの作品も五輪金メダルに実にふさわしい作品だと思います。(ってか、金以外似合わないような作品ですよね。)

不幸だったのは作戦が大失敗だったこと。
そのことは仕方が無い、事実なのだから、本当に仕方ないと思うんです。
ただその作戦が失敗して、ここをこうすればよかっただの、
あのときああしておけばだの、
そういうメディアの取りざたの矢面に立つのは、どうしても選手本人になってしまうのが、辛いところです。
また真央ちゃんが素直で前向きな子だから、余計に観ていてつらいですね。
ですが、そういうことを彼女はずっと経験してきています。
もう、シニアに上がったシーズンからずっと。
そしてそのときから、ずーっと、、、、作戦は上手く行っていないように思います。
上手く行っていないような作戦でも、
「この子にこれをやらせたい」というようなことを、
あらかた出来てしまっていましたし、試合でも勝ってしまっていましたからね、
ある意味天才の不幸というか、、、不幸な天才だと思っていました。

今回の五輪で得たことを無駄にしてほしくないです。
反省点はものすごくあると思います。
でも、、、、本当に、あの「鐘」は素晴らしかったですね。
立派な銀メダルでした。


テレビ局は、、、、コアなスケートファンにはCS放送で対応、
地上波はおそらくこれからも女子シングル中心なのではないかと思います。
男子シングルの放映がそれでも増えたのは嬉しい気がしますし、
全く放映がないよりはマシ、、、、ともう諦めていますし、
、もともと民放には全然期待していないのが現状です。
ですがNHKも、もう少しペアやダンスの放映枠を増やしてほしいな、と思いますね。以前はあったNHK杯のペアの放映は、デジタルハイビジョンじゃないと観られないんですもの。。。。

余分なあおりだけでもイライラするのに、
日韓戦をからめた頓珍漢な報道は勘弁して欲しいですよね〜。
それももう、、、これで終わるのかな、とちょっと安心してもいるんです。正直なところ(苦笑)

もし彼女と彼女が韓国人と日本人じゃなかったら、
こんなふうな報道のされかたはなかったはず。
もしかしたら、「真央の勝利確実」みたいなかんじで、
ライバルの力を詳しく図解入りで解説報道することもなかったかもしれません。
いまだかつて、あれほどくわしく相手のプログラム構成を論じてくれたことはなかったと思いますし、
そういう点では、逆に良かったのかな、、、
強いライバルがいたからこそ、のハイレベルな闘いだったのかな、、、と思いますね。

ほんとに。
純粋にスケーターの滑りを楽しみたいですよね〜。
ねぇねさん、やっぱり生観戦ですよ!
観にいらしてくださいよ!
Posted by るーすかや at 2010年02月28日 20:29
メールボックスキャラクター(挙手)ミチエーリさん。
いやほんと。
そうなんですよね〜。
ここには書けないことを、どれだけ飲み込んでいることか(泣笑)

わたしはトリノの前のシーズンからですかねー。
あの1、2年ほど傷ついたシーズンはなかったかもしれません。トリノ前の全日本のあとの代表選考は地獄でした。
あの結果を聞いたときの、血の気がひきましたし、
怒りのあまり震えるって、こういうことなんだな、、、と実感もしました。
もう二度と起きてほしくないです。

それから、、、、彼のせいにしてはいけませんが、修造にも一旦はある、、、、かも、、、、

あの頃から女子に関してはちょっと冷めてしまったかもしれません。

ちょうどその頃からテレビ局としても、
番組を作るネタに尽きたのか、アイディアの枯渇なのか、
題材を安易にスポーツに求めるようになってきたように感じます。
だって、スポーツって作らなくてもドラマになっていますからね。
あとはそこに煽りやタレントを加えればね、、、、


残念なのは、そういうテレビ放映しか見るチャンスの無い人が多いことですよね。みんながみんな生の試合を観て、自分で感じるわけにはいきませんから。


でもさすがにこれだけフィギュアスケートの放映が増えると、
みなさん色々見る目も肥えてきたというか、
自分の美意識に訴えてくる選手をきちんとみつけてくれるというか、、、、数打ちゃあたるではないですが、
悪い面ばかりではないんだな、、、と思っています。

まーーーーーー。ペアやダンスももっとやってくれーーーー!
という不満はまだありますけどもね!


とりあえず。
頓珍漢な報道は今後も絶えることはないと思いますが、
とりあえず、彼女と彼女をめぐる周囲の争いは、一段落なのかな、、、、と。
ほんっとに、もううんざり!ですね〜。
こんなに五輪が終わってウキウキするのも珍しいです、はい(苦笑)
しばらくはこういうゴタゴタから解放されるんだと思うと、
ちょっと嬉しいんです。。。。もう、疲れましたから(汗)
Posted by るーすかや at 2010年02月28日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。