2010年10月13日

ニックネームのおロシア人の意味

ちょっと質問があったので。
今更ですがニックネームの意味を書いてみたいと思います。

ちょっとロシアに興味のある人は「ははーん、おろしゃね、、、」と気づいている方もいらっしゃるとは思いますが、
たぶん大かたの人が、私のハンドルネームの「おロシア人」は
ロシア人に「お」をつけた言葉、、、
つまり、『おふらんす』に似た造語だと思っているんじゃないかな、と感じています。

そう思っていただいて全くかまわないですし、だいたいのところ、、、
そういうニュアンスを含めてのHNなんですが。


その昔、むかーしむかしの日本の人々は、
初めてРоссия(ロシア文字表記)/Russia(英語表記)という国を意識し始めた時、常にいろいろお手本にしてきたお隣の大陸の影響もあるのでしょう、
「おろす」「おろしゃ」などと読んでいました。

ロシア(ラシーヤ、ロシーヤ、ロシヤ)という国の名前は、
キエフ・ルーシ時代までさかのぼります。
(ものすごく大雑把に言ってしまえば、現在のロシア北西部・ウクライナ・ベラルーシあたりがあった国です。)
ルーシの人々が住む地域のことを、ギリシャ語で「ロシア」と表記したのが始まりです。

日本人の最大の特質というか、大得意技は、どこかの国をお手本にしてそこから何かを生み出す・改良することだと思うのですが、
まー、今現在は、なんちゅーか、アメリカべったりではありますよね。
一時期大英帝国やドイツ、その前はオランダやポルトガルに学んだ時期もありましたが、
なんてったって、長く日本人がずーっと手本にしてきたのは、
お隣の中国の歴代王朝及び朝鮮半島の文化です。

だいたいがそっち方面の大陸経由です。

言葉だってそうです。

ロシアのことを中国語では俄羅斯(e-lo-ssu)
・・・実際の発音はオロス のように聞こえるそうです。
これは満洲語の発音の Oros から来ているそうです。

満洲語ではRの音は言葉の頭にもってくることができないきまりになっています。
R音は舌先を上 顎の歯の後へ持ってきて摩擦させるので、予備的な調音動作を要します。

これはあれですね、日本人もRやLの発音で苦労しますが、
巻き舌が苦手な人の特訓で
「はる、はる、はる、はる」
「はるる、はるる、はるる、はるる」と言い続けるアレ。
、、、、、Rの前に発声を助ける言葉をつけて練習するのと同じですよね。
(余談ですが、わたしは声楽を習いに行ったときに、これで特訓して巻き舌ができるようになりました。
名犬ジョリーの歌だってこれで歌えるようになったもん。)



満州語は全く勉強したことがないのでわかりませんが、まあ、、そういうことなんだろうなあと。
ロッシーヤ、ラッシーヤのRの前に、発声を助ける「お」をくっつけたんでしょうね。

でも、、、たぶん素直に巻き舌のラッシーヤやロッシーヤを聞くと、、、
「ぉろーしゃ」と聴こえなくもなかったりしますですよ。
そう思って聞くからかもしれないですけど・笑

江戸時代にロシアを「おろしゃ」と呼んだのは、この俄羅斯 =オロスという中国での表記から来たものなのですね。実際に大陸の人が「オロス」「オロシャ」と話していたのも耳にしたと思いますし。

あと、満州民族が建てた王朝、清では「羅刹(lo-cha)」と表記したこともあるみたいですが。

日本で漢字にあてはめての「露西亜」は英語のRussiaからきていると思いますが、これは中国大陸の真似っ子真似リンではなく、日本独自で考えた造語、、、なのかなあ?どうなんでしょうね。


とまあ。
そんなことをあれこれ調べたのは、もう何年前だったのか、覚えていないのですが。
ロシア語を意識し始めた、カルガリー五輪のころでしたかねえ。


でもその「オロス」「オロシャ」を調べたころは、もちろんそれをHNに使うなんて考えてもいませんでした。

まず。
インターネットっちゅうもんに接する機会はありませんでしたので(笑)

コンピュータってのは、えらい大学の研究室にあるもので、市民が触れられるのは、「キャプテンシステム」(今これを知っている人はどれだけいるのでしょうか???)がいいとこだった時代です。

あ!ファミコンはあったけどね(←違う!!)



こほ。
話がそれました。。。。

えーと。


わたしは自分のパソコンを購入するのも遅かったですし、携帯電話を使いはじめたのも、、、、、
そうですね、トリノ五輪シーズンからでしたね。
父が亡くなって、父の携帯を引き継ぐ形でau(父が入っていたのはツーカーでしたが・笑)に加入したんですよ。
父が入院しているときも、父の葬儀前後も、さんっざん、弟や妹、親類たちに、「携帯を持っていないと困る!!!!」と言われ続けていましたしねえ。。。ははは。

パソコンを持っていなかったので、ネットで調べ物するのはいつも図書館のパソコンを利用していました。(なにしろ無料ですからね!)
当然図書館のパソコンからはサイトにコメントなど書き込むことはできません。

ですが、携帯電話を持つと、、、、
「おー!!!今まで読むだけだったサイトに感想なんかを書き込めるじゃん!!」ということに気がつきましてですね。

で、まあ、、、そんなわけでワタクシのハンドルネームの出番がきたわけです。


ふだん家族や友人に呼ばれているあだ名でもいいんですけども、
それだったら、響きが似ているのもあるから、いっそのこと「契丹」なり「キターイ」なり、、、(両方とも中国大陸に関連する言葉です)そんなのにちなんだ名前を考えようかなあ、などと思ったりしました。

うーん。でもわたし、契丹もキターイも好きだけど、
どっちかというと、カザフやソグドやウイグルのほうが好きなんだよねー。
そんなん言い出したら、シルクロード関連もトルコ関連も捨てがたいしなあー。

ほんがらげー。。。

好きなスケートやバレエにちなんだ名前ったって、、、、
駄目だ、選べない、、、、

ああでも、ロシア語も習っているんだし、全ての道はロシアに続く、じゃないけれども、そうだよ、子供のころから憧れていたスケート選手も体操選手も音楽家も飛び込みのサオーチン(サウティン)もなんてったって、ロシアじゃん!(というかソ連?)

いいじゃん、もう、ロシア好きなんだからロシアスキーで!

。。。てなお間抜けなHNになりかけていたんですよ。
(同じように黄色が好きだから「キイロスキー」というのもあったんですが)


おそらく頭の中に大黒屋光太夫の生涯を描いた映画「おろしあ国酔夢譚」のこともあったと思います。
ロシアっつったら、、、、「おろしゃ」だよな、まずは何はともあれ。

しかし自分がそんな、、、ちゃーんと専門的にロシア文化やロシア語を学んだわけでもないのに、「おろしゃ」「おろす」を使うのもなあ、、、
なんだか申し訳ないよな、、、、、

てな気持ちもなきにしもあらずで。

えーい!めんどくせー!!!
こうなったら自分への揶揄もこめて「おフランス」があるならば「おロシア」があったっていいじゃないか!!!と半ばやけっぱちに(←????)「おロシア人」にしちゃったんですよ。投稿するときのHNは、もう、これでいくべ!ってね。

えーと。
携帯でちまちま必死に(携帯の文字を打つの、今思うとほんとうに遅かったですねえ。)コメントを投稿しはじめたとき。

一番お世話になったのは、
わんころべいさんのブログ「わんころ手帳」さまと
Hiroさんの「Exicited & Delghited!!」(現在のEurope On Ice)さまです。

いろいろな意味で師匠というか、、心の拠り所です。
(勝手に拠り所にしちゃって申し訳ありません・汗)

それまでも、慣れぬパソコンからの閲覧でさまざまなサイトさんから
(ここで全ての名前を上げるのは無理ですが)たくさんの情報をいただいて、
ひとりひそかに感心、感謝の念を抱いていましたが、何かコメントを投稿するなんて、おそれ多くてできませんでした。
でも。。。
携帯を持って、「文字を打つのは苦手だけど、コメント投稿をしてみたい!」と強く思ったのは、上のお二方が初めてでした。
もちろんパソコンを購入してからもお世話になりっぱなしです。


そゆわけで。。。。
初心忘るべからず、ではないですが。

この前ブログのニックネームを「おロシア人」に変更(というか、統一)させていただきました。


「おロシア人」でニックネーム登録が何故か出来なくて、苦肉の策として誕生した「るーすかや」。

長く使ってきたのでとても愛着はあるんですが、、、
(一応自分なりのこだわりがあってルースカヤではなくひらがなの「るーすかや」にしたんだし)



何回やってもエラーのとき、マジで「大黒屋光太夫が怒っているんだ。。。やっぱおろしあは軽はずみに使っちゃいけないんだ〜」と思ったのよね〜。

今思うと、わたしのタイピングがへぼくて、エラーしちゃったと思うんだけど。
真相はわからないわー。


いっそ
おロシア人(元るーすかや)
にでもしちまおうかと思ったんですが、そりゃいくらなんでも節操がないっちゅうか、なんだかプリンスみたいだし、それじゃ(←違うと思う)。。。。


すいません、私、ほんとーに、お気楽ノーテンキな人間なんですが、
へんなところで妙にこだわっちゃうんですよ。
子供っぽいちゅうかなんちゅうか。(えーい、うっとうしい!!!・笑)

そんなこんなで。
おロシア人です。

宜しくお願いいたします。。。。
posted by おロシア人 at 17:16| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

エンゼルラッパ その2

前回アップしたのは正確には蕾ちゃんで、今が花盛りです。

昼間より夜のほうが香りが強いような気がします。



昨日は早朝から14:00までの仕事だったのですが、
途中で病人が出てしまったので、急遽その人の勤務を引き継ぎ、
夜の21:00までとなってしまいました。

その日の朝、職場の人とスケートの話をちらりとして、
もしかしたら、14:00に終わって、そのままブロック大会に行っちゃうかも〜、
やってできないことはないしね〜、のほほほ〜


などと冗談交じりに言ってたのですが、んなことを言ったからいけないのか(苦笑)、延長することに。

とりあえず昨夜は帰ってきて花の写真だけ撮ってダウン。
裏の庭にまわって月下美人を確認するも、新たな花の咲く様子はなくて。

今年はあの一輪だけっぽい。
また来年まで持ち越しか〜。
posted by おロシア人 at 07:40| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

NHK杯公式サイト

NHK杯フィギュアスケート国際競技大会の公式サイトができていました。
→こちら NHK杯公式サイト


チケットが全くかすりもしなかったので、休みをとっていなかったのですが、
大会初日の金曜日が仕事がお休みで、、、
そうしたら、お知り合いの方のご尽力で、幸運にも金曜日のチケットを取る事ができました。(ありがとうございます!!!!)


さあ、えーっと、、、旅の日程はどうすりゃいいんだ??

翌日の勤務が9:00〜21:00なので泊まって朝一で帰る→そのまま出勤
試合が終わったらダッシュで帰る→家でゆっくり寝て出勤

まあ、、後者だよな、それが正解だよな、、、、。
この勤務は精神的にキツイからできれば朝帰りは避けたい。
(逆に、バレエを観た帰りに、東京から朝4:30に着く夜行バスで帰ってきてそのまま早朝勤務というほうが、楽だったりするんですよね。)

あぅあぅ。
この、競技が終わるか終わらないかといううちに、ダッシュでリンクをあとにするのってねー、寂しいものがありますですよ、ははは。

しかし。

なんとなく。。

記憶の片隅に。。。


あたしゃ、、、毎年、NHK杯のチケットを確保する前に、ホテルを確保していたような気がする。。。。
もうそれって、例年、あたりまえすぎる出来事で、、、、、

案の定今年もちゃっかり3泊3予約してありました。
さっき慌ててキャンセルしましたが(汗)
ふー、あぶないあぶない。


しっかし今年はロシア旗の出番が少ないなあ。
男子観ないしね。
(全く出番の無いウクライナ旗に比べたら、まあ、いいか。)
posted by おロシア人 at 17:58| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンゼルラッパ

エンジェルトランペット、ブルグマンシア、キダチチョウセンアサガオなどいろいろ呼び名はありますが、うちのおばーちゃんも母もずっとエンゼルラッパと呼んでいるお花が今年咲きました!











祖母の家には昔から咲いていました。今年もたくさん花を咲かせているそうです。

母がさすらい人だったとき(苦笑)は、母がやっていた居酒屋の軒先で咲いていました。
さすらい人を終えた母が、我が家に戻ってきたときに一緒に連れて来たのだけれども、植え替えがよくなかったのか、去年まで花が咲かなかったんですよね。。。。
今年はようやく咲きました!

黄色やオレンジのエンゼルラッパはよく見ますが、これは真っ白で、お気に入りです。

昨日は月下美人が咲いたらしいのですが、、、わたしは早々にグースカ寝入っていたので、写真撮れず(泣)。。。。
そういうときは起こしてくれてかまわないのに!!!もー!!!
posted by おロシア人 at 17:13| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

2010年10月8日更新記事

ふつうの日記
@秋ですね〜☆
A舎人????

フィギュアスケート関連
BSBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想I
・・・女子シングル第2グループ
CSBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想J
・・・女子シングル第3グループ
DSBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想K
・・・女子シングル第4グループ
posted by おロシア人 at 23:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舎人????

さっきココちゃんの散歩で舎人に会った!!!!


いやその、正しくは舎人カットというのかどうかわからないのですが。。。。


大和時代の髪型というんでしょうかね、、、


さっき見た男の人、全体的には五分刈りくらいの長さの髪型なのですが、
一部分だけ長髪なのかな?それがあたまのてっぺんからやや右サイド寄りあたりで、シニヨンというには細長く、
でもミーやミムラ姉さんみたいに丸っこいおだんごではなくて、
あくまでも細くギュギュっとまとめた髪の毛一房をねじってツイストして、縦長のシニヨンにしていて、、、、


まさに、、、、舎人というか、いや、冠をはずしたちょっとマヌケな雰囲気の御雛様というか。。。。。


お洋服はかなりお洒落さんだったから、たぶん美容師さんか、アパレル関係の人なのかなあ。
少なくともふつうの会社勤めじゃあなさそうだ。
posted by おロシア人 at 19:21| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想K

長かった大会初日、ようやく最終グループです(苦笑)

ISU JGP Figureskating Competition
SBC CUP 2010 KARUIZAWA
ISU ジュニアグランプリ フィギュアスケート国際大会
SBC杯2010 軽井沢大会


公式リザルトサイト
JUNIOR LADIES SHORT PROGRAM
Friday,september 24 2010
ジュニア 女子 ショートプログラム
2010年9月24日 19:15〜
軽井沢 風越公園アイスアリーナ

第4グループ
18Kiri BAGA USA
キリー・バガ(アメリカ)
昨シーズンと同じく「死の舞踏」

ウォーミングアップを見ていても、やはりジュニアグランプリファイナルを経験しているだけあって、他の選手と全然違うな、と感じました。
また、滑り込んできたプログラムだけに余裕もありましたしね。
このメンバーだと、そしてここまでのSPの流れからして、もしかしたら優勝できてしまうかもしれないかな?と思いました。
実際、途中までは「キリー、このままいけるんじゃ?」と思っていましたが、まさか2アクセルでびたん!!!といくとは(汗)
転倒はしませんでしたが(いわゆるお手つき、でも両手で派手にお手つきでしたが)、ほんっとに、なんであんなところで???という感じでした。
でもそのせいか、残りの要素をこなして行く姿は迫力ありましたねえ。
落ち着いて全員を見終えてから、よーく考えると、
やはりもう少し、大きくリンクを使えたらいいんだけどもな、という思いもあります。
でも、見ているときは、この小さな女の子にぐいぐい引き込まれてしまうんですよね。思わず応援したくなるんですよね〜。
いやほんと、かわいいというか、あどけなくてけなげなんだけども、滑っているときのオトコマエっぷりというか、真剣な姿には心を打たれます。
このまんま、、、成長してほしいですわー。

50,09

19Risa SHOJI JPN
庄司理紗(日本)

曲は
「Libertango by Astor Piazzolla 」

いやもー、なにがびっくりって、ほんとにりさちゃん、すごくてですねえ。
これが今季ジュニアデビューだとは信じられません。
練習からばんばん3&3を跳んでいて、ジャンプも流れがあって滑らかで素晴らしいです。
あんまり練習がすごいから、重松くんなんて、SPが終わるまでいるのに気がつかなかったくらいでした。
(これでみどりちゃんや美栄ちゃんくらいの迫力があるとなお好みだわ)
本番での3サルコウ&3トゥも余裕ばっちりでアタシならプラス3をつけたわよ!ってなくらい、綺麗なジャンプでした。
だもんでまさかねえ、3ループで転ぶとは(涙)
表現という面ではまだまだ「アタクシをみなさいよ」みたいなところはみじんもなく、やや伏し目がち。
もちっとお顔が観客を見据えているとかすればいいのになあと思いましたが、
そりゃーまだ無理だべ。
スケートもつるつる気持ちよく滑っていい感じでした。
まだ素直につるつるつる〜って感じなのですが、これにメリハリがついたら、、、
凄い選手になると思います。

51,42

20Kaetlyn OSMOND CAN
ケイトリン・オズモンド(カナダ)

曲は
「A Day in the Life by Jeff Beck 」

逆回転の選手です。
コンビネーションが不成立で得点はそんなによくはなかったですが。
この日の女子シングルで一番「ああ、スケートを観にきてよかった」「滑る喜びに満ちている」と思えたのは彼女の滑りでした。
振付をこなしているのではなく、きちんとプログラムを自分のものにしきっていてい、「表現する」ということにかけてはいちばんよかったと思います。

いかにも「カナダ」な感じで爽快感もあってよかったです。
スポーツの極みというか技術的にハイレベルなものに挑戦してくる選手、
鬼気迫るような凄みすら見せる選手、
観客をほんわか幸せにする選手、
ほんとにフィギュアスケートの試合って、なんでもありで、全然違うタイプのもの、本来比べて競うことなんてできないようなものを、おんなじ土俵で勝負するっていうんだから、、、
観ているほうとしては面白くて贅沢な思いをさせてもらっちゃいますよね。

37,78


21Cecilia TORN FIN
セシリア・トゥーロン(フィンランド)

彼女もリベルタンゴでしたが、やや大人しめだったかも(苦笑)
ちょっとジャンプは不調で残念な出来栄えでしたね、フリー頑張ってほしいです!

37,28

22Anita MADSEN DEN
アニタ・マドセン(デンマーク)

曲は
「Selections by William Joseph 」
ジャンプが。。。。。

32,83

23Nikol GOSVIANI RUS
ニコル・ゴスヴィアーニ(ロシア)

コーチはウルマノフで、曲は「アランフェス協奏曲」でした。

ロシアだけど、、、イタリア系なのかしら???そんな雰囲気のお顔立ちでした。
小柄ですが、高い能力を持っているのはよくわかりました。
ジャンプが全て不発になってしまい、さすがにこれだけ壊滅的だと厳しいのですが、フリーでは巻き返してくるだろうな、、、というのをひしひしと感じました。
スピンもスケーティングも素晴らしかったです。
はじめてサーシャ・コーエンを観たときを思い出しちゃいました、何故か。
(まー、サーシャはここまでジャンプ失敗したことはなかったけれども)
ちょっと器械体操の選手みたいな、、、そんな感じでしたね。
それでいて、バレエ少女のような雰囲気もあって。

36,58


男女通じての感想は、ドーナツスピン多かったなあ、と。
無理矢理なビールマンポジションを見続けるよりは、ドーナツスピンのオンパレードのほうがまだいいのかな?とも感じたりしなくもないですが。
あと、あれですか?思わず課題なのかと思っちゃったんですが、
あれは流行りなの?ドーナツスピンのときに片手を腰やら背中やらにこう、、、なんていうか、添えてるやつ。
説明できないのがあれなんだけどもね、
なんちゅうか、その、ドーナツスピンの片手添えってのと、
それからイナバウアーからのアクセルジャンプてのは、やっぱり流行っているみたいですね〜。

スパイラルステップシークエンスは、義務付けられていた時は、あってもなくてもいいものに感じたけれども、、、、
へぼいスパイラルなら、、、ごにょごにょ(以下略)

いや、そのですね、これは新採点であまり曲の盛り上がりにみあったスパイラルが無くなっちゃっていたからいけないんだと思うのよね、、、
だから余計に、「ここでスパイラル?」と思ったり「スパイラルだから拍手ってのはどうかと思うぜ!」などと意地悪なことを考えたりもしたのですが、、

やっぱりあれは、あるべくしてあったというか!


なんつーか!

特にスパイラル激ラブだったわけではないですが、、、、
反省いたします。

ルールがころころ変わるのはよくないなと思うけれども、スパイラル復活しないですかねえ。。。。。ははは。
posted by おロシア人 at 17:30| Comment(9) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想J

ISU JGP Figureskating Competition
SBC CUP 2010 KARUIZAWA
ISU ジュニアグランプリ フィギュアスケート国際大会
SBC杯2010 軽井沢大会


公式リザルトサイト
JUNIOR LADIES SHORT PROGRAM
Friday,september 24 2010
ジュニア 女子 ショートプログラム
2010年9月24日 19:15〜
軽井沢 風越公園アイスアリーナ

第3グループ

12Karen KEMANAI JPN
毛間内かれん(日本)

コンビネーションジャンプのステップアウトが勿体無かったです!
もうちょっと得点出せる選手なんですけどもねー。
ほんとにSPは難しいですね。
曲は「グレムリン」のサントラから。(懐かしい!)
39,98

13Mimi Tanasorn CHINDASOOK THA
ミミ・タラソーン・チンダーソーク(タイ)

ループがすっぽ抜けてシングルになってしまいました。
それ以外は上手くまとめていたと思います。
ラフマニノフのピアノ協奏曲3番でした。

36.07

14Jaimee NOBBS AUS
ジェイミー・ノブス(オーストラリア)
アジア系の多い中で唯一の欧米タイプのせいか、大人っぽく見えました(苦笑)
曲は
「Spanish Buzz by Randy Newman
Spanish Guitar by Ottmar Liebert 」
だいたい、予定通りのことはこなせたのかな?
2ルッツ&2トゥのコンビネーションでしたが、3ルッツの予定だったのか、もともとからダブルだったのかは???
33,88

15Eva LIM NED
エヴァ・リム(オランダ)
彼女も東洋系なのかな?そんなお顔立ちでした。
コンビネーションジャンプ、最初の3トゥで乱れて不成立。
あとは2ループと2アクセルでした。
曲は
「Mario Takes a Walk by Jesse Cook 」
31,39

16 Ho Jung LEE KOR
ホー・ジュン・リー(韓国)

虹の衣装で「オーバー・ザ・レインボウ」
ループで転倒。
ディダクション2のもうひとつはタイムオーバーですか、もったいないですが、
要素のスピンを回りきるためにちょっと時間かかっちゃいましたね。
スピン綺麗だったんですけどねー。

42,37

17Shion KOKUBUN JPN
國分紫苑(日本)

なんとまあ、3ループがダブルになってしまいました、残念!
それ以外は「サユリ」のプログラムも衣装も素敵でした。
46,09
posted by おロシア人 at 17:29| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBC杯2010 ジュニアグランプリ軽井沢 感想I

ISU JGP Figureskating Competition
SBC CUP 2010 KARUIZAWA
ISU ジュニアグランプリ フィギュアスケート国際大会
SBC杯2010 軽井沢大会


公式リザルトサイト
JUNIOR LADIES SHORT PROGRAM
Friday,september 24 2010
ジュニア 女子 ショートプログラム
2010年9月24日 19:15〜
軽井沢 風越公園アイスアリーナ

第2グループ

6Mericien VENZON PHI
メルシャン・フェンゾン(フィリピン)

フィリピンですが、生まれも育ちもアメリカです。
彼女も右回転だったかな?
曲はサロメ。
「Dance of the Seven Veils (from "Salome") by Richard Strauss 」
ダブルまでしかジャンプは跳べなさそうな雰囲気ですが(ん?それでグランプリって出られるのかな?3も持っているには持っているはず???)、
SPでは彼女のできることをほぼ出来たような感じでした。

29,68

7Kexin ZHANG CHN
ケーシン・ジャン(中国)

曲は
「India by Michael Brooks 」
小柄でゴム毬みたいで、キビキビしていて、運動神経の塊のような子でした。
アクセルの転倒がほんとに「もったいない。
まだ勢いで飛んでいるような印象もありますが、上手く伸びると素敵な選手に成ると思います。

46,93

8Kristina PRILEPKO KAZ
クリスティーナ・プリレプコ(カザフスタン)

うーん、ちょっと元気なかったかなあ。
あと、ビールマンはもうちっときちんとビールマンにして欲しい気がします。
それだったら美しいレイバックスピンのほうが好きよ。

31,86

9Angelica OLSSON SWE
アンジェラ・オルソン(スウェーデン)
たぶんもっときちんと滑れる選手だと思うのですが、転倒2回は可哀想でした。
フリーで挽回してほしいです。


32,79

10Sumika YAMADA HKG
スミカ・ヤマダ(香港)

彼女も転倒が気の毒な出来。頑張れ!!!
曲は「Chrono Cross 」だそうです。
27,45でした。

11Johanna ALLIK EST
ヨアンナ・アリク(エストニア)

曲は「Salome 」 でした。3ルッツからのコンビネーションはさいしょが乱れたのでセカンドジャンプはつけられず。。。。ソロジャンプもダブルアクセルもちょっと着氷がクリーンでなかったですね、フリーで頑張ってほしいです。

33,52
posted by おロシア人 at 17:28| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋ですね〜☆

軽井沢のジュニアグランプリに出かける何日か前くらいから、
朝方の冷え込みにまじって、銀木犀の匂いで目が覚めるようになりました。

最近は金木犀が満開です。甘い匂いはあいかわらず。。。。いい匂い〜☆

ちょっと前までは、朝出勤するときは朝焼けが綺麗に見えたものですが、
このところぐぐっと暗くなってます。

でも、まだ「夜だぜ〜〜〜」という雰囲気ではなくて、
やや空が白々としかけた頃合いなんですね。

それでも、お星様はけっこう見えます。

だいたい自転車のときは5:05くらい、歩きのときは4:45くらいに家を出るのですが、
そのころ、頭上にはオリオン座が見えています。

朝、星を眺めたときには、
「昼間の○○時くらいには、空の□□あたりに、移動しているんだよな」などと思うのですが、実際働いている時は、その星がどこらへんにかかっているかなどとは忘れてしまっています(苦笑)


そしまた、次の朝には同じようなことを考えながら、星を見ながら出勤です。

今朝は星を見ていたら、奉仕作業で街中をお掃除している人を自転車で轢きそうになってしまいました。。。危ない危ない。。。ちゃんと前見なくちゃ(汗)

これからどんどん暗くなるんですよね〜。

星が綺麗でも、見惚れてちゃいけませんね、ははは。
posted by おロシア人 at 17:24| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。