2008年04月18日

4月18日 本日のお名前

今日は「フェドーラ(フェオドーラ)、マルク、プラトン、セミョーン、ゲオルギー、ニカラーイ(ニコライ)の日」です。
Федора Марк,  Платон,  Семен Георгий Николай
カトリック教徒のために アリツィア; Алиция,  アポローニイ;Аполлоний,
ヴァグスラフ;Богуславを載せているカレンダリオもあります。

Федулも載っているんだけども、、、わからないです。

アリツィアは、アリシアのことですね。
アポローニーは下に述べたとおり。
ヴァグスラフはちょっとまだ調べきれていませんが、文字の並びからして、古代スラブ語の「神の栄光」系統の言葉をミックスしたような名前なのだと思います。

@フェオドーラ;Феодора греческ.
口語形:フェドーラ;Федора, ドーラ; Дора
愛称:フェドールカ;Федорка, ドーラ; Дора,  フェーニャ;Феня
意味:Божий дар「神の賜物」
起源:ギリシャ語
グループ:ギリシャ正教系
その他:フョードル(セオドア)の女性形

Aマルク ;Марк
4月11日の記事参照

Bプラトーン;Платон
愛称:プラトーンカ;Платонка, プラトーニャ;Платоня, プラトーハ;Платоха,
プラータ;Плата, トーニャ;Тоня, トーハ;Тоха, トーシャ;Тоша
意味:Могучий「屈強な」 плечистый「肩幅の広い」
起源:ヘヴライ語、ギリシャ語
グループ:ギリシャ正教系


Cセミョーン;Семен/Семён
古語形:シメオン; Симеон(そーだったのかーーーーー!!!)
愛称:セメーンカ;Семенка, ショーマ;Сёма, セーニャ;Сеня,
セニューラ;Сенюра, セネーチカ;Сенечка, セニューハ;Сенюха, セニューシャ;Сенюша, シーマ;Сима, シマーニャ;Симаня, シモーニャ;Симоня,
オーニャ;Оня
意味:услышанный 「聴く」「耳を傾ける」
起源:ヘヴライ語
グループ:ギリシャ正教系
その他:ギリシャ語でシモン、シュメオーン、シメオン。
ユダヤ時代からの由緒ある名前のため、聖職者に多い名前のひとつ。


Dゲオルギー;Георгий 
4月5日の記事参照

Eニカラーイ;Николай
4月17日の記事参照

Fアポローン/アポローニー;Аполлон,/ Аполлоний,、アポリナーリー;Аполлинарий
愛称:アポロヌーシカ; Аполлонушка, アポローシャ;Аполоша,アポーラ; Апола, ポーリャ;Поля, アーリャ;Аля, アーパ;Апа
意味:губить破壊する
起源:ギリシャ語 「太陽神アポロン」に由来
その他:女性名にアポリーナ→ポリーナがある
カトリックでは聖アポロニオの祝日    

ロシア正教会では特に 聖致命者輔祭アガフォポードと誦経者フェヲラドゥール の記憶日としています。


チェコ及びスロヴァキアでは
「Valerの日」なんて読むのかな〜。

ハンガリーでは
「アンドレア;Andrea  イルマ;Ilma の日」
アンドレアは使徒アンデレに由来。

スウェーデンでは
「Valdemar Volmarの日」

フィンランドでは
「Valto(男性名)の日」 
ウォルトでいいのかしら〜。


カトリック教会では
「聖アポロニオ殉教者(?-186年)の日」
2世紀のキリスト教迫害時代生まれ。
上流階級の学者で、好奇心から聖書やキリスト教著書を学んたが、その真理に心酔し、信者となった。
立派な言行で信者の手本となり、信仰を求める人にはよき指導者となった。
時の皇帝コドモはキリスト信者に寛大だったので信者の数は増えたものの、地方の総督たちが勝手に迫害するのを止めるということはしなかった。
ある日、アポロニオに恨みを抱く小間使いが「アポロニオはキリスト教徒である」と訴えた。
逮捕されたアポロニオは信仰を捨てなければ処刑すると言われたが、信仰を貫き通し、「全世界の人々の前でも私は大声で言います」と信仰を表明し、斬首刑となった。



プラトンって普通に「名前」 なのね。。。そ、そりゃそうよね、哲学者だって、人の子よね。。。
アポロンは〜太陽神だけども〜破壊神〜、、、シヴァみたいだわ。

アタクシ的にけっこう「目から鱗」だったのがセミョーン=シメオン。
言われてみればああそうか、なんですが、は〜。。。
今だったらポリーナ・セミオノワを挙げるべきなんだろうけども、ロシア・バレエ史上大事なこの方、「マリーナ・セミヨーノワ」も忘れられません。
つっても、踊っているところはわからなくて、もっぱら、ボリショイの名教師としての逸話しか知りませんが。。。
posted by おロシア人 at 23:13| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。