2009年06月29日

永田七重(旧姓佐々木)さん逝去

永田七重さん 逝去のニュース
・・・静岡新聞 夕刊記事より

女子マラソンの草分け的存在とも言える、永田七重さん(旧姓佐々木七重さん)が亡くなられていたそうです。

わたし、夕刊読むの好きなんですよ。
家に帰ってまず夕刊にちらっと目を通すのが日課で。

そうしたら『永田七重さん 逝去』の記事が目に飛び込んできてびっくりと同時に哀しくなりました。
「こ、これって、佐々木七重さん?」と慌てて記事を読めば、間違いなく女子マラソンで五輪代表にもなった佐々木七重さんでした。
ファンだったんですよねえ。
53歳だなんて、若すぎますよね。

女子マラソンといえば、今の子なら「高橋尚子」を一番に揚げるんでしょうが、
私はカーラ・ビュースケンス、カトリン・ドーレ、増田明美、佐々木七重、有森裕子、でしょうか。


瀬古さん、中山さん、宗兄弟、増田さん、そして佐々木さん。
その少し後の世代の谷口さん、有森さん、森下さんも好きなのですが、やはりロス五輪世代のマラソン選手の方々は、ちょっと特別な存在かも。

なんだろう、あの頃だって既に科学的な裏づけに基づいたトレーニングが確立されつつあったかもしれないけれど、まだまだ「努力と根性」的な部分も根強かった時代だったと思うんですね。そういう中でがんばり続けた選手の方々からいつも大事な何かを受け取っていたような気がします。
私もまだ青くさいガキンチョだったから余計に影響されていたと思う。
佐々木さんは決してマスコミへの露出が多かったほうではないですが、
いつも堅実に結果を出していて、気がついたら「勝っている」ようなところが凄い人だなあと思っていました。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by おロシア人 at 18:03| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャリー・メイは?

しかし。何だってこうも毎日毎日‥。

草分け‥。
日本の女子マラソンの草分けは、ジョギングという言葉とともに育った市民ランナーたちだった。そういったなかで、日本で初めての陸上選手出身の女子マラソン選手が、佐々木選手だった。と思っています。
増田明美選手と、マラソンデビューの順番はどうだったのかなぁ。と思い、Wikipediaにあたってみたですが、佐々木七重も永田七重も、Wikipediaには載っていない(;□;)。
Posted by 夜が冷たいしま at 2009年06月29日 22:28
おはようございますにこ(ネコ)

ニュース記事を見た時に、えっ、まだ若いんじゃないのと言う感じがして、ちょっとショックでした涙ぽろり

佐々木さんと言えば、レベルをあげる為に、自らS&Bの門を叩いて、一気に力をつけて、ロス五輪に出るまでになった努力の人と言うイメージがあり、日本の女子マラソンを語る上で欠かせない一人だと思いますポリス

天才肌の増田さんと努力の佐々木さんと言う感じで、二人がいたからこそ、今の日本女子マラソンがあると言っても過言ではないような気がします。


心から冥福を祈ります平謝り
Posted by てる at 2009年06月30日 08:00
メールボックスワイングラス夜が冷たいしまさん。
本当だ、Wikipwdiaに載ってないですね!けしからん!
ついでにキャリー・メイも載ってませんし。
キャリー・メイはあんまり印象に残っていないのですが、
彼女も堅実に結果を出していた人ですね。
「ジョギング」、そうなんですよね、ランニングとかウォーキングと言った言葉がまだなかったですよねえ。(「皇居ランナー」という言葉もなかったような気がします)
うちの妹が今秋フルマラソンに出る予定ですが、
真夏にマラソンを走るだなんて、驚異的だと思います。
佐々木さんのロス五輪の19位は順位としては目立たないかもしれませんが、あの見ているだけでもうだるような暑さの中完走しただけでもすごいなあと思ったのを覚えています。
Posted by るーすかや at 2009年07月01日 10:08
メールボックスカレーてるさん。
最近と違って、あの頃は「転職」などまだあまりなかったですから、思い切った決断ですよね。
尊敬する師のもとでトレーニングしたいからといっても、
もちろん誰もが入部(入社)できるわけではないし、
伸びしろがあったからこそ入れたとは思いますが、
そこからの努力は凄かったと思います。
本当に努力の人ですね。尊敬しています。
Posted by るーすかや at 2009年07月01日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。